テレビ朝日が幻冬舎の宣伝機関と化している! 見城社長と関係か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
gentousha_01_140723.jpg
画像は株式会社幻冬舎ウェブサイト「書籍詳細: 食べものだけで余命3か月のガンが消えた 全身末期ガンから生還した、私のオーガニック薬膳ライフ」より


 本サイトでも既報のように、20万部超のヒットとなった『食べものだけで余命3か月のガンが消えた 全身末期ガンから生還した、私のオーガニック薬膳ライフ』(高遠智子/幻冬舎)に虚偽・経歴詐称疑惑がもちあがっている。

「週刊新潮」(新潮社)6月19日号では、著者の高遠智子氏がかかっていた「スキルス性の卵巣がん」という病気が存在しないという指摘を受け、続いて「FLASH」(光文社)7月15日号でも「本に書かれていた放射線治療法が医学的にありえない」という疑問が投げかけられた。さらに「FLASH」では、パリ・リッツホテルの料理教室に4年通い、北京中医薬大学の薬膳専科に1年間留学していたという高遠氏の経歴がいずれも現地の記録になく、詐称の可能性があることも報じられた。

 がんという生死に関わる問題で、虚偽の経歴と虚偽の体験談をでっちあげ、自分の薬膳料理を喧伝していたとしたら、著者の行為はきわめて悪質だといわざるをえない。

 もちろん、版元の幻冬舎の責任も重大だ。幻冬舎といえば、カリスマ編集者の見城徹氏が1993年、角川書店を退社し設立した出版社だが、設立以降、毎年のようにベストセラーを生み出し、今では小学館や講談社とも肩を並べるほどの存在になっている。そんな大手出版社が詐欺商法まがいの出版物を出していたとしたら、それこそ信用問題にかかわるだろう。

 しかし、この問題ではもうひとつ、責任を追及されるべきメディアがある。それはテレビ朝日の朝の情報番組「情報満載ライブショー モーニングバード!」だ。同番組は『食べものだけで余命3か月のガンが消えた』発売から1ヶ月後の6月6日に「週刊人物大辞典」というインタビューコーナーで、著者の高遠氏を大々的に紹介。その売れ行きに大きく貢献しているのだ。実際、書店のデータを見ても、同書は「モーニングバード」放映を境に売れ行きが倍増している。

 佐村河内氏のゴーストライター騒動では、ブームの火付け役となったNHKが検証番組を放映しておわび。同氏を紹介した民放各局も軒並み謝罪をする事態となった。だとしたら、虚偽記述や経歴詐称がもちあがっているこの『食べものだけで余命3か月のガンが消えた』についても、テレビ朝日は一刻も早く、放送番組審議会などで論議し、その真偽を視聴者にきちんと説明すべきではないだろうか。

 だが、おそらくテレビ朝日の放送番組審議会がこの問題を取り上げることはないだろう。なぜなら同審議会の委員長は『食べものだけで余命3か月のガンが消えた』の版元である幻冬舎の見城徹社長だからだ。

「テレビ朝日が幻冬舎の本の疑惑を検証することなどありえない。むしろ、最近のテレビ朝日は幻冬舎とべったりの関係で、同社の宣伝装置と化しているんですから」

 こう話すのは、当のテレビ朝日関係者だ。実際、見城社長が同局の放送番組審議会の委員になった2003年以降、幻冬舎とテレビ朝日の関係は非常に緊密になっている。「モーニングバード」には幻冬舎取締役で見城氏の右腕といわれる舘野晴彦氏がコメンテーターとして出演。同番組や昼のワイドショー「ワイド!スクランブル」ではやたら、幻冬舎の本やその著者が取り上げられるようになっているのだ。

 たとえば、『置かれた場所で咲きなさい』は12年4月の発売だが、翌5月の「ワイド!スクランブル」に著者の渡辺和子氏が出演している。岸惠子が幻冬舎から小説『わりなき恋』を出版した際も、13年3月29日に「モーニングバード」、4 月3日に「ワイド!スクランブル」と、両方でインタビューを受けた。『人間にとって成熟とは何か』も著者の曽野綾子が13年10月29日の「モーニングバード」と10月30日の「ワイド!スクランブル」に立て続けに登場して、本を紹介するパブリシティを展開した。最近も14年5月15日に、ヒット中の『しない生活 煩悩を静める108のお稽古』著者の小池龍之介が「モーニングバード」に、同年6月27日には『ビビリ』を出版したEXILEのHIROが出演している。

 しかも、これらのほとんどは、人物密着やロングインタビューという形で、放映時間も長く、かなり大々的に本のことを紹介しているのだ。大手出版社の営業担当も苦々しげにこう語る。

「とにかくテレビ朝日での幻冬舎本の取り上げられ方はちょっと異常です。最近は、発売直後に「ワイド!スクランブル」「モーニングバード」に紹介させて、弾みをつけるというのが幻冬舎の本の売り方のパターンになっている」

 今回、虚偽記述と経歴詐称が問題になっている『食べものだけで余命3か月のガンが消えた』もまさにこのパターンで、「モーニングバード」に取り上げられた。

 こうした番組での大々的な宣伝の裏に見城社長の直接的指示や圧力があったかどうかはわからない。だが、少なくとも見城社長がテレビ朝日の番組に大きな影響力をもち、最高幹部である早河洋会長、吉田慎一社長とも深い関係を築いているのはまぎれもない事実だ。しかも、見城社長はそのテレビ朝日の幹部と一緒に、二度にわたって意外な人物と会っているのだ。その人物とは、現首相の安倍晋三である。

 いったい、どういうことか。詳しくは、次回の記事で迫ってみたい。
(小石川シンイチ)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

メディアの苦悩――28人の証言 (光文社新書)

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

テレビ朝日が幻冬舎の宣伝機関と化している! 見城社長と関係かのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。EXILEテレビ朝日安倍晋三幻冬舎見城徹の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 日露外相会談の大失態を必死で隠す安倍政権
2 古市憲寿「平成くん、さようなら」と「終末期医療打ち切れ」論
3 松本人志が指原莉乃に悪質セクハラ差別発言! 
4 東京五輪が日中戦争でなくなる?
5 JOC竹田会長が女性死なせる交通事故
6 追悼!市原悦子が生前語った安倍政権への怒り、反戦の思い
7 NGT48問題でも秋元康の“無責任”
8 純烈・友井報道で芸能マスコミジャニーズ御用体質 
9 つんく♂が秋元のメンバー差別に
10 産経と菅官房長官が「辺野古赤土投入問題」追及の望月記者を攻撃
11 封印されたAKB48盗撮事件
12 収賄疑惑の甘利大臣がバンダイとも
13 AKBと電通のシークレット飲み会
14 文春が東京五輪を!電通元専務に金
15 安倍首相の“サンゴ移植した”嘘を追及しない本土メディア
16 常盤貴子絶賛!『野火』が描いた戦争
17 仏司法当局が東京五輪誘致汚職で竹田恒和JOC会長の捜査開始!
18 元旦朝生のウーマン村本は間違ってない
19 安倍政権の反韓煽動が酷い!「韓国へ渡航禁止」まで主張
20 古舘の後任に浮上!安住紳一郎の悪評
1 安倍首相が辺野古の土砂投入で「サンゴを移した」と大嘘
2 安室、上田、芸能人よく言った大賞前編
3 消費増税反対の内閣官房参与“退職”の裏に官邸の圧力
4 クイーンのB・メイ辺野古署名に『ボヘラプ』鑑賞の安倍首相は…
5 追悼!市原悦子が生前語った安倍政権への怒り、反戦の思い
6 元日『相棒』が今年も安倍政権批判!
7 ローラ、村本、りゅうちぇる芸能人よく言った大賞後編
8 所ジョージが沖縄米軍基地反対ソング! 
9 ウーマン村本、ローラ…権力批判芸能人を排除する醜悪メディア
10 安倍首相の“サンゴ移植した”嘘を追及しない本土メディア
11 早野龍五・被曝論文に重大誤り!お墨付き与えた糸井重里の責任
12 たけしの性差別発言はなぜ問題にならない?
13 安倍首相の改憲キャンペーンに松本人志、小藪千豊らが協力?
14 仏司法当局が東京五輪誘致汚職で竹田恒和JOC会長の捜査開始!
15 産経と菅官房長官が「辺野古赤土投入問題」追及の望月記者を攻撃
16 ゴーン前会長出廷で露呈した特捜部の無理スジ国策捜査
17 バカリズム、指原莉乃が外国人労働者問題で差別丸出し
18 日露外相会談の大失態を必死で隠す安倍政権
19 安倍政権の反韓煽動が酷い!「韓国へ渡航禁止」まで主張
20 平沢勝栄だけじゃない自民党の性差別 

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄