米沢瑠美のヌード載せた「フライデー」にAKB運営が版権引き上げの恫喝

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
friday_01_141105.jpg
「フライデー」14年11月14日号(講談社)

「フライデー」(講談社)とAKBといえば、スキャンダルを一切やらないかわりにメンバーの連載やグラビアを毎号のように掲載している御用雑誌の関係。だが、その「フライデー」が今、AKBの運営と大もめにもめているらしい。

 原因は11月14日号に袋とじヌードグラビア「元AKB48人気メンバー 衝撃の完全へアヌード!!」を掲載したことだった。この元AKB48メンバーというのは、初期の頃から活躍していた米沢瑠美。米沢は07年からAKB48のチームBやKで活躍、09年にはシングル選抜22位を獲得する人気メンバーだった。だが12年に男子との親しげな写真や飲酒を思わせる写真がツイッターで流出し、AKB脱退を余儀なくされる。その後は事務所も移り、舞台女優など細々と芸能活動を続けていたが、13年末からは移転した新事務所のHPプロフィールからも姿を消し、引退説も囁かれていた。

 そんな米沢が名前を変えて「フライデー」に登場。袋とじで乳首やヘアもさらすフルヌードになったのである。しかも、米沢は同号で表紙まで飾った。

 ところが、AKBの運営サイドはこれに激怒し、同号が発売されるや、「フライデー」と講談社に猛抗議を行ったのだという。

「『フライデー』編集部だけでなく、講談社の上層部にまでねじ込んだようです。その怒りは凄まじく、講談社発行の雑誌などへのメンバーの出演拒否だけでなく、既に刊行されたAKB関連書籍の版権をすべて引き上げるとまでいってきているようです」(AKBに詳しい週刊誌記者)

 AKBの抗議はそれだけでは済まなかった。講談社のグループ会社のキングレコードにも「フライデー」に圧力をかけるよう求め、「週刊文春」などごく一部を除いた多くのスポーツ紙や出版社などAKB御用媒体に「米沢のことについて今後一切触れるな。後追いするな」と箝口令を敷き、通達まで出したという。

 講談社はこの動きに震え上がったという。秋元康率いるAKBの運営会社AKSが各出版社に写真集やグラビア、連載、カレンダーなどのAKB利権を分配し、熱愛スキャンダルなどを封じ込めてきたのは有名な話だが、中でもその利権にもっとも浴してきたのが講談社だった。各種写真集に、単行本、グラビア、連載、そして公認の「総選挙ガイドブック」……。

「とくに、『総選挙ガイドブック』は億単位の金を稼ぎだすドル箱です。これを切られたら講談社としては大損害になる。そのため、編集幹部など関係者が次々とAKSに出向いて必死に謝罪したようです」(同前)

 その結果、版権引き上げは免れたというが、しばらくの間「フライデー」にはAKBのグラビアを一切掲載させないというペナルティが科せられることになったともいわれている。

 AKBサイドとしてはまさに“伝家の宝刀”を抜いたかたちだが、それにしても、運営はなぜ、今回の件でここまで激怒したのだろうか。フライデーは現役メンバーのスキャンダルを報じたわけではない。脱退した元メンバーのヌードを掲載しただけである。

 だが、1〜2年前くらいから、運営サイドはこの元メンバーのヌードやAV出演に対してものすごくナーバスになっているらしいのだ。

「運営はAKB人気が下降していることに焦っているんですよ。卒業した前田敦子や大島優子、板野友美といった元中心メンバーたちも、卒業後の活動はパッとしない。これで、元メンバーのヌードやAV出演が続出したら、AKBのブランドイメージが崩れて、三流のヨゴレの集団のようなイメージになってしまいかねない。そのため、メディアを必死で締め付けて、些細なマイナス記事も出ないようにしているんです」(芸能関係者)

 実際、元AKBのグラビアモデルやAV嬢が次々登場しているにもかかわらず、御用メディアは、AKBサイドの許可をえないかぎり、掲載できない状態だという。

「フライデー」は昨年、やはり元AKBメンバーの成田梨紗のヌードを掲載しているが(8月16日号)、これは事前に運営に根回ししており、表紙や中吊り広告には「国民的アイドルグループ」としただけで、「AKB」の名前は一切伏せていた。

 しかし、その「フライデー」は今回、なぜかそういった根回しをせず、しかも表紙に堂々と「元AKB48人気メンバー」と打った。その結果、運営の怒りを買ったわけだが、実はこの「フライデー」の変化にも、AKB人気の陰りが関係しているようだ。

「ずっとAKBを担当していて『友撮』シリーズをつくっていた編集者が異動になったというのもあるようですが、やはり大きいのは、AKBがあまり売り上げに結びつかなくなってきたことじゃないでしょうか。編集現場では『グラビアを掲載しても部数に結びつかないなら、文春のようにスキャンダルをやったほうがいい』という声も出てきているんです。そんな中で『元メンバーのヌードくらいならいいだろう』となったようです」(講談社関係者)

 しかし売り上げが落ちたとはいえ、『総選挙ガイドブック』などがあげる収益はまだまだ大きく、最終的には講談社上層部が運営の抗議に屈してしまった。しかし、このままAKBの人気下落が進めば、運営の利権を使った縛りもどんどん効かなくなっていくだろう。

 今回のヘアヌード掲載騒動はもしかしたらAKBメディア支配の「終わりのはじまり」かもしれない。
(田部祥太)

最終更新:2014.12.10 04:16

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

AKB48総選挙公式ガイドブック2014 (講談社 Mook)

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

米沢瑠美のヌード載せた「フライデー」にAKB運営が版権引き上げの恫喝のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。AKB48出版業界田部祥太の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 『スシローと不愉快な仲間たち』8 安倍政権御用コメンテーター養成講座
2 新型コロナウイルスに乗じ“中国人ヘイト”が跋扈! 百田尚樹、高須克弥も
3 田崎史郎が河井案里問題で“安倍首相は無関係”を主張も自滅
4 立川志らくが古典落語で「日本人かてめえ」ヘイト、反論も酷い
5 葵つかさが「松潤とは終わった」と
6 河井案里議員の「安倍マネー1億5千万円」はやっぱり違法
7 TBS宇垣アナが夫婦別姓反対派を一蹴
8 田崎史郎「桜を見る会」名簿問題で“民主党ガー”詐術、羽鳥慎一が思わず…
9 長渕剛が安倍政権を批判する新曲を発表
10 詩織さん全面勝訴でも山口敬之氏と安倍首相の関係に触れないテレビ
11 安倍首相トンデモ答弁「ログ開示はセキュリティ上問題」に政府ぐるみで追随
12 安倍政権御用ジャーナリスト5位〜大賞発表!
13 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
14 夫婦別姓攻撃ヤジは杉田水脈か!「夫婦別姓はコミンテルンの陰謀」と主張も
15 河井克行前法相と案里議員の違法選挙は安倍首相ぐるみだった
16 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
17 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
18 『朝生』で百田尚樹が徹底論破され大恥
19 久米宏が高まる東京五輪同調圧力に徹底抗戦!「大反対の気持ちは変わらない」
20 松尾貴史「日本を壊しているのは安倍さん」
1 久米宏が「テレビが反韓国キャンペーンをやってる」と真っ向批判
2 安倍政権・厚労政務官が外国人在留申請で口利き「100人で200万円」
3 玉川徹がGSOMIA破棄で加熱するテレビの嫌韓煽動を批判
4 明石家さんまが吉本上層部と安倍首相の癒着に痛烈皮肉!
5 『ゴゴスマ』で今度は東国原英夫がヘイト丸出し、金慶珠を攻撃!
6 『報ステ』の“安倍忖度”チーフPがアナやスタッフへの“セクハラ”で更迭
7 『ゴゴスマ』で「日本男子も韓国女性が来たら暴行しなけりゃいかん」
8 文在寅側近の不正に大はしゃぎの一方、安倍政権が厚労政務官の口利きに無視
9 埼玉知事選で警察が柴山文科相への抗議を排除!柴山も表現の自由否定
10 安倍首相がトランプからトウモロコシ爆買い
11 菅官房長官「トウモロコシ大量購入は害虫被害対策」は嘘
12 GSOMIA破棄は安倍のせい 慰安婦合意から始まった韓国ヘイト政策
13 安倍が後に先送り財政検証の酷い中身
14 GSOMIA破棄で日本マスコミの「困るのは韓国だけ」の嘘
15 松本人志や吉本上層部批判の友近、近藤春菜にバッシング、報復か
16 『週刊ポスト』の下劣ヘイト記事は「小学館幹部の方針」の内部情報
17 GSOMIA破棄!八代・有本ら安倍応援団は「嫌なら来るな」
18 『モーニングショー』で「暑さに耐えるのが教育」元高校野球監督は右派論客
19 古市憲寿の芥川賞候補作「参考文献問題」に選考委員が猛批判
20 『関東大震災「朝鮮人虐殺」はなかった!』のデマとトリックを暴く

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄