平和への思いを表現した平昌の開会式とは真逆に? 東京五輪の演出は安倍が大好きな特攻賛美映画『永遠の0』の監督

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

安倍首相が山崎監督の『ALWAYS三丁目の夕日』『永遠の0』を絶賛

 それにしても、いったいなぜ、こんな映画監督をよりにもよって、世界中から注目される祭典の演出責任者に選んだのか。日本に国際的な評価を獲得しているクリエイターがいないわけではない。ぱっと思いつくだけでも、宮崎駿、塚本晋也、坂本龍一、北野武……少なくとも、山崎貴のように「それ誰?」ってことにはならない映画監督や劇作家はけっこういるはずだ。

 そこで思い出されるのが、安倍首相が山崎監督の映画を大のお気に入りだという事実だ。安倍首相は著書『美しい国へ』(文春新書)のなかで、『ALWAYS 三丁目の夕日』について「いまの時代に忘れられがちな家族の情愛や、人と人とのあたたかいつながりが、世代を超え、時代を超えて見るものに訴えかけてきた」「昭和30年代の日本では、多くの国民が貧しかったが、努力すれば豊かになれることを知っていた。だから希望がもてた」などと絶賛していた。

 『永遠の0』についても、原作を愛読書としてたびたび大絶賛しているだけでなく、映画館にも足を運び「感動しました」と感極まってみせた。最近も山崎監督の新作である『DESTINY鎌倉物語』を観に行ったことがニュースになっていた。

 たしかに、山崎監督のペラペラな作風は「映画好き」を公言するわりに映画的教養がまったく感じられない安倍首相が好みそうではある。

 しかも、取り上げるテーマも、安倍首相大好きなものばかりだ。先の戦争と特攻を美化する『永遠のゼロ』は言うに及ばず、『ALWAYS 三丁目の夕日』が美化した昭和33年も、安倍の祖父である岸信介が総理だった時代である。安倍首相にとって、山崎貴は、偉大なおじいちゃんとおじいちゃんを愛する自分を全面肯定してくれる監督なのだ。

 だからといって、安倍首相が直接、「山崎監督がいい」と圧力をかけたかどうかはわからないが、しかし、いまの東京五輪組織委員会やその周辺にいる官僚たちの様子を見る限り、“世界に通用するかいなか”よりも“安倍首相の趣味”を忖度して、人選をした可能性は十分あるだろう。

 いずれにしても、この人選やリオ五輪閉会式での日の丸を多用した演出、“安倍マリオ”を見ていると、東京五輪の開会式ではもっとグロテスクな愛国ポルノショーを世界にさらすことになるのではないか。今から恐ろしくてしかたない。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

平和への思いを表現した平昌の開会式とは真逆に? 東京五輪の演出は安倍が大好きな特攻賛美映画『永遠の0』の監督のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。安倍晋三山崎貴平昌五輪東京五輪永遠の0特攻隊編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 沢田研二が歌い続ける反原発、憲法9条
2 百田尚樹がウーマン村本とのバトルで
3 片山さつきの訴訟恫喝に非難殺到 
4 新文科事務次官は前川喜平に“口封じ”画策していた
5 籠池夫人が安倍夫妻、榮太郎、青山繁晴らの嘘と手のひら返しを暴露
6 ご当地アイドル自殺で自己責任論ぶつ松本人志に違和感
7 片山さつき大臣に国税への100万円口利き疑惑が浮上
8 稲田朋美が極右集会で小川榮太郎と
9 美智子皇后が誕生日談話で安倍にカウンター
10 菅に日歯連から3000万円迂回献金
11 蓮池透氏がさらに安倍の詐術を批判!
12 『朝生』で百田尚樹が徹底論破され大恥
13 室井「安倍を倒せ」に山本太郎の答えは
14 長渕剛が安倍政権を批判する新曲を発表
15 イオン文春裁判で高裁が高額訴訟を批判
16 中居がすべらない話でJのタブーに!
17 本田圭佑の朝鮮学校訪問と発言の勇気
18 三浦瑠麗が近財職員の自殺にトンデモ発言
19 櫻井よしこは嘘つきだ!小林節が告発
20 グッディ!土田マジギレ真の原因
1加計理事長会見で新聞・テレビ記者が徹底糾弾!
2加計理事長のデタラメ会見に加計学園の職員が
3ノーベル平和賞ムクウェゲ医師が批判した慰安婦問題
4籠池夫人が安倍夫妻、榮太郎、青山繁晴らの嘘と手のひら返しを暴露
5旭日旗問題で國村隼の発言は正論だ! 
6本田圭佑の朝鮮学校訪問と発言の勇気
7翁長前知事県民葬で菅官房長官に「嘘つき」の怒号
8百田尚樹がウーマン村本とのバトルで
9安倍首相がカジノ法で虚偽答弁!トランプ圧力やっぱりあった
10靖国神社宮司が天皇批判!右派勢力が陥る倒錯
11 片山さつき大臣に国税への100万円口利き疑惑が浮上
12民放連が改憲CMを無制限垂れ流しの方針
13茅ヶ崎市での慰安婦映画上映に慰安婦像を蹴った極右団体が
14 沢田研二が歌い続ける反原発、憲法9条
15稲田朋美が極右集会で小川榮太郎と
16テイラー・スウィフトのトランプ批判に拍手
17フジ、テレ東、NHKの入管PR番組と安倍政権の排外政策
18『ワイド!スクランブル』コメンテーター就任の柳澤秀夫に期待
19 スクープ! 神社本庁・田中総長が辞意を撤回
20新文科事務次官は前川喜平に“口封じ”画策していた

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄