『5時に夢中!』はタブーと戦うのをやめた? 大川貴史Pが「忖度しないと生きていけないなら、忖度もする」と発言

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
『5時に夢中!』はタブーと戦うのをやめた? 大川貴史Pが「忖度しないと生きていけないなら、忖度もする」と発言の画像1
TOKYO MX公式HPより


「言論の自由」を番組テーマに掲げ、いまやTOKYO MXの看板番組ともなった『5時に夢中!』。

 マツコ・デラックスやミッツ・マングローブといった毒舌タレントをテレビの世界に引っ張り出した番組としても知られており、もしも『5時に夢中!』という番組が存在しなかったら、いまのテレビ業界の分布図はまったく違うものになっていただろうとも評されている。

 そんな『5時に夢中!』の立ち上げプロデューサーである大川貴史氏がTOKYO MXの制作局長に昇進。「TV Bros.」(東京ニュース通信社)2017年7月15日号には、出世を記念しての大川氏へのインタビューが掲載されているのだが、それを読んでみると、「言論の自由」を掲げる番組のトップとは思えぬ、いささか残念な発言のオンパレードなのであった。大川氏はこのように語る。

「若い頃は純粋で、クリアで、そのものズバリ核心を突いてどうにかしようとするけど、でもそれでは変えられない。だから俺は社会正義を持って、忖度しないと生きていけないなら、忖度もするガハハ」
「結局さ、ルールに則っていないとやりたいこともできないんだよ。若い頃はこのルールを知らなかった。今なら知ってる…とは言い切れないけど、なんとなく感じることができるようになった」

 この発言だけでもう「変わっちまったな……」といった感じだが、大川氏の発言はまだまだ止まらない。

『5時に夢中!』の魅力といえば、下世話さだ。他のワイドショーであればそもそも取り扱わなかったり、取り扱ってもコメンテーターは穏便な発言で済ませるようなゴシップネタにも、『5時に夢中!』は堂々と斬り込んでいく。そこだけは変わらないでほしかったのだが、大川氏はこのように語っている。

「そもそもアグレッシブさって何だ?って話なんだよ。安易なゴシップに首を突っ込んでいた人たちもみんなそれぞれ大人になるわけで、ゴシップだけが楽しいとはならなくなるよね」
「周囲を取り巻く状況も変わっていく中で、自分の考えも、求められることも変わっていくし、それにだんだんできることと、できないことがわかってくる。悲しいかな、分別がついちゃう」
「背負ってるものも、12年前とは全然違うんだもの。これで食ってる人だっているんだから。今の自分は『番組が明日からなくなっていーや』にはならない。長く続けていくことに意味を感じている」

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

『5時に夢中!』はタブーと戦うのをやめた? 大川貴史Pが「忖度しないと生きていけないなら、忖度もする」と発言のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。5時に夢中5時に夢中!TOKYO MXマツコデラックス大川貴史編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 安倍こそ政治の犠牲になった国民を「悼む気持ち」のない冷淡政治家だった
2 岸田首相が性差別発言や統一教会擁護の安倍応援団・小川榮太郎をブレーンに
3 高橋治之と安倍晋三は親戚関係だった!安倍家の自宅購入資金も高橋弟が捻出
4 葵つかさが「松潤とは終わった」と
5 テレ朝で『モーニングショー』統一教会報道中止、ネット動画削除!
6 統一教会問題で下村博文と山谷えり子の呆れた開き直りと嘘
7 上西議員と佳子さまのメイクが同じ!?
8 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
9 小川榮太郎の安倍擁護本を東京地裁が14カ所も「真実性なし」と認定!
10 統一教会とズブズブ萩生田「政調会長」に批判殺到!一方、テレビは…
11 KADOKAWA夏野剛社長に新たな暴言が発覚! 一方、森喜朗には…
12 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
13 安倍晋三が「赤木ファイル」を冒涜するツイート!
14 「高齢者が都構想を潰した」はデマだ
15 NGT山口真帆が秋元康と指原莉乃に謝罪の謎!
16 東京都が東京五輪の観戦に子ども81万人を動員! 感染拡大中に通達
17 中山美穂ラブラブ写真に辻仁成は
18 統一教会が安倍トランプ会談を仕掛けた
19 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
20 岸田首相に「話が長くて中身がない」「何を言いたいのかわからない」と悪評
1高橋治之と安倍晋三は親戚関係だった!安倍家の自宅購入資金も高橋弟が捻出
2安倍こそ政治の犠牲になった国民を「悼む気持ち」のない冷淡政治家だった
3岸田首相が性差別発言や統一教会擁護の安倍応援団・小川榮太郎をブレーンに
4 統一教会問題で下村博文と山谷えり子の呆れた開き直りと嘘
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄