TOKIOに続き大泉洋、高畑充希まで安倍首相と会食! 弱者には見向きもせず芸能人との会食PRに精を出す欺瞞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
TOKIOに続き大泉洋、高畑充希まで安倍首相と会食! 弱者には見向きもせず芸能人との会食PRに精を出す欺瞞の画像1
安倍晋三Instagramには〈 #映画好きと繋がりたい〉などのハッシュタグが並んでいるが…


 今月10日、TOKIOと会食して話題を集めたばかりの安倍首相が、またも芸能人との会食をおこなった。22日、大泉洋と高畑充希を首相公邸に招き、夕食をともにしたのである。

 大泉と高畑は昨年末に公開された映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』に出演したが、この映画を安倍首相は昨年12月31日に昭恵夫人、母親の洋子氏と一緒に鑑賞。映画の感想について、「本当に元気のでる映画でしたね。いろいろと考えさせられました」と記者に語っていた。

 実際、昨日に高畑は自身のInstagramに、〈#こんな夜更けにバナナかよ を気に入ってくださったご縁で、誘っていただいたディナー。 私と大泉さん、ど緊張で参加しましたが、爆笑トーク連発で楽しく帰りましたとさ〉と投稿。そして、〈#まさか自分の人生で首相とセルフィーする日が来ようとは〉というハッシュタグをつけて、大泉、高畑とともに微笑みを浮かべる安倍首相との3ショットを公開したのだ。

 そして、この高畑の投稿に対し、安倍首相もコメント欄で「昨日はありがとうございました」と返答。さらに本日、安倍首相の公式InstagramおよびTwitterが、大泉がスマートフォンをかざして3人で自撮りをしている様子の写真を投稿し、こう綴った。

〈先日、映画「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」に出演された、大泉洋さんと高畑充希さんのお二人と、御一緒させていただく機会を得ました。
筋ジストロフィーの男性が、ボランティアの方々とともに、自立した生活を送った実話に基づく映画です。年末に映画館で見ましたが、いろいろと考えさせられるとともに、本当に元気がでる映画でした。
撮影の際のご苦労なども伺い、あっという間のひとときでした。お二人のますますのご活躍をお祈りしております。〉(安倍晋三Instagramより)

 映画を観て筋ジストロフィーという難病と闘う患者やそれを支えるボランティアの人びとに思いを馳せたのなら、普通は患者やボランティアと対面して政策に活かすべきだと思うが、安倍首相はいまをときめく役者と食事を楽しみ、撮影の裏話を直接聞くという特権的な時間を過ごしたらしい。

 安倍首相は以前、国会で山本太郎議員から「芸能人とはしょっちゅうご飯食べるのに、生活保護の当事者の人たちの話は聞かないのか」と突っ込まれたり、ノーベル平和賞を受賞したICAN(国際NGO・核兵器廃絶国際キャンペーン)事務局長や翁長雄志沖縄県知事との面会を断って松本人志ら『ワイドナショー』ご一行と会食したことがあったが、弱者や困難の当事者にはとことん興味がないのか。

 安倍首相は2017年2月にも、鑑賞した百田尚樹原作の映画『海賊と呼ばれた男』に出演していた岡田准一、鈴木亮平と西麻布の高級フランス料理店で麻生太郎財務相を引き連れて会食しているが、まったく権力の濫用も甚だしい。安倍首相がいかに“王様”化しているかがよくわかるというものだろう。

 しかし、注目すべきは、王様然としたその振る舞いだけではない。TOKIOにつづき、芸能人の取り込み工作が本格化していることのほうだ。

 じつは、安倍首相は大泉、高畑と会食する2日前の20日にも、俳優の杉良太郎の自宅を訪問。杉の妻である歌手の伍代夏子とともに会食したと首相動静にはあるのだ。

 杉は日ベトナム特別大使と日・ASEAN特別大使を務めており、2017年にトランプ大統領が来日した際も晩餐会にも招待。杉の芸能活動50周年・福祉活動55周年を祝う会にも安倍首相が駆け付けるなど関係を深めてきたが、この杉・五代夫妻と1日開けて、今度は大泉、高畑とテーブルを囲んでいたのだ。ちなみに、安倍自民党をはじめとする与党は、予算委員会の開催をじつに約80日以上も拒否しつづけている最中にある。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

TOKIOに続き大泉洋、高畑充希まで安倍首相と会食! 弱者には見向きもせず芸能人との会食PRに精を出す欺瞞のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。Instagramこんな夜更けにバナナかよジャニーズ大泉洋安倍晋三憲法改正編集部高畑充希の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
2 菅官房長官のコロナ沖縄イジメに非難
3 安倍昭恵夫人のウズハウスに出資者がIR汚職に絡んで特捜部に逮捕
4 内閣不支持62%、国会開くべき8割…それでも国会から逃げる安倍首相!
5 吉村府知事の眉唾発表「うがい薬でコロナに勝てる!」にツッコミの嵐
6 “フジのスシロー”平井文夫解説委員と安倍夫妻の関係を物語る2枚の写真
7 安倍政権の“国会拒否”を田崎史郎と八代英輝がフェイク丸出しで擁護
8 宮台真司「ネトウヨは感情の劣化」
9 読売TV『あさパラ!』が岡田晴恵の容姿をからかうセクハラ的バッシング!
10 吉村洋文知事がコロナワクチン開発でもペテン手口!
11 葵つかさが「松潤とは終わった」と
12 マツコがいじめ、弱者叩きの構造を喝破
13 吉村洋文知事は「武富士」の盗聴犯罪を隠蔽するスラップ訴訟の代理人に
14 首相諮問会議入りした三浦瑠麗のトンデモコロナ言説
15 また打ち上げ失敗 ホリエモンのロケット事業に経産省が巨額の血税投入
16 SexyZoneメンバー“追放”はイジメ?
17 大阪のコロナ陽性率は東京の倍…それでも吉村知事は自粛呼びかけず
18 維新は優生思想政党! 馬場幹事長がれいわ舩後議員の「生きる権利」発言を否定
19 天皇が元SEALDs 奥田父を招きネトウヨが批判、雅子皇后は貧困問題に関心
20 坂上忍が“フジのスシロー”平井文夫のGoTo擁護に「政府の一員のよう」
1GoTo受託団体は二階幹事長らへ4200万円献金以外に巨額パーティ券購入も!
2また打ち上げ失敗 ホリエモンのロケット事業に経産省が巨額の血税投入
3 Go Toのせいで軽症者用ホテル確保が困難に、でも菅官房長官は
4自民党員の東京都医師会会長もブチ切れ「一刻も早く国会を開け」
5 安倍政権の“国会拒否”を田崎史郎と八代英輝がフェイク丸出しで擁護
6内閣不支持62%、国会開くべき8割…それでも国会から逃げる安倍首相!
7安倍昭恵夫人のウズハウスに出資者がIR汚職に絡んで特捜部に逮捕
8 首相諮問会議入りした三浦瑠麗のトンデモコロナ言説
9韓国の“首相謝罪”像が意外な展開に…「安倍首相は日本国民に謝れ」の声
10吉村府知事の眉唾発表「うがい薬でコロナに勝てる!」にツッコミの嵐
11コロナ感染が再拡大するなか安倍首相が有名人とステーキ会食!
12天皇が元SEALDs 奥田父を招きネトウヨが批判、雅子皇后は貧困問題に関心
13「布マスク、さらに8千万枚」に国民の不満が殺到、小泉今日子も疑問の声!
14大阪のコロナ陽性率は東京の倍…それでも吉村知事は自粛呼びかけず
15小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
16専門家の意提案を拒否する安倍政権、政権のいいなりになる尾身茂会長
17菅官房長官のコロナ沖縄イジメに非難
18日本のPCR検査数は世界158位、死亡率もアジアで最悪レベル
19小学館で新たに3人がコロナ感染も外部には公表せず!
20ALS患者を殺害した元厚労省医系技官らの優生思想! 麻生や古市と同類

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄