北海道の男児行方不明で「父親の殺人」のデマ…寝屋川の事件でも見せたネットとマスコミの醜悪な“子殺し事件化”願望

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 言っておくが、これは結果論で言っているわけではない。権力をもつ政治家や自らメディアに露出している有名人なら疑惑段階でいろんな追及を受けても当然だろう。しかし、彼らはなんの反論の場ももっていない一般市民なのだ。そんな弱者に対して、なんの証拠もないのに探偵気取りで嬉々として「犯罪者」扱いするというのは、どうかしているとしか思えない。

 しかも、こうしたネットやメディアの暴走は今回の騒動がはじめてではない。むしろ、最近は、子どもが関係する事件が大きく報じられるたびに、事件の全容が明らかになる以前から「親の子殺し」と決めつける言説が流布されることが、パターン化している。

 たとえば、昨年2月に川崎市の河川敷で中学1年生が、少年グループに暴行の末殺害された事件では、報道直後から被害者少年の母親が犯人だとする言説がネットで跋扈した。他にも、昨年8月、大阪府寝屋川市の中学生男女2人が行方をくらましたあと遺体で発見された事件でも、ネットでは母親の犯人説や虐待死隠蔽説が流れ、一部の週刊誌記者までも、その線で取材を進めていたという。

 しかも、これらはすべて最初から捜査関係者が「ありえない」といっていたなんの根拠もないデマだった。ようするに、彼らは行方不明を心配しているわけでも、殺人事件の真相を追及しようとしているわけでもない。エンタテインメントとして事件を消費するために、最初から「子殺し」という“刺激的なニュース”をつくろうとしているだけなのだ。そしてこの自分勝手な欲望を満たすために、被害者の家族を晒し者にし、粗探しをして、袋叩きにする。

 繰り返すが、権力を持つ公人やマスコミに露出している有名人なら疑惑を徹底的に追及して言論で批判するのは当然だ。むしろ、何度チェックしてもしすぎるということはない。

 しかし、この国のメディアやネットの動きは全く逆だ。公権力を批判的に検証する報道や言論をほとんど行わず、大手芸能プロの芸能人はどんな不祥事を起こしても一切報道しない。それどころか、数少ない真っ当な権力批判を「偏向」「反日」と攻撃し、つぶしにかかる。一方で、相手が反論する術を持たない一般人となると、まるでその憂さを晴らすように嬉々として“妄想的バッシング”を繰り広げるのだ。

 この国のメディアやネットのグロテスクな状況をなんとかしないと、このつけは必ず国民に返ってくるだろう。
(宮島みつや)

最終更新:2017.12.05 10:17

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

北海道の男児行方不明で「父親の殺人」のデマ…寝屋川の事件でも見せたネットとマスコミの醜悪な“子殺し事件化”願望のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ネトウヨマスコミ宮島みつや教育の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 平井大臣のNTT接待「割り勘」は嘘、「文春」から取材受け慌てて支払い!
2 葵つかさが「松潤とは終わった」と
3 駐豪大使が「旭日旗が見られて喜ばしい」とツイート、豪でも批判が殺到!
4 共産党議員の不可解書類送検の裏に安倍の元秘書官の埼玉県警本部長就任
5 年金データのマイナンバーはやはり中国に流出か…厚労省部会の報告書が指摘
6 佳子内親王の「姉の一個人の希望を」に批判殺到はおかしい
7 防衛省が予算増PRのためインフルエンサー100人に接触計画、一体誰が?
8 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
9 八代の降板なし『ひるおび!』のダブスタ 室井佑月と上地雄輔で対応の差
10 デジタル担当相・平井卓也は電通と組んでネット情報操作を始めた張本人
11 デーモン閣下が相撲ファンの差別に苦言
12 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
13 フジ系『最高のオバハン』が結婚詐欺師の名を小室氏と一字違いの「小室敬」に
14 安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
15 倉持仁院長の総裁選をめぐる正論に橋下徹やネトウヨがいちゃもん
16 小室圭さんをとにかく糾弾したいワイドショーの事実歪曲とグロテスクな差別性
17 デジタル庁初代大臣に平井卓也が居座り!オリパラアプリ業者との癒着
18 高市早苗の最側近は「生産性がない」杉田水脈でテレビ局にも同行!
19 愛知リコール不正は維新にも責任 事務局長は維新の衆院選公認候補
20 室井佑月の『ひるおび!』降板で麻木久仁子が滝川クリステルに疑問
1安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
2山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
3八代の降板なし『ひるおび!』のダブスタ 室井佑月と上地雄輔で対応の差
4八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
5総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
6 共産党議員の不可解書類送検の裏に安倍の元秘書官の埼玉県警本部長就任
7平井大臣のNTT接待「割り勘」は嘘、「文春」から取材受け慌てて支払い!
8河野太郎に実は「コロナわかってない」説! 今頃、パルスオキシメーター解説
9高市早苗が右翼隠しに躍起! 反ワクチン極右活動家が高市支持デモ計画も
10 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
11倉持仁院長の総裁選をめぐる正論に橋下徹やネトウヨがいちゃもん
12高市早苗の最側近は「生産性がない」杉田水脈でテレビ局にも同行!
13駐豪大使が「旭日旗が見られて喜ばしい」とツイート、豪でも批判が殺到!
14 防衛省が予算増PRのためインフルエンサー100人に接触計画、一体誰が?

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄