ビートたけし「新愛人・離婚決意」報道でもう一人の愛人は…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
takeshi_1_140713.jpg
オフィス北野ホームページより


「週刊文春」7月17日号に衝撃的スクープが掲載された。「スクープ撮 ビートたけし『100億円の愛人』」と題されたその記事によれば、ビートたけしが今、A子さんという49歳の女性と半同棲中で、周囲には40年来、連れ添ってきた幹子夫人との離婚まで示唆しているという。しかも、「カミさんに全財産渡してもいい」、つまり妻に100億円払っても愛人と一緒になりたいといっているらしいのだ。これが事実なら、いまや文化人・知識人としての風格さえ漂う“世界のキタノ”の「老いらくの恋」である。

 だが、この記事を見たとき、何人かの芸能記者の頭には「?」のマークが浮かんだらしい。というのも、新愛人・A子さんのプロフィールが「FRIDAY襲撃事件」の発端となったかつての愛人・Rさんにそっくりだったからだ。

若い読者にはなじみが薄いかもしれないが、たけしには28年前、20歳の女子大生との不倫関係が発覚したことがある。彼女が17歳、女子高生だった頃からの交際で、今の時代ならそれだけで芸能生命が終わりそうなスキャンダルだが、1986年にその女子大生・Rさんがたけしの別宅に通う写真を「FRIDAY」(9月5日号)が撮って掲載。取材のやり方に怒ったたけしが10人の軍団を従え、「FRIDAY」編集部に殴り込みをかけたのである。

 Rさんとたけしの関係は以降も続き、90年頃にはたけしの子どもを出産。一時は夫婦同然に親子3人で暮らしている様子も報道された。

 だが、その後、たけしには新しい女性との関係が次々に発覚する。94年には細川ふみえのマンションに通っているところを写真に撮られ、2002年には自分の映画に出演させていた女優の大家由祐子との不倫同棲が報じられた。同時期、Rさんとは子どもの認知を拒否した事が原因で、別れたという報道も流れていた。

 そして「FRIDAY」襲撃事件から約30年たった今、「週刊文春」に報道された愛人・A子さんの年齢が、そのRさんの現在の年齢とまったく同じ、49歳だったのである。いや、年齢だけじゃない。「文春」によれば、A子さんは「いいとこのお嬢さん」で「父は、広告代理店の元幹部」なのだが、Rさんも当時、父親が大手広告代理店の部長だった。そんなところから、二人は同一人物でよりが戻ったのではないか、という推測が広がり、ネット上でもその疑惑を指摘する声があがる事態となった。

「たけしが若い女性が好みなのはよく知られた事実です。49歳の女性と最近知り合い、離婚まで決意するというのは不自然なので、Rさんとよりが戻ったのではないか、と推測したわけです。文春が別人のように書いたのは、何らかの配慮をしたのではないか、と」(芸能ライター)

 だが、結論から言うと二人はまったくの別人で、プロフィールは偶然の一致にすぎなかった。周辺を取材したところ、むしろ事態は逆で、新愛人の登場によって、たけしは今度こそRさんと完全に縁をきってしまったのではないかとささやかれている。

 前述のように、たけしとRさんはすでに別れたと報道されたが、その後もたけしのそばには常に彼女の影がちらついていた。たけしは細川ふみえとの交際が報じられた直後、バイク事故を起こしているが、たけしがリハビリでオーストラリアに向かった時も、Rさんが付き添っていた。

 また、02年に大家由祐子との同棲が「FRIDAY」(02年3月22日号)で報じられたときも、同時にたけしがRさんと切れていないことをうかがわせる記述があった。

「出張先から戻ったたけしが大家の待つマンションに入ると、車はそのまま幹子夫人の住む家に向かった。運転手が何やら紙袋をトランクから取り出すと、家の中へ。次に向かったのはAさんのマンション。同じように紙袋を運転手は渡しに行く」

 25歳年下の新たな愛人が出来ても、本妻と隠し子を産んだA子さんにお土産を届ける。そこには一度深く付き合うと、とことん面倒を見るたけしの女とのつきあい方がうかがえる。たけしは妻と愛人について自著『愛でもくらえ』(祥伝社)でこう語った事があった。

「愛人とかみさんと、その序列を考えてみたりする。序列というか、オレは順番っていうんだけど。(中略)どう考えたって、オレのおねえちゃんのほうが女としてはいいんだから。若いし、いい子だし。だけど違うんだよな、かみさんとは。かみさんを捨てるわけにもいかない。それが順番だとおもっているから」

 隠し子を産んだA子さんと結婚しなかったのも、娘を認知しなかったのも、こうしたたけしの考え方があったからだった。だが、この“順番を守る”という意識は正式な妻だけでなく、愛人に対しても同じだった。だから新しい愛人ができても、昔の愛人との関係はきらずに、ずっと面倒を見続けてきたのである。

 ところが、今回の新愛人に出会って、たけしは女性とのつきあい方を変えてしまったようだ。「週刊文春」ではこんな関係者のコメントが紹介されている。

「これまで星の数ほど愛人を作ったたけしさんですが、これほど夢中になった女性は初めてじゃないでしょうか。『カミさんに全財産渡して(A子さんと)一緒になる』と言ったときにはゾッとしました」

 筆者が取材したたけしの知人も「これまでの女性とちがって、たけしさんはA子さんの尻にしかれて完全にいいなり。財産についても、実は奥さんに全額なんていう話ではなく、絵画の権利などについては愛人のA子さんにゆずると言い出している。今のたけしさんとA子さんの力関係を考えると、夫人はもちろん、過去の愛人も完全に切られてしまうでしょう。Rさんについては、すでに関係を絶ってしまったという話もあります」という。

 それでも資産管理会社の社長をつとめる夫人の場合は巨額の財産が残るが、Rさんは子どもの認知もしてもらっていないため、金銭的な見返りもほとんど望めない。女性にだらしないたけしだが、“面倒見のよさ”だけは唯一のいいところだった。それをこうも簡単に捨ててしまうというのは、よほど新しい愛人が魅力的なのか、それともたけしが自分のことしか考えられないくらい老いてしまったということなのだろうか。
(田部祥太)

最終更新:2014.07.13 03:41

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

Kitano par Kitano 北野武による「たけし」

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

ビートたけし「新愛人・離婚決意」報道でもう一人の愛人は…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ビートたけし不倫離婚の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 高市早苗の最側近は「生産性がない」杉田水脈でテレビ局にも同行!
2 八代の降板なし『ひるおび!』のダブスタ 室井佑月と上地雄輔で対応の差
3 倉持仁院長の総裁選をめぐる正論に橋下徹やネトウヨがいちゃもん
4 葵つかさが「松潤とは終わった」と
5 安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
6 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
7 外務省「旭日旗」正当化のインチキ!
8 高市早苗が右翼隠しに躍起! 反ワクチン極右活動家が高市支持デモ計画も
9 八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
10 高市推薦、自民党ヒトラー本が怖すぎ
11 八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
12 安倍が支援、高市早苗が「さもしい顔して貰えるもの貰う国民ばかり」
13 河野太郎に実は「コロナわかってない」説! 今頃、パルスオキシメーター解説
14 総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
15 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
16 「詩織さん全面勝訴」で証明された警察と検察のおかしさ! 
17 室井佑月の『ひるおび!』降板で麻木久仁子が滝川クリステルに疑問
18 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
19 高市早苗はなぜ“ネオナチ”といたのか
20 安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
1 安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
2 八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
3 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
4 八代の降板なし『ひるおび!』のダブスタ 室井佑月と上地雄輔で対応の差
5 八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
6 総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
7 河野太郎に実は「コロナわかってない」説! 今頃、パルスオキシメーター解説
8 高市早苗が右翼隠しに躍起! 反ワクチン極右活動家が高市支持デモ計画も
9 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
10 倉持仁院長の総裁選をめぐる正論に橋下徹やネトウヨがいちゃもん
11 河野太郎が会見で露骨な安倍忖度!森友再調査の質問に答えずワクチンで大嘘
12 安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
13 高市早苗の最側近は「生産性がない」杉田水脈でテレビ局にも同行!
14 DHCテレビが敗訴判決!辛淑玉が語る「犬笛によるヘイト」と判決 
15 防衛省が予算増PRのためインフルエンサー100人に接触計画、一体誰が?
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄