【2019年読まれた記事】ピエール瀧逮捕で石野卓球にワイドショーが「謝れ」攻撃! 同調圧力、連帯責任…日本の異常性を突いた卓球のツイートは間違ってない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
【2019年読まれた記事】ピエール瀧逮捕で石野卓球にワイドショーが「謝れ」攻撃! 同調圧力、連帯責任…日本の異常性を突いた卓球のツイートは間違ってないの画像1
Twitterで石野らしいリアクション!  なのにワイドショーは…


 2019年も、残すところあとわずか。本サイトで今年報じた記事のなかで、反響の多かった記事をあらためてお届けしたい。
(編集部)
*************
【2019.03.28.初出】
 手を替え品を替え、いまだワイドショーを賑わせ続けるピエール瀧の逮捕報道。明確な被害者もいない薬物事件にもかかわらず極悪人のように騒ぎ立てる「ヘル日本」ぶりは本サイトでも指摘してきた。

 そんななか、ワイドショーの新たな標的となっているのが、ピエール瀧ともに電気グルーヴを長年やってきた石野卓球だ。

 事件後の石野卓球の言動をあげつらってワイドショーは「謝罪のひとつもないなんて、どうしようもない大人だ」といった論を振りかざしているのである。

 3月12日にピエール瀧が逮捕されてから、石野卓球はこれといったコメントを出してこなかった。

 14日に、電気グルーヴとしてではなく石野卓球ソロとして出演予定だったイベント「Pump It Presents Takkyu Ishino」への出演が中止になったことを伝えるリリース文に、自身のツイッターアカウントで〈だとよ〉とコメントしたのが事件後の唯一のリアクションだった。

 それが、ここ数日になって石野卓球のツイッターアカウントが大きく動き始める。

 21日には、人気アニメ『ポプテピピック』と電気グルーヴがコラボしたパロディキャラが、泣きながらでんでん太鼓を叩いて走り、「容疑者!!」と叫んでいる画像をツイートした。23日にはサングラスをかけた自撮り写真に〈頭丸めてないよ〉とのコメントをつけてツイート。

 また、同日には、腕に「電」と書かれたタトゥーを入れた写真とともに、〈あと51歳初Tattoo入れました!“Zin-sayは電気グルーヴ、電気グルーヴは人生”真似すんなよ〉とのコメントを添えてツイートした。ちなみに、「人生」は1980年代後半にピエール瀧と共に組んでいた電気グルーヴの前身バンドの名前である。

 翌日には、〈電気グルーヴは出荷停止だけど石野卓球ソロは売ってる(容疑者がいないので)〉という皮肉なコメント付きで、AmazonやTOWER RECORDSといった小売店、Apple MusicやSpotifyといったストリーミングサービスのリンクをつけたツイートを投稿。

 同日にはさらに、電気グルーヴが『アナザースカイ』(日本テレビ/2019年1月11日放送)に出演した際、ベルリンで撮影したピエール瀧との2ショットとまったく同じロケーション・構図のまま1人で撮り直した写真をアップ。そこには〈容疑者部分をカットして撮り直し〉という、これまた皮肉なコメントが添えられていた。

 非常に石野卓球らしい、毒気に満ちたリアクションにファンは喜びとともに、胸を撫で下ろした。

 しかし、ワイドショーが言う「世間」は違ったようだ。

 25日放送『バイキング』(フジテレビ)でMCの坂上忍は一連のツイートを見て、苦々しげに言い放った。

「これはなに? よくわかんないんだけど、ブラックジョークみたいなもんなの? なんなの?」
「二十歳そこそこの(人)だったらさ、『バカじゃないのか? お前』って言って済むんだけど、同い年なんだよね、俺。やっぱり、ねぇ」
「結局、ピエール瀧容疑者が逮捕されたことによって、ピエールさんが携わっていた仕事関係の人たち、いまもなお、色々な思いを抱えながら後始末に追われているわけじゃないですか。で、もしかしたら、石野さんも被害を被ったひとりなのかもしれない。でも、ピエールさんの相方って考えたときに、これはね、やっぱり、違ったアプローチの仕方をしないと、納得は得られないし、まあ納得させる気もないからこういったことをね、ツイートしたりしているのかもしれないですけど、誰も得しないようなことをよくおやりになるんですね、この方は」

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

【2019年読まれた記事】ピエール瀧逮捕で石野卓球にワイドショーが「謝れ」攻撃! 同調圧力、連帯責任…日本の異常性を突いた卓球のツイートは間違ってないのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。Twitterバイキングピエール瀧ワイドショー石野卓球編集部連帯責任電気グルーヴの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 中国人を“ばい菌”扱いするワイドショー、政治目的に利用する安倍首相
2 安倍首相が「桜を見る会前夜祭」問題で「幅広く募ったが募集ではない」
3 安倍首相が地元でも「桜を見る会前夜祭」と同じ有権者買収か!
4 『スシローと不愉快な仲間たち』8 安倍政権御用コメンテーター養成講座
5 新型コロナウイルスに乗じ“中国人ヘイト”が跋扈! 百田尚樹、高須克弥も
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 田崎史郎「桜を見る会」名簿問題で“民主党ガー”詐術、羽鳥慎一が思わず…
8 立川志らくが古典落語で「日本人かてめえ」ヘイト、反論も酷い
9 詩織さん全面勝訴でも山口敬之氏と安倍首相の関係に触れないテレビ
10 田崎史郎が河井案里問題で“安倍首相は無関係”を主張も自滅
11 TBS宇垣アナが夫婦別姓反対派を一蹴
12 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
13 安倍政権御用ジャーナリスト5位〜大賞発表!
14 河井案里議員の「安倍マネー1億5千万円」はやっぱり違法
15 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
16 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
17 長渕剛が安倍政権を批判する新曲を発表
18 松尾貴史「日本を壊しているのは安倍さん」
19 安倍の成蹊時代の恩師が涙ながらに批判
20 杏と父・渡辺謙の間にある愛憎
1久米宏が「テレビが反韓国キャンペーンをやってる」と真っ向批判
2安倍政権・厚労政務官が外国人在留申請で口利き「100人で200万円」
3 玉川徹がGSOMIA破棄で加熱するテレビの嫌韓煽動を批判
4明石家さんまが吉本上層部と安倍首相の癒着に痛烈皮肉!
5『ゴゴスマ』で今度は東国原英夫がヘイト丸出し、金慶珠を攻撃!
6『報ステ』の“安倍忖度”チーフPがアナやスタッフへの“セクハラ”で更迭
7『ゴゴスマ』で「日本男子も韓国女性が来たら暴行しなけりゃいかん」
8文在寅側近の不正に大はしゃぎの一方、安倍政権が厚労政務官の口利きに無視
9埼玉知事選で警察が柴山文科相への抗議を排除!柴山も表現の自由否定
10安倍首相がトランプからトウモロコシ爆買い
11菅官房長官「トウモロコシ大量購入は害虫被害対策」は嘘
12 GSOMIA破棄は安倍のせい 慰安婦合意から始まった韓国ヘイト政策
13安倍が後に先送り財政検証の酷い中身
14 GSOMIA破棄で日本マスコミの「困るのは韓国だけ」の嘘
15 松本人志や吉本上層部批判の友近、近藤春菜にバッシング、報復か
16『週刊ポスト』の下劣ヘイト記事は「小学館幹部の方針」の内部情報
17GSOMIA破棄!八代・有本ら安倍応援団は「嫌なら来るな」
18 『モーニングショー』で「暑さに耐えるのが教育」元高校野球監督は右派論客
19 古市憲寿の芥川賞候補作「参考文献問題」に選考委員が猛批判
20『関東大震災「朝鮮人虐殺」はなかった!』のデマとトリックを暴く

カテゴリ別ランキング


マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄