吉村洋文知事の“うがい薬会見”事前漏洩問題のスリカエ反論・恫喝がひどい! テリー伊藤の証言修正も矛盾とゴマカシだらけ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
吉村洋文知事のうがい薬会見事前漏洩問題のスリカエ反論・恫喝がひどい! テリー伊藤の証言修正も矛盾とゴマカシだらけの画像1
大阪府ホームページより


 大阪府の“うがい薬”騒動に浮上した事前情報漏洩問題およびインサイダー疑惑について、吉村洋文・大阪府知事が反論に躍起になっている。

 本サイトでもお伝えしたように、事の発端は9日放送の『サンデー・ジャポン』(TBS)でのこと。4日の記者会見で吉村知事は「ポビドンヨードが新型コロナに効く」とぶち上げたが、この会見を生中継した『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ)に出演していたテリー伊藤が「じつはこの話をですね、1時間半ぐらい前に知ったんですね」「薬メーカーの株価もかえるなっていうふうに、一瞬、頭も入ったんですけど、それを止めた」「それちょっとインサイダー取引みたいな感じで、僕の立場でそれやると申し訳ないなと思ってやらなかったんですけども」と舞台裏を語ったのだ。

 そして、このテリーの“暴露”を受けて、ネット上では「事前に“うがい薬がコロナに効く”という発表内容が漏れていたってことはインサイダー取引が起こり得たのでは」「吉村知事は松井市長や病院関係者くらいとしか情報共有していないと言っていたのに嘘だったのか」といった意見が殺到していた。

 こうした批判に一昨日11日から、吉村知事が反論をはじめたのだが、その内容がひどいのだ。話のスリカエ、ゴマカシ、恫喝、責任転嫁のオンパレード。しかも、テリー伊藤が発言を修正すると(その修正がいかに矛盾しているかについても後述するが)、その姿勢はさらにエスカレートしている。吉村知事の言い逃れを許さないためにもひとつひとつ検証してみよう。

 まず、11日に府庁で取材に応じた吉村知事は、インサイダー疑惑についての質問を受けると、こうまくし立てた。

「まず、インサイダー取引っていうのは犯罪ですからね。ですんで、ネット上で匿名とはいえ、僕がインサイダー疑惑があるとか、そういったことは軽々には言わないほうが、ネット上でもいいだろうというふうには思いますので、そこはネット上でいろんな意見される方いますけど、注意されたほうがいいんじゃないかなと思います」
「まあ、維新が嫌いなのはわかるんですけど、そしてあと、発表の仕方とかいろいろ問題あるんじゃないかというのは、それはわかるんですけど、まあ、インサイダーじゃないかとか言うのはね、ちょっとそこは『あなたは犯罪者でしょ?』と言うのに等しいですから、ネット上での言い方は注意したほうが、僕はいいんじゃないかなというふうに思ってますし、(インサイダー取引にかかわるような)そういったことは一切ありません」

 そもそも、これ、いったい何に反論しているのか、という話だろう。吉村知事は今回の自分に対する批判を出所不明のフェイクニュースのように扱っているが、今回、多くの人が疑問を持ったきっかけは、前述したように、吉村知事の会見を生中継した『ミヤネ屋』に出演していたテリー伊藤が事前に情報を入手し、インサイダー取引をやろうと思えばやれた、と自らはっきりと証言したことなのだ。これを受けて多くの人が「インサイダー取引を引き起こしかねない、情報の事前漏洩があった」ことを批判したのである。

 それを吉村知事は、「維新が嫌いなのはわかるんですけど」などと、批判をあたかも”反維新“の政治的な攻撃であるかのように矮小化。さらに、問題は情報の事前漏洩なのに、「ネット上で僕がインサイダー取引をしたと言っている」などとごく一部の人間しか言っていないようなツイートだけをクローズアップして否定した。これは、完全に話のすり替え、事前漏洩疑惑のゴマカシだろう。

 しかも、呆気にとられたのは、「僕にインサイダー疑惑があるとかは軽々には言わないほうがいい」という台詞だ。被験者わずか41人、客観的検証もない論文にすらなっていない実験結果を「ウソのような本当の話」などとまるで事実かのように「軽々に」発表しておきながら、その張本人が「軽々には言わないほうがいい」って、いったいどの口が、という話ではないか。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

吉村洋文知事の“うがい薬会見”事前漏洩問題のスリカエ反論・恫喝がひどい! テリー伊藤の証言修正も矛盾とゴマカシだらけのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。インサイダーテリー伊藤ポビドンヨードミヤネ屋吉村洋文新型コロナ編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 れいわから出馬 水道橋博士が主張する「反スラップ訴訟法」の重要性!
2 葵つかさが「松潤とは終わった」と
3 町山、ロマン、水道橋、春日、豪の論戦
4 坂上忍『バイキング』打ち切りはフジ上層部による政権批判潰し
5 維新に反省なし!女性蔑視の石井議員は開き直り、松井代表は経歴詐称を擁護
6 自公維の「国民投票法改正案」に批判の声!小泉今日子も反対表明
7 ペジー社社長の財団が山口敬之の実家に
8 「報道の自由度ランキング」下落報道でNHKが政権忖度し削除した文言
9 岸田政権の“改憲”の本命「緊急事態条項」はこんなに危ない!
10 『女が嫌いな女』アンケートの噓を暴く
11 古舘伊知郎“最後の一刺し”がテレビ大賞
12 河瀬直美監督とNHKが五輪反対派をデタラメ攻撃!
13 大阪のオミクロン死者急増も松井市長はウザ絡みに夢中、水道橋博士に訴訟恫喝
14 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
15 川島なお美が近藤誠の診断を告発
16 朴槿恵と同じ!安倍も操られていた
17 水道橋博士を訴訟恫喝、松井市長が感染者入力を外注、委託料は言い値の1億円
18 ロシア入国禁止リストに“安倍元首相の名前なし”で「やっぱり」の声!
19 オリラジの吉本興業退所でマスコミが触れない松本人志をめぐる圧力
20 X JAPAN、TAIJIの死の謎
1「報道の自由度ランキング」下落報道でNHKが政権忖度し削除した文言
2自公維の「国民投票法改正案」に批判の声!小泉今日子も反対表明
3維新に反省なし!女性蔑視の石井議員は開き直り、松井代表は経歴詐称を擁護
4 れいわから出馬 水道橋博士が主張する「反スラップ訴訟法」の重要性!
5古市憲寿が政府のコロナ対策を検証する「有識者会議」入りで疑問の声
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄