芸術支援を不要と攻撃する百田尚樹と対照的! 女優・橋本愛が「私は映画に命を助けてもらった」「文化・芸術は最後の砦」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

ドイツのモニカ・グリュッタース文化相とも共通する橋本愛の深い言葉

 文化・芸術は、医療にも救うことのできなかった人をときに救うことがある。その切実な思いから、橋本は映画の作り手の一人として、観客とミニシアターを守りたいと訴える。

「私たちは作り手として、そこに訪れてきた人たちを、全力で守らなければいけないと思っています。
いま、私のような人が行き場を失っているのではないかと思うと、いても立ってもいられません。ミニシアターがなくなるということは、人の尊い命がなくなるということに等しいと思っています。そしてそれが、この世界の死を意味するということも。」

 そして最後、観客含めミニシアターに関わるすべての人に向け、こう呼びかけた。

「絶対に生きて、生きて、生きて、生きて、また、ミニシアターで会いましょう。」

 いかがだろうか。橋本の言葉からは、文化・芸術が社会のなかではたす役割に対する認識、作り手として自らが映画というカルチャーを担う一人であるという責任感、受け手や裏方含め映画というカルチャー・コミュニティすべてに対する愛情がひしひしと伝わってくる。

 そして、「ミニシアターがなくなることは人の命がなくなることに等しく、世界の死を意味する」という言葉。これは、ミニシアターや映画だけではなく、音楽や小説、マンガにも置き換えられる。橋本は「死んだ心を生き返らせることができる」「全てに光を見出せなかった人の最後の砦」が芸術や文化であることを、自身の体験と実感をもって訴えたのである。

 ドイツでは、アーティストやクリエイター、カルチャーに関わる中小企業、フリーランスに対して500億ユーロという世界でも随一の大規模支援を打ち出した際、モニカ・グリュッタース文化相が「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ。とくに今は」と発言。世界から賞賛を集めた。今回の橋本の言葉はまさにそれに通じるものといえるだろう。

 しかし、日本ではいまも、文化事業への補償は「不要不急」として放置され、支援を求める声にも下劣な攻撃の言葉が浴びせられているのが現実だ。そして、百田のような〈作家みたいな職業は生きるか死ぬかの時代には必要ない〉という浅薄な言葉が平気で流通している。

 若き人気女優の文化・芸術への深い理解に根ざしたこの言葉がひとりでもおおくの国民に届き、この貧しい状況を変える一歩になることを願ってやまない。

最終更新:2020.05.16 01:49

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

芸術支援を不要と攻撃する百田尚樹と対照的! 女優・橋本愛が「私は映画に命を助けてもらった」「文化・芸術は最後の砦」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ミニシアター・エイド基金新型コロナウイルス本田コッペ橋本愛百田尚樹近藤史恵の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 れいわから出馬 水道橋博士が主張する「反スラップ訴訟法」の重要性!
2 町山、ロマン、水道橋、春日、豪の論戦
3 葵つかさが「松潤とは終わった」と
4 維新に反省なし!女性蔑視の石井議員は開き直り、松井代表は経歴詐称を擁護
5 「報道の自由度ランキング」下落報道でNHKが政権忖度し削除した文言
6 自公維の「国民投票法改正案」に批判の声!小泉今日子も反対表明
7 X JAPAN、TAIJIの死の謎
8 川島なお美が近藤誠の診断を告発
9 古市憲寿が政府のコロナ対策を検証する「有識者会議」入りで疑問の声
10 水道橋博士を訴訟恫喝、松井市長が感染者入力を外注、委託料は言い値の1億円
11 ペジー社社長の財団が山口敬之の実家に
12 岸田政権の“改憲”の本命「緊急事態条項」はこんなに危ない!
13 吉村知事肝いりの大規模入院施設の利用率が最大7%で閉鎖
14 アムウェイにキラキラ女子が急増中!
15 古舘伊知郎“最後の一刺し”がテレビ大賞
16 朴槿恵と同じ!安倍も操られていた
17 国会審議で「総理は嘘つき」が“侮辱罪”にあたる可能性を政府は否定せず
18 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
19 オリラジの吉本興業退所でマスコミが触れない松本人志をめぐる圧力
20 『女が嫌いな女』アンケートの噓を暴く
1「報道の自由度ランキング」下落報道でNHKが政権忖度し削除した文言
2自公維の「国民投票法改正案」に批判の声!小泉今日子も反対表明
3維新に反省なし!女性蔑視の石井議員は開き直り、松井代表は経歴詐称を擁護
4 れいわから出馬 水道橋博士が主張する「反スラップ訴訟法」の重要性!
5古市憲寿が政府のコロナ対策を検証する「有識者会議」入りで疑問の声
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄