“菅親衛隊”状態の田崎史郎が石破茂批判で「飲み食いの数が少ない」! 政界の「飲み食い接待」をメディアが正当化する異常

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
菅親衛隊状態の田崎史郎が石破茂批判で「飲み食いの数が少ない」! 政界の「飲み食い接待」をメディアが正当化する異常 の画像1
『モーニングショー」に出演する田崎氏


 安倍首相の辞任表明からメディアに出ずっぱりで、ビートたけしに「安倍総理成金」とからかわれた田崎史郎氏。しかも、総裁選モードに入ってからは、すっかり菅義偉官房長官の代弁者のような役割を演じている。

 安倍首相が辞任を表明した前後は、菅氏の作戦通り「菅さんは(総裁選に)出ないと思う」「私が止める」などと出馬隠しに協力、菅氏の出馬が確定的になると、今度は菅官房長官を持ち上げまくり、政敵である石破茂氏を攻撃しまくっているのだ。

 もともと田崎氏が現政権に食い込んだのは、安倍首相よりも菅官房長官との関係が始まりといわれている。そういう意味では、本領発揮。これからは“菅親衛隊”となって、その情報操作を担っていくのだろう。

 しかし、ひどいのはその中身だ。とくに8月31日放送の『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日)で、月曜コメンテーターの山口真由氏から、「石破さんは話を伺うと説得力があるのに、なぜ国会議員の間で人気がないのか」という質問を受けると、田崎氏は真顔でこう答えた。

「これはねえ、非常に単純化して言えば、飲み食いの数が少ないんだと思います。やっぱり、政治の世界、裏でどれだけ面倒見てるかっていうところが、あるんですよ」
「安倍総理、菅官房長官のほうがこれはうまいなっていう、感じをしますよ。石破さんは不器用だなっていう」

 さすが“田崎スシロー”。まるで、自分が安倍首相や菅官房長官との「飲み食い」で、安倍政権に取り込まれたことを認めたようなものではないか。

 しかし、さらに情けないのは、田崎氏のこの指摘が、永田町の現実でもあることだ。

 実際、この日以降、田崎氏以外の政治ジャーナリストが口々に「石破氏は飲み食いが足りない」ということを当たり前のように口にし始めた。

 たとえば、この日も安倍政権べったりで知られるテレビ朝日・足立直紀政治部長が「石破派の若手が他の無派閥の若手とかを連れて飲み食いはセットしようとしているんですけど、わりとちょっとふんぞり返ってちょっと上から目線で話すタイプらしいんですよね。そうすると、ちょっと話があんまり盛り上がらないというふうに同席者が言ってました」と発言。

 また、『グッとラック!』(TBS)では、元TBS政治部長の龍崎孝氏が、飲み会の席で石破氏から防衛問題での勉強不足について、説教を受けた体験を告白。「記者ですから、説教されても全然いいんですが、聞くと、仲間の議員にもやることがあると。そうすると、本人は勉強しろと励ましているんです。でもせっかくお酒を飲んで楽しくやろうとしているときにそう言われると、シュンとしてしまう人もいる」とコメントしていた。

 そして、一方でメディアが強調しているのが、菅官房長官の面倒見の良さ、菅氏がいかにマメに国会議員と「飲み食い」をしているか、という話だ。

ようするに、永田町では「飲み食い」をしないと、上にはのぼれない、ということがごく当たり前のように語られているのである。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

“菅親衛隊”状態の田崎史郎が石破茂批判で「飲み食いの数が少ない」! 政界の「飲み食い接待」をメディアが正当化する異常 のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。グッとラック!伊勢崎馨安倍晋三玉川徹田崎史郎石破茂羽鳥慎一モーニングショー菅義偉の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 菅首相が『ひるおび』で安倍政権批判をしていた政治記者を首相補佐官に!
2 菅首相が訪問する福島の「伝承館」で国や東京電力の批判しないよう検閲
3 安倍前首相はやはり仮病だった!読売のインタビューでケロッと「もう大丈夫」
4 杉田水脈が自民党部会で「女性はいくらでも嘘をつけますから」
5 菅首相が山口敬之氏への資金援助を親密企業「ぐるなび」会長に依頼か
6 中曽根元首相が慰安所開設の証拠
7 悪評「マイナポイント」事業の広報費は54億円、電通が再び140億円
8 山口達也の事件をNHKが隠蔽していた
9 安倍政権が消費者庁のジャパンライフ立入検査ツブシ、内部文書が
10 菅義偉首相が使った官房機密費の“ヤミ金”は合計78億円!
11 中曽根康弘「慰安所つくった」証言と「土人女を集め慰安所開設」文書
12 大坂なおみを賞賛し黒人差別に抗議した自民党議員がツイートを削除し謝罪
13 『ミヤネ屋』が青木理をクビ切り
14 俳優・伊勢谷友介が自殺した近畿財務局職員の手記を読み危機感表明
15 菅首相の叫ぶ「規制緩和」は30年前の流行語
16 谷村新司のオカルト告白がスゴい
17 河野太郎のパフォーマンスがひどい! 行政改革目安箱を私物化
18 東京五輪招致をめぐるICC買収に新証拠! 菅首相も賄賂に関与か
19 『バイキング』坂上忍パワハラ報道は政権批判潰しだった!
20 デジタル担当相・平井卓也は電通と組んでネット情報操作を始めた張本人
1 安倍前首相はやはり仮病だった!読売のインタビューでケロッと「もう大丈夫」
2菅政権で「公費不倫」の和泉洋人首相補佐官が“再任、官邸官僚のトップに
3菅義偉首相が使った官房機密費の“ヤミ金”は合計78億円!
4デジタル担当相・平井卓也は電通と組んでネット情報操作を始めた張本人
5ジャパンライフ山口会長逮捕 焦点は消費者庁の立入検査中止問題だ
6菅首相が山口敬之氏への資金援助を親密企業「ぐるなび」会長に依頼か
7東京五輪招致をめぐるICC買収に新証拠! 菅首相も賄賂に関与か
8悪評「マイナポイント」事業の広報費は54億円、電通が再び140億円
9菅首相の叫ぶ「規制緩和」は30年前の流行語
10菅政権の官房長官に決定 加藤勝信厚労相がコロナ対応で見せた無能
11菅義偉“総理”誕生で権力のために不正を働く「忖度官僚」だらけに
12菅首相が訪問する福島の「伝承館」で国や東京電力の批判しないよう検閲
13大坂なおみを賞賛し黒人差別に抗議した自民党議員がツイートを削除し謝罪
14河野太郎のパフォーマンスがひどい! 行政改革目安箱を私物化
15菅内閣が「第三次安倍政権」化! 6月の時点で密約説
16杉田水脈が自民党部会で「女性はいくらでも嘘をつけますから」
17『バイキング』坂上忍パワハラ報道は政権批判潰しだった!
18菅首相が『ひるおび』で安倍政権批判をしていた政治記者を首相補佐官に!
19三浦瑠麗が特別講師「N高政治部」で麻生太郎が民主主義否定の暴言
20乃木坂46歌唱で『セーラー服を脱がさないで』歌詞の女性蔑視に非難殺到!

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄