青山繁晴議員が「僕と握手したらガンが治った」「僕の本を読んだら奇跡が」と吹聴! こんな国会議員アリなのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
青山繁晴議員が「僕と握手したらガンが治った」「僕の本を読んだら奇跡が」と吹聴! こんな国会議員アリなのかの画像1
青山氏がまたしても『虎ノ門ニュース』でトンデモ発言…


 あの“ネトウヨの尊師(グル)”こと青山繁晴・自民党参院議員が、あいかわらずの怪気炎をあげている。といっても国会の中ではなく、外で、だ。

 本サイトではもうおなじみ、青山センセイといえば、独立総合研究所なる民間シンクタンクを率い、「安全保障の専門家」を自称する極右論客。ネット右翼たちから「真の国士」と持ち上げられ、安倍首相のおぼえもめでたく、2016年の参院選で自民から電撃出馬し当選した。ところが、その後は国会で訳のわからない質問を連発するなど醜態をさらけ出してばかりで、化けの皮がどんどん剥がれまくっている御仁である。

 そんな青山センセイの近況は、本来ならば通常国会が始まって多忙を極めているはずだが、“アベノミクス偽装問題”などどこ吹く風。いつもどおり、ネトウヨ番組『真相深入り!虎ノ門ニュース』(DHCテレビ)で信者相手に吹きまくっているわけだが、4日放送の同番組では、さすがにスルーできないレベルのことを語っていた。

 それは著書『ぼくらの死生観 英霊の渇く島に問う』(ワニブックス)の宣伝をし始めたときのこと。「えっとですね、この間、人間ドックで都内の大病院に行ったんですよ」と喋りだす青山センセイ。「体内年齢も測ってくれるところね。そこで(私の体内年齢は)30代って結果が出るから、あの〜、出るからってことはないけど」と、またぞろ苦笑いするしかない自慢話を始めた。

 ちなみに、青山センセイはとっくに還暦を超えてらっしゃるのだが、まあこの自称「体内年齢30代」はただのジャブである。続けて、こんな驚くべきエピソードを語り始めたのだ。ちょっと信じられない内容なので、あえて省略や要約をせず、発言をそのまま書き起こしたい。

「若い女性が走って来られたんですよ。ね? 病院ですから、ちゃんと音を立てないように。そして、これ(『ぼくらの死生観』)読んでたんです! いま、座ってこれ読んでたら、書いた本人が目の前通ったから、思わず追っかけました、ということなんですが、これ、以下、科学者の青山千春博士に『決して言うな』と言われてることなんで、って別に、千春博士がどう言おうといいんですが、あのー、どうしようかと思ったんですけど、すっごく“いいこと”が起きてですね」

 補足しておくと、「千春博士」とは青山センセイの妻である青山千春・東京海洋大学准教授(海洋学)のこと。妻に止められてるとかどうでもいいのに……なんてツッコミはここ“青山劇場”ではご法度だ。書き起こしを続けよう。

「あのー、名前とか永遠に言いませんが。ね? この方と握手をして、で、僕に手から伝わった感じがあって。『もともとガンで再発なさったんじゃないか』と何気なく思ったんですよ。で、この方からたまたま連絡があって、そしたらその、実際に(ガンの)再発を告げられて手術しなきゃいけない、と。そういう再発だったと。それで、心を鎮めるためにもこの本をその病院の一室で読んでたら、書いた本人が通った」

 いや、いちいちツッコンでいたらキリがないのはわかっているのだが、言わせてくれ。握手しただけで「ガンが再発する」とわかる(らしい)青山センセイって、ホント何者なんだろうか。国会議員を辞めて臨床医師になったら明日からでも“ゴッドハンド”扱いだと思うのだが、しかし、もっとヤバいのはここからだ。「へヘへェ」と恐れ入る番組MCの居島一平に、青山センセイは神妙な面持ちでこう語ったのだった。

「一平ちゃん。当然、僕は、僕も大腸ガンやりましたし大丈夫です、というメールをお送りしたんですけど。そしたらですね、その後、手術の日を決めるために病院に行って検査したら……。ガンが全部消えてた、と。ホントに」

 青山繁晴と握手をしたらガンが消えた──。

 なんということだろう。新約聖書によれば、イエス・キリストは盲人の目を見えるようにしたり、様々な病気を治したりしたという。青山センセイはこれに匹敵する奇跡を起こしたというのだ。いやはや、“ゴッドハンド”どころかマジで“神”ではないか。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

青山繁晴議員が「僕と握手したらガンが治った」「僕の本を読んだら奇跡が」と吹聴! こんな国会議員アリなのかのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。安倍政権真相深入り!虎ノ門ニュース編集部青山繁晴の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
2 バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない
3 蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
4 萩生田文科相が芸者あげてノーマスク会食! ワイドショーは追及せず
5 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
6 ぼうごなつこ『100日で崩壊する政権』は安倍政権のインチキの記録
7 安倍は原爆の日も核兵器禁止条約を黙殺
8 葵つかさが「松潤とは終わった」と
9 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
10 菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
11 吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
12 ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
13 もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
14 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
15 特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
16 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
17 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
18 安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
19 東京五輪が日中戦争でなくなる?
20 菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
1菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
2ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
3もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
4菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
5吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
6特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
7安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
8菅首相 緊急事態宣言の記者会見で露呈したヤバさ!結婚式みたいなセリフが
9河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
10 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
11蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
12 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
13バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄