酩酊状態にさせ暴行して無罪! 甘い性犯罪判決の背景に司法界の男目線、刑法注釈書に「たやすく屈する貞操は保護に値しない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
nigerarenai-01-190315.jpg
『逃げられない性犯罪被害者』

 今月12日、絶句するしかない判決が言い渡された。酒に酔って抵抗できない状態にあった女性を性的暴行した会社役員の男性に、福岡地裁久留米支部はなんと無罪判決を出したのだ。

 事件が起こったのは2017年2月。判決で西崎健児裁判長は「女性はテキーラなどを数回一気飲みさせられ、嘔吐して眠り込んでおり、抵抗できない状態だった」と認定しながらも、〈女性が目を開けたり、何度か声を出したりしたことなどから、「女性が許容していると被告が誤信してしまうような状況にあった」と判断〉(毎日新聞3月12日付)。西崎裁判長はこう述べたというのだ。

「女性が拒否できない状態にあったことは認められるが、被告がそのことを認識していたと認められない」

 え、どういうこと?と突っ込むしかない。テキーラを一気飲みさせられて嘔吐し眠り込んでいるというのは完全に抗拒不能状態で、それで性行為をおこなえば準強制性交等罪が成立する。そして、裁判長も「抵抗できない状態」だったことは認めている。にもかかわらず、目を開けたり声を出したことを理由に「女性が許容していると被告が誤信してしまうような状況」と認定するとは……。

 これでは、度数の強い酒を一気飲みさせられた挙げ句、嘔吐して、眠ってしまっても、女性は目を開けてしまっただけで「相手に合意していると感じさせた」ことになってしまう。

 ときに冤罪も生み出すほどに異常に高い有罪率を誇る日本の刑事裁判で、一体なぜこんな無罪判決がまかり通るのか。推定無罪の原則は当然だし、尊重すべきだが、この判決では重要な事実が認定されているのだ。あまりに不自然と言うほかないだろう。
 
 しかも、こうした不可解な無罪判決は、性犯罪に関しては、必ずしも珍しい例とは言えない。

 たとえば、「性暴力と刑法を考える当事者の会」が作成したブックレット『性暴力被害者からみた ここがヘンだよ 日本の刑法(性犯罪)』には、こんな判例が掲載されている。

 それは、〈24歳の男が中学生女子に声をかけ、性交した行為が、強姦罪として問われた〉裁判でのこと。大阪地方裁判所は〈少女が性交に同意していなかったことは認められる〉としながら、〈被告人が「犯行を著しく困難にする程度の暴行」を加えたとは認められず、また「男が少女が性交を受け入れたと誤信した」疑いは払しょくできない〉とし、無罪を言い渡したというのである。

 この判決は、中学生の女子に対して「あなたが抵抗しなかったから、男性も同意したと誤解するよね」と言っているようなものだ。普通に考えれば、成人男性を前にして、女子中学生が恐怖で身が固まってしまったり言われるがまま行動してしまうような状況は想像に容易い。だが、そうした力関係は無視され、むしろ男性が「性交を受け入れたと誤信した」ことが考慮されてしまう。つまり、〈成人男性が、女子中学生の態度を「性交を受け入れたと誤信」すれば、強姦罪に問われない〉ということになってしまうのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

酩酊状態にさせ暴行して無罪! 甘い性犯罪判決の背景に司法界の男目線、刑法注釈書に「たやすく屈する貞操は保護に値しない」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。不当判決最高裁無罪判決田岡 尼裁判所の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 東京五輪招致をめぐるICC買収に新証拠! 菅首相も賄賂に関与か
2 菅義偉首相が使った官房機密費の“ヤミ金”は合計78億円!
3 大坂なおみを賞賛し黒人差別に抗議した自民党議員がツイートを削除し謝罪
4 河野太郎のパフォーマンスがひどい! 行政改革目安箱を私物化
5 ジャパンライフ山口会長逮捕 焦点は消費者庁の立入検査中止問題だ
6 デジタル担当相・平井卓也は電通と組んでネット情報操作を始めた張本人
7 葵つかさが「松潤とは終わった」と
8 自民党のネット誹謗中傷対策メンバーの平井卓也が女性蔑視書き込み
9 区立中学の性教育に自民党が圧力!
10 安倍政権が消費者庁のジャパンライフ立入検査ツブシ、内部文書が
11 安倍晋太郎が山口会長に「金儲けの秘訣を教えて」と懇願した夜
12 菅政権で「公費不倫」の和泉洋人首相補佐官が“再任、官邸官僚のトップに
13 ジャパンライフの広告塔に田崎とNHK島田も
14 『半沢直樹』今度は民主党に倍返し!
15 『バイキング』坂上忍パワハラ報道は政権批判潰しだった!
16 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
17 乃木坂46歌唱で『セーラー服を脱がさないで』歌詞の女性蔑視に非難殺到!
18 止まらない岡田晴恵バッシング!「週刊新潮」が「予言外れた」と的外れ批判
19 自民党がネトサポに他党叩きを指南
20 佐川誘導尋問、丸川珠代の本質を見抜いていたマツコ
1菅政権で「公費不倫」の和泉洋人首相補佐官が“再任、官邸官僚のトップに
2菅官房長官がテレビでもポンコツ露呈!『報ステ』では徳永有美に陰険クレーム
3菅義偉首相が使った官房機密費の“ヤミ金”は合計78億円!
4安倍首相は本当に病気だったのか? 辞任表明以降一度も病院に行かず
5つるの剛士が畑泥棒を「近くの工場で働いてる外国人」「あそこ怪しすぎる」
6デジタル担当相・平井卓也は電通と組んでネット情報操作を始めた張本人
7ジャパンライフ山口会長逮捕 焦点は消費者庁の立入検査中止問題だ
8安倍首相が昨晩、フルコースを完食しワイン、ゴルフの約束まで! 
9菅政権の官房長官に決定 加藤勝信厚労相がコロナ対応で見せた無能
10菅義偉“総理”誕生で権力のために不正を働く「忖度官僚」だらけに
11総裁選で自民党がまた新聞社に圧力文書!
12大坂なおみを賞賛し黒人差別に抗議した自民党議員がツイートを削除し謝罪
13東京五輪招致をめぐるICC買収に新証拠! 菅首相も賄賂に関与か
14大坂なおみの黒人差別抗議マスクに冷ややかなマスコミとスポンサー
15菅内閣が「第三次安倍政権」化! 6月の時点で密約説
16河野太郎のパフォーマンスがひどい! 行政改革目安箱を私物化
17三浦瑠麗が特別講師「N高政治部」で麻生太郎が民主主義否定の暴言
18日産への政府保証1300億円は「半沢直樹」のモデル日本航空の倍!
19『バイキング』坂上忍パワハラ報道は政権批判潰しだった!
20乃木坂46歌唱で『セーラー服を脱がさないで』歌詞の女性蔑視に非難殺到!

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄