NGT48暴行被害でメンバーが運営の無責任体質を告発! 芸能マスコミはスルーしAKSの火消しに協力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

メンバーを“金儲けのコマ”としか見ない秋元康ら運営の無責任体質

 未成年も含む若いグループのマネージメントにおいて、メンバー間の不和やトラブルは付き物で、そうしたメンバー間のコミュニケーションをケアするのは運営の重要な仕事のはずだ。そういったマネージメントを怠っていたのはAKSの重大な過失である。

 しかも山口の発言によれば、運営は1カ月も前に事件が起き、またメンバー間でも問題が起きているとメンバーから相談されていたにも関わらず、その解消のために動かなかった。

 そもそも、AKB48のシステム自体が内部で不和が起こりやすいものであるといえる。「選抜総選挙」が象徴的な競争を煽る構造や、「恋愛禁止」といった非人道的なルールを強要している環境によるストレスは、メンバーのメンタルをむしばみ、メンバー間の軋轢を引き起こす要因になる。

 さらにそういった構造であるにも関わらず、今回運営はメンバー間のコミュニケーションをケアするよう動かなかったし、結果的に、山口は追い詰められてしまった。

 だいたいこのような重大な事件が起きてから1カ月もの長期間にわたって発表することなく隠蔽し続けたのも、メンバーの安全に対する運営の意識の低さが見てとれる。

 実際、ここまで述べてきたような、無責任体質・隠ぺい体質は、AKS、ひいては、秋元康氏がプロデュースするグループの運営に、繰り返し指摘され続けられてきたものだ。

 それにも関わらず是正されないのは、問題が起きた際に、真摯に向き合って解決策を探ろうという姿勢がないからだ。

 たとえば、2014年にAKB48の握手会で発生した襲撃事件への対応もそうだった。このとき、「握手会」というイベントのあり方自体に批判的な声が多く起きたが、その根源的な問題には向き合おうとせず、わずか2カ月半の休止期間を経ただけで再開。それだけにとどまらず、事件以来沈黙していた秋元氏が読売新聞の連載で、「傷ついた彼女たちは立ち上がり、前に進んだ」と初コメントし、「美談」にすりかえる始末だった。

 ご承知の通り、それからも「握手会」というシステムは残存し続けているが、2017年には再び襲撃事件が起きそうになった。6月に行われた欅坂46の握手会中にメンバーがファンの男から発煙筒を投げつけられたのだ。逮捕された犯人の男はナイフを所持していたうえ、明確な殺意も供述しており、警備スタッフのとっさの判断がなければ傷害や殺人事件にも発展しかねなかった大事件である。通常であれば、最低でもしばらくの間イベントは中止し、安全対策を見直してしかるべきだが、恐ろしいことに運営は翌日も握手会を強行した。

 メンバーを「ひとりの人間」ではなく、「金儲けのコマ」としか見ない。こうした運営の体質が、メンバーを危険にさらす事件を繰り返させているのではないか。

 AKSは問題と真摯に向き合う姿勢がないというのは、今回も同じだ。これだけの重大な事件でメンバー自身が発信しているにも関わらず、運営も秋元康もいまだになんのコメントも出していない。芸能マスコミもその責任を追及する様子はない。それどころか、日刊スポーツやスポーツニッポンのような子飼いのスポーツ紙は、「メンバーの関与はない」と、火消しに走っている始末だ。

 今後AKSはどのような対応をとるのか。未成年の女子も多く預かる組織として、これまで通り、このままウヤムヤにして終わらせる対応だけは絶対に許されない。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

NGT48暴行被害でメンバーが運営の無責任体質を告発! 芸能マスコミはスルーしAKSの火消しに協力のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。AKB48AKSNGT48今村悦朗山口真帆秋元康編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 三浦瑠麗が松本人志の悪質セクハラ発言を「問題ない」と擁護
2 竹田恒泰が父の五輪汚職捜査に「フランスは皇室がないからひがんでる」
3 古市憲寿「平成くん、さようなら」と「終末期医療打ち切れ」論
4 外務省が日米地位協定のウソ説明をコッソリ修正
5 つんく♂が秋元のメンバー差別に
6 JOC竹田会長が女性死なせる交通事故
7 松本人志が指原莉乃に悪質セクハラ差別発言! 
8 日露外相会談の大失態を必死で隠す安倍政権
9 追悼!市原悦子が生前語った安倍政権への怒り、反戦の思い
10 元旦朝生のウーマン村本は間違ってない
11 収賄疑惑の甘利大臣がバンダイとも
12 DA PUMPがEXILEに挑戦状
13 産経と菅官房長官が「辺野古赤土投入問題」追及の望月記者を攻撃
14 松尾貴史「日本を壊しているのは安倍さん」
15 NGT48問題でも秋元康の“無責任”
16 フジ『バイキング』で金美齢が部落差別
17 純烈・友井報道で芸能マスコミジャニーズ御用体質 
18 東京五輪の賄賂疑惑と電通側のキーマン
19 沖縄2紙の記者を警察が拘束する暴挙
20 安倍政権の反韓煽動が酷い!「韓国へ渡航禁止」まで主張
1安倍首相が辺野古の土砂投入で「サンゴを移した」と大嘘
2安室、上田、芸能人よく言った大賞前編
3追悼!市原悦子が生前語った安倍政権への怒り、反戦の思い
4クイーンのB・メイ辺野古署名に『ボヘラプ』鑑賞の安倍首相は…
5元日『相棒』が今年も安倍政権批判!
6ローラ、村本、りゅうちぇる芸能人よく言った大賞後編
7所ジョージが沖縄米軍基地反対ソング! 
8ウーマン村本、ローラ…権力批判芸能人を排除する醜悪メディア
9安倍首相の“サンゴ移植した”嘘を追及しない本土メディア
10早野龍五・被曝論文に重大誤り!お墨付き与えた糸井重里の責任
11産経と菅官房長官が「辺野古赤土投入問題」追及の望月記者を攻撃
12竹田恒泰が父の五輪汚職捜査に「フランスは皇室がないからひがんでる」
13安倍首相の改憲キャンペーンに松本人志、小藪千豊らが協力?
14 仏司法当局が東京五輪誘致汚職で竹田恒和JOC会長の捜査開始!
15日露外相会談の大失態を必死で隠す安倍政権
16 ゴーン前会長出廷で露呈した特捜部の無理スジ国策捜査
17 バカリズム、指原莉乃が外国人労働者問題で差別丸出し
18安倍政権の反韓煽動が酷い!「韓国へ渡航禁止」まで主張
19平沢勝栄だけじゃない自民党の性差別 
20落合陽一は反省表明したが…古市憲寿と落合の無自覚

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄