本田圭佑が若者の自殺に「政治のせいにするな」と理不尽説教! 蔓延る自己責任論…曽野綾子はいじめ自殺まで責め立てる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

曽野綾子はいじめ自殺被害者にまで自己責任論を……

〈たしかに、がんばることは大切です。
 生きていると、誰でもがんばらないといけない場面、無理をしないといけない場面に出くわすことはあります。
 仕事で多少無理をしてでもがんばった結果、成功を手に入れた人の話を聞いて「自分も、もっとがんばらなきゃ」と思っている人もいるかもしれません。
 しかし、がんばり続けて、プツンと切れてしまう人も多々います。
 日本では年々過労死する人が増えています。厚生労働省のデータでは2015年に過労死・過労自殺した人の数は482人にのぼりました。
(中略)
 そこで、がんばり続けてうまくいく人と、プツンと切れてしまう人には、どのような差があるかを考えてみましょう。
①「がんばっていることが自分自身で決めたことかどうか」
②「がんばったことの成果が分かりやすいか」
 というのが重要な要素になります。
(中略)
 ①と②が当てはまらないうえに長時間労働を強いられている場合、注意が必要です。この状態でがんばり続けると、精神的に大きなストレスを受けることになるからです。〉

 前述したように、本田のツイートには疑問の声が多く寄せられて炎上したわけだが、一方で、彼の意見に同調する者も少なからず存在した。本田の炎上騒動を話題にしたネット掲示板では、〈自殺する若い奴は責任転嫁の卑怯者〉という書き込みも見受けられた。

 このように、自殺を「自己責任」の一言で片付けるのは本田だけではない。たとえば、曽野綾子もそうだ。彼女は「週刊ポスト」(小学館)15年9月18日掲載の連載エッセイのなかで、15年7月に岩手県矢巾町の中学二年生の生徒がいじめを苦に自殺した事件を取り扱っているのだが、彼女はその原稿で、本田と同じ〈政治のせいにするな〉論を展開している。

〈こういう場合に、学校の責任が問われだしたのは、ごく近年のことのような気がする。戦前には、誰が自殺しようと、人権とか学校の責任とか言う人はなかった。それはあくまで当人の選んだ行為であり、もしそれが貧困から来る辛さであっても、政府や社会の怠慢という発想は皆無で、あくまで子供をそんな境遇にしかおけなかった親の責任であった。〉

 また、これに続けて彼女は、あろうことか、いじめが嫌だったのならやり返せばよかったとまで綴っている。

〈いじめもまた人間関係の一つの姿である。いい方法ではないと思うが、昔から、ことに男の子たちは、幼時に大なり小なりのいじめに遭って生きて、そのおかげで自分自身と他人と戦う方法も、争いを避ける方法も覚えてきたのだ。
(中略)
 食事中に教科書を投げつけられれば、汁がこぼれて教科書が汚れるだろう。しかしたかが教科書だ。机に頭を押さえつけられるのは屈辱だが、その場合は手を振り回して、できれば相手の顔をひっかいてやればいい。消しゴムを投げつけられたら、家でうまく投げ返すこつを練習することだ。朝会時に列に入れなければ、わざと脇に立ち続けて見せる。清掃時にほうきをぶつけられたら、これも投げ返す。
(中略)
 いじめを撲滅するには、個人の戦意も要る。学校が制度を作って生徒を守っても、卒業したその日から、世間は生徒だった子供を守ってはくれない。いじめは、電車の中にも、マーケットにも、銀行にも、どこにでもある。一番ひどいものは恐らく職場にあり、時には結婚生活にもあるだろう。一生それらと戦い続け、そのうちに素早くうまく和解して生きる方法を人は見つける。〉

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

本田圭佑が若者の自殺に「政治のせいにするな」と理不尽説教! 蔓延る自己責任論…曽野綾子はいじめ自殺まで責め立てるのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。曽野綾子本田圭佑米津玄師編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 安倍首相の“原爆の日”会見で暴力的な質問封じ! 朝日新聞記者の挙げた腕を
2 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
3 「ヨードうがい薬」吉村知事に「言いたいことも言えなくなる」“ポイズン吉村”と失笑の声
4 核廃絶やる気ない安倍首相 ICANは防衛予算でPCRセンター設置できると
5 菅官房長官のコロナ沖縄イジメに非難
6 内閣不支持62%、国会開くべき8割…それでも国会から逃げる安倍首相!
7 安倍昭恵夫人のウズハウスに出資者がIR汚職に絡んで特捜部に逮捕
8 吉村府知事の眉唾発表「うがい薬でコロナに勝てる!」にツッコミの嵐
9 安倍政権の“国会拒否”を田崎史郎と八代英輝がフェイク丸出しで擁護
10 “フジのスシロー”平井文夫解説委員と安倍夫妻の関係を物語る2枚の写真
11 葵つかさが「松潤とは終わった」と
12 『進撃の巨人』のシキシマはリヴァイ?
13 読売TV『あさパラ!』が岡田晴恵の容姿をからかうセクハラ的バッシング!
14 マツコがいじめ、弱者叩きの構造を喝破
15 吉村洋文知事がコロナワクチン開発でもペテン手口!
16 首相諮問会議入りした三浦瑠麗のトンデモコロナ言説
17 村上春樹が『猫を棄てる』で歴史修正主義と対決、父親の凄惨な戦中体験を
18 拉致問題「国民大集会」が安倍首相の礼賛大会に
19 広島原爆の日に安倍首相が卑劣な詐欺行為
20 自民党員の東京都医師会会長もブチ切れ「一刻も早く国会を開け」
1また打ち上げ失敗 ホリエモンのロケット事業に経産省が巨額の血税投入
2 Go Toのせいで軽症者用ホテル確保が困難に、でも菅官房長官は
3自民党員の東京都医師会会長もブチ切れ「一刻も早く国会を開け」
4 安倍政権の“国会拒否”を田崎史郎と八代英輝がフェイク丸出しで擁護
5内閣不支持62%、国会開くべき8割…それでも国会から逃げる安倍首相!
6安倍昭恵夫人のウズハウスに出資者がIR汚職に絡んで特捜部に逮捕
7 首相諮問会議入りした三浦瑠麗のトンデモコロナ言説
8韓国の“首相謝罪”像が意外な展開に…「安倍首相は日本国民に謝れ」の声
9吉村府知事の眉唾発表「うがい薬でコロナに勝てる!」にツッコミの嵐
10菅官房長官のコロナ沖縄イジメに非難
11天皇が元SEALDs 奥田父を招きネトウヨが批判、雅子皇后は貧困問題に関心
12「布マスク、さらに8千万枚」に国民の不満が殺到、小泉今日子も疑問の声!
13安倍首相の“原爆の日”会見で暴力的な質問封じ! 朝日新聞記者の挙げた腕を
14大阪のコロナ陽性率は東京の倍…それでも吉村知事は自粛呼びかけず
15小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
16専門家の意提案を拒否する安倍政権、政権のいいなりになる尾身茂会長
17日本のPCR検査数は世界158位、死亡率もアジアで最悪レベル
18小学館で新たに3人がコロナ感染も外部には公表せず!
19核廃絶やる気ない安倍首相 ICANは防衛予算でPCRセンター設置できると
20RADWIMPS野田洋次郎の優生思想丸出し差別発言の背景にあるもの

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄