田崎史郎と三浦瑠麗が『朝生』で無理やりすぎる安倍政権擁護連発!「桜を見る会」私物化問題で「証拠あるのか!」「野党ガー!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
田崎史郎と三浦瑠麗が『朝生』で無理やりすぎる安倍政権擁護連発!「桜を見る会」私物化問題で「証拠あるのか!」「野党ガー!」の画像1
『朝まで生テレビ!』に出演した田崎、三浦両氏


 反社会勢力の招待疑惑など広がりをます、「桜を見る会」をめぐる一連の問題。菅義偉官房長官の「反社の定義は定まっていない」なるトンデモ発言にあらわれるように、窮地に追いやられている安倍政権だが、かたや、テレビマスコミでは“御用コメンテーター”たちが政権擁護を連発。安倍首相は今井尚哉首相秘書官を引き連れ、記者クラブの各社キャップを集めた懇談会を開き、マスコミに「ワイドショーはもういいんじゃないか」「NHKの報道はひどい」と“圧力”をかけるなど必死だ。

 そんななか、11月30日放送の『朝まで生テレビ!』(テレビ朝日)に、あの“自称・国際政治学者”三浦瑠麗氏と、“官邸御用ジャーナリスト”田崎史郎氏が揃って出演。言うまでもなく、三浦氏は「桜を見る会」問題を“呼ばれていない人の嫉妬”に矮小化、田崎氏は“民主党政権も「桜を見る会」をやっている”などと政権のフォローをしまくってきた。

 そんな2人が揃い踏みした『朝生』、安倍擁護の流れになるのは火を見るより明らかだったが、実際、2人は手を替え品を替えフォローや話のスリカエを連発したのであった。

 まず、この日の『朝生』は「激論!安倍長期政権の功罪」と題して、歴代最長政権となった安倍政権を検証するというフレコミだった。パネリスト出演は、自民党の柴山昌彦前文科相、片山さつき・前地方創生相、立憲民主党の大串博志衆院議員、国民民主党の大塚耕平参院議員、共産党の宮本徹衆議院ら7人の与野党議員が参加。そこに金子勝・慶應大名誉教授、ジャーナリストの堀潤氏、そして三浦氏と田崎氏を交えて行われた。

 盛り上がりを見せたのは前半、やはり「桜を見る会」問題でのやりとりだ。今年5月9日、共産党が国会質問のために資料の提出を求めた当日、政府が今年分の名簿をシュレッダーにかけた件、つまり情報隠蔽だったのではないかとの疑惑について、片山さつき議員が「今年だけこのタイミングにしているわけではなくて、前の年も、その前の年もそのタイミングでシュレッダーをしている」と内閣府は説明していると主張。

 つまり、シュレッダーの時期は例年通りであり、情報を隠蔽しようとしたのではないと言うのだが、これに対し、国会でもいち早く疑惑に切り込んできた共産党の宮本議員が反論した。周知の通り、政府は今年の「桜を見る会」の名簿を「保存は1年未満」つまり“いつでも処分していい”という決まりに基づいて5月に破棄したと言っているが、これは2018年4月に安倍政権が変更した規定だ。宮本議員は、変更前の2017年には、行政文書としての名簿が「1年間の保存」であったはずであることを挙げて、片山さつき議員が言う「前の年もその前の年もこの(5月の)タイミングでシュレッダーをした」という発言の矛盾をつく。

 そこから宮本議員は、シュレッダーされたのは名簿の写しにすぎず原本は実はいまも残っている可能性について説明を続けようとするのだが、司会の田原総一朗氏に続き片山さつき議員が割り込んで「それはあまりにもテレビでおっしゃるには誤解が与えられる」と追及を遮る。ここで田原が「田崎さんはどうですか」とふる。すると、田崎氏はシュレッダー疑惑など聞いてなかったかのように、片山氏のすり替えに乗っかって、こう言い放ったのだ。

「(宮本さんは)じゃあ文書は残ってるってお話なんですか。過去のものではなくて、いま名簿が存在するというご主張なんですか」

 この田崎氏の発言にさらに勢いづいた片山さつき議員が「それは余程の証拠がないとこういう場所では言うべきことじゃないと思います」と発言。つまり、宮本議員は内閣府の説明の矛盾から“シュレッダーのタイミングが例年通りというのは、名簿を隠すためのストーリーではないか”と追及していたのに、いつのまにか「破棄をしていないというなら証拠を出せ!」という反転攻勢にすり替わってしまったのである。まさに“阿吽の呼吸”というやつだろう。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

田崎史郎と三浦瑠麗が『朝生』で無理やりすぎる安倍政権擁護連発!「桜を見る会」私物化問題で「証拠あるのか!」「野党ガー!」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。三浦瑠麗安倍晋三朝まで生テレビ!桜を見る会田崎史郎編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 菅義偉の弔辞「山縣有朋の歌」は安倍がJR葛西の追悼で使ったネタ
2 安倍国葬で大はしゃぎ 百田尚樹ら安倍応援団とフジサンケイの醜態
3 葵つかさが「松潤とは終わった」と
4 安倍こそ政治の犠牲になった国民を「悼む気持ち」のない冷淡政治家だった
5 テレ朝で『モーニングショー』統一教会報道中止、ネット動画削除!
6 岸田首相が性差別発言や統一教会擁護の安倍応援団・小川榮太郎をブレーンに
7 安倍が選挙妨害に関与の決定的証拠
8 統一教会とズブズブ萩生田「政調会長」に批判殺到!一方、テレビは…
9 高橋治之と安倍晋三は親戚関係だった!安倍家の自宅購入資金も高橋弟が捻出
10 統一教会問題で下村博文と山谷えり子の呆れた開き直りと嘘
11 長渕剛が安倍政権を批判する新曲を発表
12 『笑点』で三遊亭円楽が「いま日本は本当に民主主義国家ですか?」
13 統一教会とズブズブ報道の萩生田光一政調会長がテレビ各局に圧力か
14 中山美穂ラブラブ写真に辻仁成は
15 玉川徹に自民議員が共謀罪の正体を
16 森喜朗200万円受領問題だけじゃない! 五輪招致買収や神宮再開発利権も
17 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
18 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
19 吉本芸人「ほんこん」のサムすぎるネトウヨぶり!
20 投票呼びかけに松本人志が「軽い感じで行かれても」と投票抑圧発言
1菅義偉の弔辞「山縣有朋の歌」は安倍がJR葛西の追悼で使ったネタ
2高橋治之と安倍晋三は親戚関係だった!安倍家の自宅購入資金も高橋弟が捻出
3安倍こそ政治の犠牲になった国民を「悼む気持ち」のない冷淡政治家だった
4岸田首相が性差別発言や統一教会擁護の安倍応援団・小川榮太郎をブレーンに
5安倍国葬で大はしゃぎ 百田尚樹ら安倍応援団とフジサンケイの醜態
6 統一教会問題で下村博文と山谷えり子の呆れた開き直りと嘘

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄