横田一「ニッポン抑圧と腐敗の現場」41

安倍首相の地元は無法地帯か? 安倍宅放火事件に続き、山口県警が安倍直系県議の建設会社の捜査を握り潰し

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
yokota_18_0620.jpg

 先日、リテラにジャーナリスト・山岡俊介氏による「安倍首相宅放火未遂事件『18年目の真実』」が掲載されたが、あのレポートが指摘していたのは、安倍事務所が暴力団につながる人物に選挙妨害を依頼していたという話だけではなかった。前後編を通じて浮かび上がっていたもうひとつの疑惑は、安倍首相と山口県警の癒着だ。安倍事務所が放火されるという事件が起きたにもかかわらず、山口県警は捜査に動かなかった。事件の3年後、主犯で元建設会社社長のブローカーの小山佐市氏が逮捕されたが、捜査を主導したのは、暴力団・工藤会の一斉摘発をした福岡県警で「一応、メンツを立てるために、山口県警との合同捜査ということにしていただけ」(山岡氏記事の前編)だったという。

 山岡氏は、「山口県警、下関署は父親(安倍晋太郎・元外務大臣)の代から影響力が非常に強い」「当時の安倍事務所の筆頭秘書・竹田力氏が山口県警警視出身」という関係から、山口県警が「立件したら安倍事務所の選挙妨害が明るみに出る」と忖度して、この事件を闇に葬り去ろうとしていた可能性を指摘していた。

 たしかに、両者の関係を考えれば、その可能性はありうるだろう。

 実は、筆者も安倍首相と山口県警の癒着構造をうかがわせる事件を取材したことがある。それは、安倍首相と密接な関係を持っていた山口県の建設会社「ナルキ(旧・畑原建設)」をめぐる談合疑惑だ。

 第二次安倍政権が誕生した翌2013年、山口県岩国市の錦川上流にある「平瀬ダム」の建設が始まった。民主党政権時代に凍結されていた総事業費750億円のダムが安倍政権誕生と共に息を吹き返したのだ。そして、その本体工事を受注したのが「清水建設・五洋建設・井森工業・ナルキ共同企業体(JV)」だった。

 ところが、このJVに参加している「ナルキ」は当時、安倍首相直系の県議会議員だった畑原基成氏(2017年に死去)の一族が創業者の建設会社で、同社の平瀬ダム工事受注をめぐって、不正・談合を告発する文書が出回ったのだ。

 告発の内容は、この平瀬ダム工事では、ナルキを受注させるために、入札参加資格要件が以前よりも緩和されたというもの。過去の3件のダムの入札では「総合評定値」が1000点以上でないと参加できなかったが、平瀬ダムの入札の場合は900点に引き下げられて、「総合評価値」920点の「ナルキ」でも落札できたという。県議会でも、共産党の藤本一規県議(当時)がこの告発文書を入手し、追及した。

 しかし、こうした追及があったにもかかわらず、マスコミも大きく報道することはなく、捜査機関によって事件化されることもなかった。地元でも、事件の存在すら誰も知らないまま、疑惑はたんなる疑惑のまま闇に葬り去られてしまっていた。

 ところがその3年後の2016年、この事件をめぐる山口県警の捜査資料が流出する。捜査資料によって、実際には捜査機関は「ナルキ」の談合の捜査に着手しており、官製談合容疑で、畑原県議や県職員を取り調べていたことがわかったのだ。

 筆者も捜査資料を入手したのだが、その資料は捜査当局による2013年12月から翌年の5月までの約半年間にわたる動きが克明に綴られていた。

 中でも注目すべきは談合疑惑の核心部分が記載されていた「平瀬ダム建設工事にかかる贈収賄容疑事件の提報について」(2014年5月26日)との文書だ。そのなかには情報提供者から県警が聴取した内容が克明に記されていたからだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

安倍首相の地元は無法地帯か? 安倍宅放火事件に続き、山口県警が安倍直系県議の建設会社の捜査を握り潰しのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。安倍晋三平瀬ダム横田 一畑原基成談合の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍政権が北方領土のため「年金の金」でプーチンに貢ぎ物計画
2 BTSの『Mステ』締め出しは原爆を口実にした韓国ヘイト
3 安倍政権の水道民営化強行の裏! 日本の水道が崩壊
4 植村隆の名誉毀損裁判で不当判決!櫻井よしこの捏造を無視
5 安倍首相も桜田五輪相と同じ「事前通告がない」ウソの常習犯
6 松尾貴史「日本を壊しているのは安倍さん」
7 安倍が国連演説で北朝鮮を煽りまくり
8 医療亡国論の曽野綾子が夫の認知症で…
9 美輪明宏が安倍と支持者を一喝!
10 ジャパンライフの広告塔に田崎とNHK島田も
11 大橋巨泉の安倍批判の遺言がテレビでカット
12 倉本聰が安倍の原発政策に激怒!
13 安倍に第二の森友学園疑惑!
14 竹田恒泰が慰安婦像に「鼻クソの刑」ツイートの愚行
15 美智子皇后が誕生日談話で安倍にカウンター
16 異変!ヤフコメに辛辣な安倍批判が殺到
17 倒産したジャパンライフと安倍側近
18 岸井成格が安倍官邸から受けた圧力
19 吉川晃司が「俺は現政権がでえっ嫌い」
20 加計幹部が官邸訪問、安倍と下村が
1稲田朋美が“代表質問”でトンデモ連発!
2朝ドラ『まんぷく』の憲兵より本物の憲兵のほうがヒドい
3徴用工判決ヒステリーの日本マスコミが触れない事実
4BTSの『Mステ』締め出しは原爆を口実にした韓国ヘイト
5安倍政権の水道民営化強行の裏! 日本の水道が崩壊
6片山さつきだけじゃない! “ほぼ全員スキャンダル内閣”
7マイケル・ムーア監督が安倍首相と日本の民主主義に危機感
8植村隆の名誉毀損裁判で不当判決!櫻井よしこの捏造を無視
9安倍首相が「消費税は全額社会保障に使う」をまた反故に!
10安田会見に坂上、東国原、土田らがゲス全開バッシング
11 橋下徹、ビートたけしらの安田さんバッシングが無知まるだし
12安倍首相が「文化の日」を「明治の日」に
13高市早苗が安倍官邸の意向で民主主義破壊のトンデモ国会改革案
14田崎史郎にも“国会通行証”疑惑が浮上!?
15安倍首相も桜田五輪相と同じ「事前通告がない」ウソの常習犯
16徴用工問題は本当に解決済みなのか?
17竹田恒泰が慰安婦像に「鼻クソの刑」ツイートの愚行
18入管法改正をめぐる安倍政権のデタラメ
19右派の大物が「われわれがケント・ギルバートを調教した」
20米・中間選挙を前に「トランプNO」ミュージシャンが続々

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄