河合隼雄も認めた!『思い出のマーニー』にうつ病治療のヒントが

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
marny_140719.jpg
映画『思い出のマーニー』公式サイトより


 本日7月19日から公開されたスタジオジブリの最新作『思い出のマーニー』は、イギリスの同名児童文学が原作だ。ジブリの宮崎駿・高畑勲の両監督が参加しない、次世代のジブリ作品として注目を集めているが、ジブリの鈴木敏夫プロデューサーは映画の関連イベントに出席した際に、男女の物語を重視する宮崎監督が作品に口出ししないように、女の子同士の作品を選んだと冗談交じりに話した。しかし、なぜ今の時代に『思い出のマーニー』が選ばれたのだろうか?

 日本の心理学の功労者、故・河合隼雄氏はこの作品を傷付いたたましいの再生の物語と読み解いた。『子どもの本を読む』(岩波現代文庫)では、主人公アンナとマーニーの交流や、アンナを取り巻く人のなにげない対応が、心理学の見地からどのような効果があったのかを解説している。

 物語の主人公アンナは、母親とその再婚相手を事故で亡くし、養父母に引き取られていた。しかし、持病の喘息の発作や「何に関してもやる気のない」閉ざされた心を周囲が危惧し、養父母の古い友人で、海辺の村リトル・オーバートンに住むペグ夫妻のところに送り出す。夫妻はできる限りアンナを自由にし、彼女の過去や行動を詮索もせず、流れのままに任せている。

 河合氏はこのことを、「ペグさんたちは、今日の優秀な心理療法家がアンナにするだろうと思えるのと同様のことをした」と評価している。というのも「人間は他人のたましいを直接には癒すことができない」「われわれはたましいの方からこちらへ向かって生じてくる自然の動きを待つしかない。しかし、そのためには、その人をまるごと好きになることと、できるかぎりの自由を許すことが必要」だからだという。ペグ夫妻の“放任”によって、アンナの固く閉ざされていた心は、再生するためのやわらかさを取り戻し、他のものの侵入を受け入れる素地ができたのだろう。

 また河合氏は、リトル・オーバートンの自然も、アンナの救いだったと解説。アンナが最初に川辺に行った時、鳥の鳴き声に心を奪われる。アンナには「ピティー(かわいそう)ミー!」と聞こえたという鳴き声は、「一瞬にしてアンナのたましいに達した」のだという。状況だけを見れば偶然の産物のように思えるが、河合氏は「人間が人間を治せないとき、自然が治してくれる」と自然の治癒力の高さを確信している。

 その後アンナは、「しめっ地屋敷」と呼ばれる屋敷に心を奪われ、屋敷に住む女の子マーニーと夜な夜な会うようになる。そこで2人は自分の置かれた環境を嘆きながら、互いに「あなたは、めぐまれているわ。わたし、あなただとよかった」と言い合う。河合氏は「このような反転現象は心理学的に注目すべきことである。このことは、アンナがマーニーという存在を相当自分のなかに取り込んだことを意味している」と指摘。そしてアンナは、ある騒動を通じてマーニーに対する“怒り”と“許し”を経験しながら、自我を取り戻していく。この騒動にかんしても、河合氏は「たましいの次元に至る深い癒しの仕事が行われるとき、その人は、精神病や自殺や事故死などの危険極まりない世界の近くをさまよわなければならぬことを意味している。そのときに、ペグ夫妻のような人や、それを取りまく自然などの守りがあってこそ、仕事は成就されるのである」と必然であったと話す。

 映画では、物語の舞台を北海道に移し、アンナは日本人・杏奈として、子どもたちに親しみやすい設定になっている。監督の米林宏昌監督は公開にあたり「この映画を観に来てくれる『杏奈』や『マーニー』の横に座り、そっと寄りそうような映画を、僕は作りたいと思っています」というコメントした。この普遍的な物語は、複雑化する現代社会に疲れ、意欲を失った子どもたちの心を癒し、希望を与えてくれるだろう。
(江崎理生)

最終更新:2018.10.18 04:56

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

子どもの本を読む (岩波現代文庫 〈子どもとファンタジー〉コレクション 1)

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

河合隼雄も認めた!『思い出のマーニー』にうつ病治療のヒントがのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。スタジオジブリ河合隼雄の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 「カジノ用地疑惑」追及が松井市長から恫喝・嫌がらせ受けるも新事実を敢然と報道
2 自民党がネトサポに他党叩きを指南
3 葵つかさが「松潤とは終わった」と
4 細田衆院議長が安倍元首相に全責任なすりつける醜い弁明もマスコミは
5 夫の会社が家宅捜索で三浦瑠麗に説明責任「太陽光発電」を後押しする発言
6 “コネクティングルーム不倫”和泉洋人元補佐官が大阪府・市の特別顧問に!
7 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
8 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
9 「モーニングショー」まで…台湾有事を煽るマスコミの酷さ
10 防衛費43兆円の財源はやはり増税!一方「子ども関連予算」倍増を先送り
11 タッキー引退の裏にジャニーVSジュリーの派閥抗争
12 ワイドナショー「女子高生はいま韓国で生きている」発言が炎上
13 統一教会最古参元幹部が安倍晋三と教団の深い関係をテレビで激白!
14 古市憲寿と落合陽一「終末医療やめろ」論の酷さ
15 冨永愛の自伝が壮絶すぎる!
16 たけしと瀬古が「玉川徹待望論」もテレ朝は玉川を政治にさわらせない方針
17 ナンシー関の長渕剛論がすごい
18 安倍首相の恩師・宇野重昭氏が死去
19 岸田首相息子のフジ女性記者へのリーク疑惑で「まるで『エルピス』」の声!
20 休校要請しても安倍首相は休業補償にふれず“有給を”
1 「カジノ用地疑惑」追及が松井市長から恫喝・嫌がらせ受けるも新事実を敢然と報道
2 細田衆院議長が安倍元首相に全責任なすりつける醜い弁明もマスコミは
3 「モーニングショー」まで…台湾有事を煽るマスコミの酷さ
4 夫の会社が家宅捜索で三浦瑠麗に説明責任「太陽光発電」を後押しする発言
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄