石橋貴明「いまのテレビに閉塞感」発言に失笑…フジ日枝会長に守られて馴れ合い番組を垂れ流すお前が言うな!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
tunnels_161009.jpg
とんねるずオフィシャルホームページより


 とんねるずの石橋貴明が、最近のバラエティ番組のあり方に対して行った発言が波紋を呼んでいる。

「「こうやったらまずいな」って考えちゃうような、閉塞感が全てにおいてテレビをつまんなくしちゃっている気がします。僕らの子ども時代は、例えばドリフターズさんがいて、食べ物を粗末にしてるんだけど、それで「子供に見せたくない番組ワーストワン」とかになるんだけど、そんなことはみんながちゃんと(いけないことだって)分かっていてやっていたし。でも、今は、その前の時点でロックかけられちゃう、みたいなね」(2016年10月3日付「日刊スポーツ」)

 まあ、石橋の指摘はまちがってはいない。以前、ビートたけしも「オイラも昔のように言いたい放題できなくなってるね。政治的な内容どころか、下ネタやカツラネタまで、ありとあらゆる分野で「アレは言っちゃダメ」「これもダメ」って先回りして注意されちゃう」(「SAPIO」2015年5月号/小学館)と、石橋と同種のことを語っており、古くからテレビで活躍し続けている芸人には共通の悩みとも言えるのかもしれない。

 ただ、石橋のこの発言には、違和感を抱かずにはいられない。石橋の言う「閉塞感」や「ロック」を解き放った先にあるのは、「自由な表現」や「新しい笑い」ではなく、昭和時代と地続きな、セクハラやパワハラが横行する世界なのではないか。

 というのも、これまでのとんねるずの番組づくりを紐解いていくと先にあげたようなハラスメントの末にある不祥事のオンパレードだからだ。

 昨年10月15日放送『とんねるずみなさんのおかげでした』(フジテレビ)内の「新・食わず嫌い王決定戦」にゲスト出演した西内まりやに対して、石橋が何度も胸を触ろうとし、もうひとりのゲストである俳優のヒュー・ジャックマンも唖然。放送終了後に炎上した件は記憶に新しいが、こういったセクハラ炎上騒動は枚挙にいとまがない。

 02年には『うたばん』(TBS)にゲスト出演したZONEのメンバーMIZUHO(当時15歳)に対し、「チンポコの先」というあだ名をつけ、放送中その言葉を執拗に繰り返した。さらに、罰ゲームで彼女に水をかけられれば「先っちょがビチョビチョです」、パン粉がかけられれば「先っちょ、粉ふいてんじゃねぇか」と追い打ちをかけ、放送終了後には抗議が殺到。TBSの砂原幸雄社長(当時)が定例会見で謝罪する騒動にも発展している。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

石橋貴明「いまのテレビに閉塞感」発言に失笑…フジ日枝会長に守られて馴れ合い番組を垂れ流すお前が言うな!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。とんねるずハラスメントフジテレビ新田 樹石橋貴明の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
2 特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
3 ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
4 もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
5 菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
8 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
9 安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
10 吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
11 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
12 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
13 ぼうごなつこ『100日で崩壊する政権』は安倍政権のインチキの記録
14 大阪に看護師不足は維新のせい!橋下徹は看護師の給料を「バカ高い」と攻撃
15 百田尚樹『殉愛』裁判で晒した嘘と醜態
16 オリラジの吉本興業退所でマスコミが触れない松本人志をめぐる圧力
17 羽田雄一郎参院議員の死が示すコロナ検査の現実
18 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
19 菅義偉首相の言い訳がホラー「専門家が年末年始に感染者が少なくなると」
20 安倍首相が会見も新しい対策ゼロ! 質問打ち切りに記者から怒号
1菅首相が官房機密費87億円を自分に支出 総裁選出馬前日に9000万円
2菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
3もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
4感染者560人! 吉村知事の「感染拡大が抑えられている」に非難殺到
5ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
6菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
7吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
8菅首相は「五輪を実現」と断言、森喜朗会長も「中止はできない」
9菅義偉首相の言い訳がホラー「専門家が年末年始に感染者が少なくなると」
10安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
11特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
12菅首相 緊急事態宣言の記者会見で露呈したヤバさ!結婚式みたいなセリフが
13 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄