『バイキング』『報ステ』も吉村知事の「大阪は早めに人工呼吸器」発言のデタラメぶりを追及! 突っ込まれた吉村は遠い目で…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
『バイキング』『報ステ』も吉村知事の「大阪は早めに人工呼吸器」発言のデタラメぶりを追及! 突っ込まれた吉村は遠い目で…の画像1
吉村洋文公式サイトより


 先日、本サイトで報じた「大阪の重症者が多いのは、人工呼吸器を早めにつけてるから」なるデタラメ発言。

 14 日の取材で、「重症者の増加をどうとらえているのか」という記者からの質問に、大阪府の吉村洋文知事は、こんな驚きの回答をしていた。

「治療的な観点でいくと、報告受けているのが、大阪の場合は、死者をできるだけ減らしたいということで、できるだけ早めに気管切開をして、人工呼吸器をつけて、命を救う治療を優先している」

 本サイトでは16日に、この吉村発言について、「厳格にガイドラインが決まっている医療行為で、特定の地域だけ人工呼吸器を早くつけるなんてことは聞いたことがない」「人工呼吸器は、酸素吸入が困難になった人を助けるためのものだから、早めにやったからといって、コロナを治療できるわけでも、死亡者を減らせるわけでもない」と、疑義を呈していた。

 当時はこの吉村発言を取り上げ検証していたのは、関西テレビのニュース番組『報道ランナー』だったのだが、今週に入って『バイキング』(フジテレビ)、『報道ステーション』(テレビ朝日)、『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日)などのメディアも、この吉村発言を報道。そのデタラメぶりを指摘していた。

 なかでも18日放送の『報ステ』では、大阪府医師会・茂松茂人会長が「治療はどこで受けても同じ治療をする」「大阪だけ、できるだけ早く人工呼吸器をつけるということはまずないと思う」と否定。

 生中継で出演していた吉村知事は、この医師会長の否定発言をぶつけられ、あらためて認識を突っ込まれると、急に遠い目になって、明らかにうろたえた表情で、「重症患者を診ているのは大きな病院で、そこの先生に『人工呼吸器を早めにつけて、それで命を救う』と聞きました」と弱々しく抗弁する一方で、「まあ、それは一部あると思いますが、それだけでは説明つかないと思っています」と、さりげなく14日の発言を微修正した。

 さらに、小木逸平アナが、さらに「大阪は早めに人工呼吸器」発言について茂松会長は否定しているが吉村知事が現場から聞いた話ではそれが重症者数に一部含まれているという認識なのか、と念押しするように突っ込むと、吉村知事は目をパチパチさせながら、こんなことをまくし立てた。

「コロナの、治療の、何か方針のところでも、何か全国の、厚労省が出してるやつだったかな? ちょっと記憶、うろ覚えですけど、そこでも一部出てたと思います」
「人工呼吸器にあまりがあるようだったら早めにというのは、現場のいちばん最先端でやってるお医者さんから、僕は聞きました」

 知事の発言とは思えない曖昧すぎる話を重ねた上、最後は「でもそれがすべてではないと思います」とごまかすのだった。

「ポビドンヨード がコロナに効く」発言に続き、吉村知事のデタラメぶりを露呈した「大阪は早めに人工呼吸器」発言。いち早く検証した記事を以下に再録するので、あらためてご一読いただきたい。
(編集部)

***************

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

『バイキング』『報ステ』も吉村知事の「大阪は早めに人工呼吸器」発言のデタラメぶりを追及! 突っ込まれた吉村は遠い目で…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。バイキング仲野徹吉村洋文報道ステーション報道ランナー新型コロナウイルス新実彰平編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 石原伸晃議員が入院した国立大附属病院を「視察」していた
2 菅首相がこんな時期に山田太郎からネット指南、GoTo予算組み替えも拒否
3 信者商法に批判 キンコン西野の映画『プペル』を安倍昭恵が絶賛! 
4 石原伸晃の無症状ですぐ入院に非難殺到! 入院中の国立大学病院は救急お断りも
5 葵つかさが「松潤とは終わった」と
6 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
7 バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない
8 もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
9 菅政権が医療逼迫するなか195億円かけて「病床削減」する狂気の沙汰!
10 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
11 河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
12 池袋事故で“上級国民”批判が広がる理由とは…
13 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
14 蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
15 麻生太郎が愛人の店に2360万円
16 羽田雄一郎参院議員の死が示すコロナ検査の現実
17 菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
18 ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
19 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
20 安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
1 石原伸晃の無症状ですぐ入院に非難殺到! 入院中の国立大学病院は救急お断りも
2ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
3菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
4吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
5特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
6河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
7石原伸晃議員が入院した国立大附属病院を「視察」していた
8 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
9蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
10 菅首相がこんな時期に山田太郎からネット指南、GoTo予算組み替えも拒否
11 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
12バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない
13信者商法に批判 キンコン西野の映画『プペル』を安倍昭恵が絶賛! 

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄