愛媛のご当地アイドル自殺で自己責任論ぶつ松本人志に違和感! 貧困、パワハラ、やりがい搾取…アイドルたち過酷な実態

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
愛媛のご当地アイドル自殺で自己責任論ぶつ松本人志に違和感! 貧困、パワハラ、やりがい搾取…アイドルたち過酷な実態の画像1
亡くなった大本萌景さんのブログより

 愛媛県を拠点に活動していたご当地アイドルグループ・愛の葉Girlsの大本萌景さんが今年3月に自殺してしまった事件。大本さんの遺族が約9200万円の損害賠償を求め所属事務所などを提訴したことから、連日メディアで大きく報道されている。

 そんななか、松本人志がまた自己責任論を振りかざして死者に鞭打つような発言をした。

 愛媛県を拠点に活動していたご当地アイドルグループ・愛の葉Girlsの大本萌景さんが今年3月に自殺してしまった事件。大本さんの遺族が約9200万円の損害賠償を求め所属事務所などを提訴したことから、連日メディアで大きく報道されている。

 そんななか、松本人志がまた自己責任論を振りかざして死者に鞭打つような発言をした。

 大本さんのニュースを扱った10月14日放送『ワイドナショー』(フジテレビ)で松本は、「事務所が悪くないと言うことはできないですけど」としつつも、このように語った。

「こういう(自殺の)ニュースを扱うときに我々なかなか亡くなった人を責めれないよね。ついついかばってしまいがちなんやけど、僕はやっぱり『死んだら負けや』っていうことをね、もっとみんなが言わないと。死んだらみんながかばってくれるっていうこの風潮がすごく嫌なんですよ」

 松本は17日未明〈自殺する子供をひとりでも減らすため【死んだら負け】をオレは言い続けるよ。。。〉とツイートするなど、「自殺を減らすため」と言ってはいるが、死を考えるほど追い詰められている子どもに「死んだら負け」などという言葉が届くのだろうか。しかも、わざわざ死者に鞭打つようなことを言う必要があるのか。いつものこととはいえ、松本の強者の論理丸出しにはうんざりさせられる。

 大本さんを自殺に追いやった要因の詳細は裁判での解明が待たれるが、大本さんの死の背景には、決して自己責任では片付けられない、アイドルとしての労働環境、所属事務所の社長やスタッフとの人間関係、経済環境といったものがあったのは明らかだ。

 大本さんの遺族は、彼女を自殺まで追いやった理由として、過重労働、暴言によるパワハラ、仕事優先でスケジュールを組まれたことにより学業との両立が難しくなっていたこと、仕事のために転学した全日制高校の費用を負担する約束を事務所が反故にしたことなどを挙げ、所属事務所・hプロジェクトなどを相手に提訴している。

 遺族側の弁護団によれば、彼女の拘束時間は非常に長く、早朝集合で深夜に解散する現場もあったという。また、昨年の4月から大本さんは通信制高校に進学していたが、日曜に登校日があるためライブイベントと被ることが多かった。そこで、学業と仕事の両立に悩んだ彼女は週末が休みになる全日制の高校への転校を決め、その学費を事務所側が貸すことに決まったが、後に2019年8月末で満了となる契約を更新しない旨を伝えると、事務所側の態度は一変して貸付を拒否。さらに、大本さんに対して「事務所を辞めるのであれば違約金1億円払え」といった脅しを入れたという。

 これ以外にも大本さんが置かれた劣悪な労働環境については語られており、遅刻や忘れ物といったミスに対して罰金を払わなくてはならない制度があったり、平均報酬がわずか月額3万5000円しかなかったり、活動の内容について誰にも口外できない条項が組み込まれていたりと、契約にも多く問題があると遺族側は主張している。

 ただ、事務所社長は過重労働については認めているものの、「違約金1億円」発言については否定していたり、学費についても「貸さないと断ったのではなく、保留だった」と主張しているなど、双方の主張には一致しない部分もある。また、大本さんの全日制高校の学費を家庭で工面することはできなかったのかなどと家族のサポート体制に疑問を投げかける声もある。いずれにしても、松本人志が「死んだら負け」と言うような、大本さんの自己責任など1ミリもないだろう。

 自殺の直接的な原因などは現時点では判断できないが、大本さんがアイドルとして過酷な労働環境に置かれていたことは明らかだ。この痛ましい事件を語るときに必ず考えておかなくてはいけないのは、大本さんのような過酷な労働環境が、地下アイドルやローカルアイドル業界にまん延している事例であるということだ。

 自己責任論に話を矮小化させていい問題ではない。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

愛媛のご当地アイドル自殺で自己責任論ぶつ松本人志に違和感! 貧困、パワハラ、やりがい搾取…アイドルたち過酷な実態のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ワイドナショー地下アイドル大本萌景愛の葉Girls松本人志編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 テレ朝『ワイド!スクランブル』が「旭日旗」の極右デマ拡散
2 停電続く千葉台風被害を放置し続ける安倍政権の冷酷
3 安倍首相が補佐官人事でヒトラー並み側近政治、今井秘書官、木原稔…
4 池上彰が朝日叩きとネトウヨを大批判
5 玉川徹が「嫌韓本じゃない」とお詫びした本はやっぱり嫌韓本
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 旭日旗問題で國村隼の発言は正論だ! 
8 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
9 マンガ『スシローと不愉快な仲間たち』第5話
10 宮藤官九郎が『いだてん』は国家的プロパガンダじゃない
11 NZモスクテロ事件容疑者が日本の「多様性のなさ」を賞賛!
12 上田晋也の番組で東国原英夫と千原せいじが日韓問題への無知晒す
13 杉村太蔵はこずるいヤツだった!
14 ネトウヨ高須院長に息子が苦言!
15 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
16 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
17 安倍首相がプーチンに贈った“失笑ポエム”
18 田母神を担いだ百田、中西の責任
19 橋本聖子も東京五輪で「旭日旗」持ち込み許可の愚行を追認
20 好感度モンスター・小泉進次郎の“すべて他人事”な本性
1久米宏が「テレビが反韓国キャンペーンをやってる」と真っ向批判
2安倍政権・厚労政務官が外国人在留申請で口利き「100人で200万円」
3 玉川徹がGSOMIA破棄で加熱するテレビの嫌韓煽動を批判
4明石家さんまが吉本上層部と安倍首相の癒着に痛烈皮肉!
5『ゴゴスマ』で今度は東国原英夫がヘイト丸出し、金慶珠を攻撃!
6『報ステ』の“安倍忖度”チーフPがアナやスタッフへの“セクハラ”で更迭
7『ゴゴスマ』で「日本男子も韓国女性が来たら暴行しなけりゃいかん」
8文在寅側近の不正に大はしゃぎの一方、安倍政権が厚労政務官の口利きに無視
9埼玉知事選で警察が柴山文科相への抗議を排除!柴山も表現の自由否定
10安倍首相がトランプからトウモロコシ爆買い
11菅官房長官「トウモロコシ大量購入は害虫被害対策」は嘘
12 GSOMIA破棄は安倍のせい 慰安婦合意から始まった韓国ヘイト政策
13安倍が後に先送り財政検証の酷い中身
14 GSOMIA破棄で日本マスコミの「困るのは韓国だけ」の嘘
15 松本人志や吉本上層部批判の友近、近藤春菜にバッシング、報復か
16『週刊ポスト』の下劣ヘイト記事は「小学館幹部の方針」の内部情報
17GSOMIA破棄!八代・有本ら安倍応援団は「嫌なら来るな」
18 『モーニングショー』で「暑さに耐えるのが教育」元高校野球監督は右派論客
19 古市憲寿の芥川賞候補作「参考文献問題」に選考委員が猛批判
20『関東大震災「朝鮮人虐殺」はなかった!』のデマとトリックを暴く

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄