『バイキング』がリコール不正で高須院長を露骨擁護! 坂上忍は広告関連会社のせいに…高須クリニックは番組スポンサー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
    『バイキング』がリコール不正で高須院長を露骨擁護! 坂上忍は広告関連会社のせいに…高須クリニックは番組スポンサー の画像1
    2月23日、怒涛の高須擁護を繰り広げた『バイキングMORE』


     愛知県の大村秀章知事に対するリコール運動をめぐる、大量の不正署名問題。アルバイトを動員して署名を偽造させていたことまで判明し、組織ぐるみだったことを示唆する証拠や証言が相次いでいる。団体代表として運動を主導してきた高須クリニックの高須克弥院長や事務局長の田中孝博氏は、事態を明らかにし説明する責任がある。

     にもかかわらず、高須氏は、2月22日に開いた会見でもSNSでも、なんら客観的証拠を示すこともなく、「私がやるわけない」などと繰り返すばかり。クラウドファンディングを含むお金の流れや、メールの履歴、高須氏・田中氏ら事務局幹部の当時の動向など、解明のために明らかにすべきことは山ほどあるが、なんら説明責任を果たしていない。

     ところが、そんな高須氏を全力擁護する番組があった。『バイキングMORE』(フジテレビ)だ。

     2月23日放送の同番組では、まず、前日におこなわれた会見で、高須氏が「全責任は僕にある」「こんな貧乏たらしいこと、するわけがない。もしやるなら、もっと堂々と大掛かりにやります」「僕ならもっと大がかりで堂々とやる」などと主張する場面をVTRで紹介。

     前述のとおり、なんら説得力のある説明も反論もしていないのだが、ここから『バイキング』出演者たちは、怒涛の高須擁護を繰り広げたのである。

     まずは、MCの坂上忍がこんなふうに高須氏の人柄とやらを語り出す。

    「捜査中とのことなので、あまり軽々には言えないんですけれども、僕、高須さんとは何回もお話しさせていただいているんで、高須さんはもう、自分の主張はハッキリ言うけれども、自分でここは自分があまりよろしくなかったなと思ったら、そこは潔く謝れる方でもあるので。だから、え、高須さん、こんなことに関わるとは、僕はちょっと思えないんですけど。ねえ、ヒロミさん、でも、会見でもねえ、僕がやるんだったらもっと大がかりに大胆にやりますよ!って(笑)。まあ、それはやっちゃいけないんですけど(笑)」

     普段、弱小芸能人の不祥事やスキャンダルに説教をかましまくっているのに、「潔く謝れる方」「こんなことに関わるとはちょっと思えない」って。あげく「やるならもっと大がかりにやる」などという高須氏の暴論を笑い話に矮小化させた。

     ヒロミも坂上に同調して、笑いながらこんなふうに高須氏をかばう。

    「いけないんだろうけど。でも、まあ高須さんのキャラクター的に言うと、こんなことはしそうもないっていうのは、全然そう思うし。かなり怒ってるから、自分の知らないところで何かが起きてるのか、まだわかんないけど、何かあるんだろうけど。でも、これ高須さんじゃなかったら、もっと相当叩かれる。やっぱりキャラクターがわかってるし、僕らちょっと高須さんのこと知ってるから、こんなことやるわけないよなっていう思いもあるから、あれだけど。普通の人が、この会見やって、もっと大がかりにやるなんて言ったら、もっと大変なことになると思うけど(笑)」

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

『バイキング』がリコール不正で高須院長を露骨擁護! 坂上忍は広告関連会社のせいに…高須クリニックは番組スポンサー のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。バイキングMOREリコール坂上忍大村秀章小杉竜一編集部高須克弥の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 維新に反省なし!女性蔑視の石井議員は開き直り、松井代表は経歴詐称を擁護
2 自公維の「国民投票法改正案」に批判の声!小泉今日子も反対表明
3 「報道の自由度ランキング」下落報道でNHKが政権忖度し削除した文言
4 マキタスポーツ「安倍は何の魅力もない」
5 吉村洋文知事は「武富士」の盗聴犯罪を隠蔽するスラップ訴訟の代理人に
6 古市憲寿が政府のコロナ対策を検証する「有識者会議」入りで疑問の声
7 葵つかさが「松潤とは終わった」と
8 国会審議で「総理は嘘つき」が“侮辱罪”にあたる可能性を政府は否定せず
9 岸田政権の“改憲”の本命「緊急事態条項」はこんなに危ない!
10 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
11 ゼレンスキー大統領を非難する日本のネトウヨの言い分がプーチンとそっくり!
12 ペジー社社長の財団が山口敬之の実家に
13 維新応援団・野村弁護士が懲戒、橋下徹にも請求が
14 吉村知事肝いりの大規模入院施設の利用率が最大7%で閉鎖
15 ロシア入国禁止リストに“安倍元首相の名前なし”で「やっぱり」の声!
16 ミスチル新曲に小林武史への憎悪が?
17 【2020年読まれた記事】菅首相に飛ばされた元総務官僚が語った恐怖支配!「あそこまでひどい人は…」
18 蓮舫“二重国籍”報道は卑劣な差別攻撃だ!
19 大阪のオミクロン死者急増も松井市長はウザ絡みに夢中、水道橋博士に訴訟恫喝
20 乙武洋匡の本質をマツコが見抜いていた
1「報道の自由度ランキング」下落報道でNHKが政権忖度し削除した文言
2自公維の「国民投票法改正案」に批判の声!小泉今日子も反対表明
3ロシア入国禁止リストに“安倍元首相の名前なし”で「やっぱり」の声!
4古市憲寿が政府のコロナ対策を検証する「有識者会議」入りで疑問の声
5維新に反省なし!女性蔑視の石井議員は開き直り、松井代表は経歴詐称を擁護
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄