党首討論総括…地上波より「ニコ生」の安倍びいきが露骨! 司会の夏野剛・ドワンゴ社長が野党の批判封じ込め

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
党首討論総括…地上波より「ニコ生」の安倍びいきが露骨! 司会の夏野剛・ドワンゴ社長が野党の批判封じ込めの画像1
ニコニコ生放送より


 昨日、公示日を迎えて選挙遊説がスタートした参院選。それに合わせ、ネット、日本記者クラブ、民放テレビ局で党首討論がおこなわれたが、そこで安倍首相が醜態を晒しつづけた。

 たとえば、4日に放送された『news zero』(日本テレビ)の党首討論は年金問題にテーマを絞っておこなわれたが、6月初旬に公表される見通しだった「財政検証」について、有働由美子キャスターから「せっかくだったら(参院選前に)出していただいたほうがよかった」と話を振られると、「(検証結果が)悪くなることが決まっているわけではない」と豪語。またも都合のいい数字を一方的に並べ立てた。

 なかでも酷かったのが、自民党が参院選の演説用資料として所属国会議員に配布している“野党&メディア攻撃まとめ”トンデモ冊子問題が取り上げられた『news23』(TBS)で、「見ていない」「知らない」と言い放った挙げ句、話を野党批判にすり替えて必死に攻撃するという幼稚極まりない態度を露わに(詳しくは既報参照→https://lite-ra.com/2019/07/post-4816.html)。

 日本記者クラブの党首討論会では、質問に挙手で回答するコーナーで、選択的夫婦別姓や性的マイノリティの権利保障を認めるかどうかの回答を求められ、安倍首相は手を挙げず。安倍自民党には女性や性的マイノリティの基本的人権を守る気がないということが見事に視覚化されたが、挙手での回答という最初から提示されていた質問方法に「印象操作だ」「意図を感じる」などと難癖をつける始末。

 ……とまあ、このように、一貫して自分の主張をがなり立てるだけで、国民の不安や疑問、野党から出される対案にまったく向き合わない安倍首相の姿勢を浮き彫りにした党首討論だったのだが、一方、もうひとつの問題はメディア側の姿勢だろう。

 前述した『news23』は、どこも直接、安倍自民党にその姿勢をただしてこなかったトンデモ冊子問題を取り上げたことはもちろん、小川彩佳キャスターが発言の時間制限を守らない安倍首相に「ルールは守ってください」とビシッと発言するなど、忖度しない毅然さが見て取れた。他方、小川キャスターの古巣・『報道ステーション』(テレビ朝日)は、富川悠太・徳永有美キャスターの及び腰が気になったものの、コメンテーターの後藤謙次氏は外交問題で安倍首相に鋭く肉薄。御用メディア・日テレの『news zero』も、有働キャスターをはじめ安倍首相の顔色を伺うような場面もあったが、年金問題にテーマを絞り、「財政検証」隠しに切り込んだことは評価できるだろう。

 さらに、日本記者クラブの党首討論会では、やはり御用ジャーナリストのひとりである読売新聞の橋本五郎氏までもが「野党からの予算委員会の要求を断るとか、2000万円報告書を受け取らないなんて、子どものやることじゃないですか」と安倍首相を直接追及する場面もあった。

 政権を担う与党の総裁であり総理大臣なのだから、選挙を前に政策やその政治姿勢を厳しく問われるのは、ごくごく当たり前のこと。むしろ、メディアによる忖度が当たり前になりすぎてちょっとツッコんだだけですごいことのように感じる現状がおかしいのであって、これらの党首討論におけるメディアの姿勢は食い足りないくらいだ。

 だが、こうして参院選を前におこなわれた党首討論を総合的に振り返ると、もっとも醜かったのは、6月30日にドワンゴとヤフーが主催した「ネット党首討論」だろう。

 そして、何が酷かったかといえば、司会を務めたドワンゴ社長で慶應義塾大学大学院特別招聘教授である夏野剛氏による、気持ち悪いまでの“安倍首相びいき”だ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

党首討論総括…地上波より「ニコ生」の安倍びいきが露骨! 司会の夏野剛・ドワンゴ社長が野党の批判封じ込めのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ドワンゴニコニコ動画党首討論夏野剛安倍晋三編集部自民党の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 中曽根元首相の合同葬「1億円税金」はやっぱりおかしい!
2 菅首相が『ひるおび』で安倍政権批判をしていた政治記者を首相補佐官に!
3 菅首相が訪問する福島の「伝承館」で国や東京電力の批判しないよう検閲
4 安倍前首相はやはり仮病だった!読売のインタビューでケロッと「もう大丈夫」
5 杉田水脈が自民党部会で「女性はいくらでも嘘をつけますから」
6 菅首相が山口敬之氏への資金援助を親密企業「ぐるなび」会長に依頼か
7 中曽根元首相が慰安所開設の証拠
8 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
9 山口達也の事件をNHKが隠蔽していた
10 菅義偉首相が使った官房機密費の“ヤミ金”は合計78億円!
11 悪評「マイナポイント」事業の広報費は54億円、電通が再び140億円
12 安倍政権が消費者庁のジャパンライフ立入検査ツブシ、内部文書が
13 ジャパンライフの広告塔に田崎とNHK島田も
14 俳優・伊勢谷友介が自殺した近畿財務局職員の手記を読み危機感表明
15 菅首相の叫ぶ「規制緩和」は30年前の流行語
16 『ミヤネ屋』が青木理をクビ切り
17 中曽根康弘「慰安所つくった」証言と「土人女を集め慰安所開設」文書
18 東京五輪招致をめぐるICC買収に新証拠! 菅首相も賄賂に関与か
19 菅原経産相辞任で田崎史郎不在の『ひるおび!』が政権批判
20 『バイキング』坂上忍パワハラ報道は政権批判潰しだった!
1 安倍前首相はやはり仮病だった!読売のインタビューでケロッと「もう大丈夫」
2菅政権で「公費不倫」の和泉洋人首相補佐官が“再任、官邸官僚のトップに
3菅義偉首相が使った官房機密費の“ヤミ金”は合計78億円!
4デジタル担当相・平井卓也は電通と組んでネット情報操作を始めた張本人
5中曽根元首相の合同葬「1億円税金」はやっぱりおかしい!
6菅首相が山口敬之氏への資金援助を親密企業「ぐるなび」会長に依頼か
7ジャパンライフ山口会長逮捕 焦点は消費者庁の立入検査中止問題だ
8東京五輪招致をめぐるICC買収に新証拠! 菅首相も賄賂に関与か
9悪評「マイナポイント」事業の広報費は54億円、電通が再び140億円
10菅首相の叫ぶ「規制緩和」は30年前の流行語
11菅政権の官房長官に決定 加藤勝信厚労相がコロナ対応で見せた無能
12菅首相が訪問する福島の「伝承館」で国や東京電力の批判しないよう検閲
13菅義偉“総理”誕生で権力のために不正を働く「忖度官僚」だらけに
14大坂なおみを賞賛し黒人差別に抗議した自民党議員がツイートを削除し謝罪
15河野太郎のパフォーマンスがひどい! 行政改革目安箱を私物化
16菅内閣が「第三次安倍政権」化! 6月の時点で密約説
17菅首相が『ひるおび』で安倍政権批判をしていた政治記者を首相補佐官に!
18杉田水脈が自民党部会で「女性はいくらでも嘘をつけますから」
19『バイキング』坂上忍パワハラ報道は政権批判潰しだった!
20三浦瑠麗が特別講師「N高政治部」で麻生太郎が民主主義否定の暴言

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄