好きな人に「私で勃ちます?」 オタク女子が婚活するとこうなった!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
otakonkatsu_140831.jpg
『恋愛3次元デビュー ~30歳オタク漫画家、結婚への道。~』(双葉社)

 かつてはオタクといえば男のイメージだったが、近年はオタク女子も増加している。男性に免疫がなく、2次元の世界で妄想に生きている非モテのオタク女子も少なくない。『恋愛3次元デビュー ~30歳オタク漫画家、結婚への道。~』(双葉社)の著者であるカザマアヤミも、中高大と女子校に通い、男子とは目があっただけでも赤面涙目。少女マンガやエロゲーの世界で妄想し、2次元の中でしか恋してこなかった1人だ。そんな3次元の恋愛とは無縁だった彼女が、婚活にチャレンジしたという。無菌室で純粋培養されたオタク女子が婚活すると、どうなるのだろうか。

 まず、幼い頃から妄想力がすごかったカザマ。小学生のときは少女マンガを読みすぎて、「男子と関わっただけで恋愛を妄想する体質」になってしまっていたという。目が合っただけで、相手は自分のことを好きで、そのまま抱きしめられて……と妄想してしまう。だから、好きな子やイケてる子の前では、即、赤面涙目。それ以外の男子にも、謎のツンデレを発動したり、からかわれるとヒロインモードに突入して「なによー」と相手の男の子をぶってしまったこともあったようだ。

 そんな調子だから、いざ婚活しようという気になっても、男性に対しての免疫がないので、社交辞令もどんな話をすればいいかもわからず、女性としてどう対処したらいいか全くわからない。しかも、女子らしくふるまって、まわりの女子から“ぶりっ子”認定されるのも怖いとう自意識も働いてしまう。

 ということで、まずはネットで知り合った人に1対1で会おうとメールをする。実際何人かの男性とデートするのだが、何か会話しなければと焦って質問攻めにしたり、「道路側危ないからこっち側に」と女の子扱いされたことにどう対処していいかわからず、考えすぎて黙ってしまう。親に紹介されたお金持ちの爽やかイケメンとも会ってみるが、話が合わず……。会うまではがんばるが、なかなかうまくいかない。
 
 闇雲に男性に会ううちに気づいたのは、「自分が求めているのは、趣味の話ができる人」ということ。そんなときにTwitterで見つけたのが、麻雀とマンガいう同じ趣味を持つある男性。さっそくリプを飛ばし、「おお、麻雀良かったらご一緒したいですわ!」という返事がくると、社交辞令という発想がなかったのが逆に功を奏したのか、すぐに予定を聞いて約束を取り付ける。するとそれまでの男性たちとはちがい、話も合ってすぐに打ち解けた関係に。この人にだったら何でも話せる、そう思ったカザマは彼にこんな疑問をぶつける。「男性の皮ってどうなってるんですか?」――。

 実は、カザマは男性に対して免疫がないのはもちろん、エロに関しても初心者で知識も経験値も圧倒的に少ない。そのくせ、唯一の情報源がエロゲーなため、純粋なのにやることは“痴女”なみに大胆なのだ。

 そのため、いざ付き合うという段階になってもいろいろな問題が発生する。初デートで映画を見て、手もつながないまま帰る雰囲気になると「何かイベントを起こさなければ」と思い、帰り際に「すいません抱きついていいですか?」と自ら抱きついてしまう。初体験のときも、普通の人は「この人が初めてでいいのだろうか」とか自分の体型、匂い、痛みなどの心配をするだろう。しかし、彼女は「だってHってアヘ顔になるんでしょ!?」と何よりもその心配をしていた。

 極めつけは、自分が女性として見られているのか不安に駆られ、スカイプで放った質問だろう。なんと「私で勃ちます?」と聞いてしまうのだ。自信がないのか、大胆なのか、ワケがわからない。“勃つかどうか”はかなり気になるポイントらしく、相手の家に初めて行った目的も、勃つかどうかの確認のみで、それ以外は何事もなく帰る。これまた、ガードが固いのか、ゆるいのかワケがわからない。

 しかし、そんなカザマが紆余曲折の末、結婚に辿り着くのである。どうやって結婚に至ったか、詳細は本書にゆずるとして、こんなオタクでも結婚できるのかと驚かずにはいられない。しかし共通の趣味の話ができるのは、男性にとってもうれしいことだろう。また、彼女がなんでも素直に相手に伝えてしまうのは、ピュアさゆえのこと。その天然記念物級のピュアさに惹かれる男性がいることは、ちっとも不思議じゃない。「共通の趣味」と「ピュアさ」を武器に、思い切って一歩踏み出してみると、広い心で受け止めてくれる相手に巡り会えるかもしれない。オタク女子たちに、そんな勇気を与えてくれる1冊であることはまちがいない。
(田口いなす)

最終更新:2018.10.18 04:12

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

恋愛3次元デビュー 30歳オタク漫画家、結婚への道。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

好きな人に「私で勃ちます?」 オタク女子が婚活するとこうなった!?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ヲタ婚活田口いなすの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 安倍内閣大臣と暴力団の密接交際発覚も不問状況にほっしゃん。が
2 千葉の復旧遅れ テレビで政府の責任追及がタブーに! 坂上忍も羽鳥慎一も
3 『ミヤネ屋』でフェイク 文在寅攻撃の急先鋒・武藤元韓国大使の正体!
4 元AKB48大島麻衣の“嫌韓ネトウヨ”への反論がカッコいい
5 東山紀之が『旅サラダ』で菅官房長官の名前出し神田正輝も最敬礼
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 産経新聞が社員の1割をリストラ
8 テレ朝『ワイド!スクランブル』が「旭日旗」の極右デマ拡散
9 上田晋也の番組で東国原英夫と千原せいじが日韓問題への無知晒す
10 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
11 池上彰が朝日叩きとネトウヨを大批判
12 旭日旗問題で國村隼の発言は正論だ! 
13 ネトウヨ高須院長に息子が苦言!
14 原発事故前に安倍が地震対策拒否
15 「安倍がトランプをノーベル賞に推薦」を海外メディアが
16 停電続く千葉台風被害を放置し続ける安倍政権の冷酷
17 玉川徹が「嫌韓本じゃない」とお詫びした本はやっぱり嫌韓本
18 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
19 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(後編)
20 伊藤詩織さんをカルバン・クライン出演に称賛の声! 
1 久米宏が「テレビが反韓国キャンペーンをやってる」と真っ向批判
2 安倍政権・厚労政務官が外国人在留申請で口利き「100人で200万円」
3 玉川徹がGSOMIA破棄で加熱するテレビの嫌韓煽動を批判
4 明石家さんまが吉本上層部と安倍首相の癒着に痛烈皮肉!
5 『ゴゴスマ』で今度は東国原英夫がヘイト丸出し、金慶珠を攻撃!
6 『報ステ』の“安倍忖度”チーフPがアナやスタッフへの“セクハラ”で更迭
7 『ゴゴスマ』で「日本男子も韓国女性が来たら暴行しなけりゃいかん」
8 文在寅側近の不正に大はしゃぎの一方、安倍政権が厚労政務官の口利きに無視
9 埼玉知事選で警察が柴山文科相への抗議を排除!柴山も表現の自由否定
10 安倍首相がトランプからトウモロコシ爆買い
11 菅官房長官「トウモロコシ大量購入は害虫被害対策」は嘘
12 GSOMIA破棄は安倍のせい 慰安婦合意から始まった韓国ヘイト政策
13 安倍が後に先送り財政検証の酷い中身
14 GSOMIA破棄で日本マスコミの「困るのは韓国だけ」の嘘
15 松本人志や吉本上層部批判の友近、近藤春菜にバッシング、報復か
16 『週刊ポスト』の下劣ヘイト記事は「小学館幹部の方針」の内部情報
17 GSOMIA破棄!八代・有本ら安倍応援団は「嫌なら来るな」
18 『モーニングショー』で「暑さに耐えるのが教育」元高校野球監督は右派論客
19 古市憲寿の芥川賞候補作「参考文献問題」に選考委員が猛批判
20 『関東大震災「朝鮮人虐殺」はなかった!』のデマとトリックを暴く

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄