パナマ文書が暴露! タックスヘイブンで“税金逃れ”していた日本の大企業とは…文書に「DENTSU」の名前

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
panamabunsho_01_160409.jpg
国際調査報道ジャーナリスト連合が公開しているパナマ文書のウェブページより


 ロシアのプーチン大統領の「金庫番」側近は総額20億ドル(約2200億円)。他にも、中国の習近平国家主席の親戚や英国のキャメロン首相、シリアのアサド大統領、ウクライナのポロシェンコ大統領、サウジアラビアのサルマン国王の関係者がタックスヘイブン(租税回避地)を利用した租税回避行為を繰り返していた──。

 この事実を明らかにしたのはパナマの法律事務所「モサック・フォンセカ」から流出した「パナマ文書」。「モサック・フォンセカ」はタックスヘイブン(英領バージン諸島、ガーンジーなど)での会社設立を代行するビジネスを展開しており、その顧客情報が内部リークもしくは外部ハッキングで流出し南ドイツ新聞を通じて「国際調査報道ジャーナリスト連合」(ICIJ)に渡ったのだ。

「パナマ文書」は「モサック・フォンセカ」の40年に渡って記録した1100万件以上の文書で、データ量は、2.6テラバイト(2600ギガバイト)にのぼり、現在確認されただけでも、各国の首脳や首脳経験者12人を含む政治家など140人がタックスヘイブンを利用して金融取引などを行っていたという。

 こうした行為は税法の抜け穴を巧妙に利用した「租税回避行為」であり、刑事罰の対象にはならない。しかし、名前が明らかになれば、自国の税金を免れようとする銭ゲバぶりに、社会的な信用はガタ落ち必至だろう。

 実際、これをうけて、2008年のリーマンショックで自国が金融危機に陥るなか資産隠しをしていたと報道されたアイスランドのグンロイグソン首相は4月5日、辞任を表明した。今後、各国でまだまだ騒動は広がっていくだろうと思われる。

 そして、それは日本も例外ではない。報道されているように、このパナマ文書には、日本人、日本企業の名前も多数含まれていた。

 いったいどういう企業や企業経営者が税金逃れをしているのか。すでに、警備大手のセコムの創業者や親族がこのパナマ文書に記載があり、「700億円」を超す大量の株式をタックスヘイブンに移転していたことが、事実として確認されている。

「複数の法人が1990年代にタックスヘイブンにつくられ、創業者で取締役最高顧問の飯田亮氏と元取締役最高顧問の故・戸田壽一氏の保有するセコム株の一部が移転していた(当時の取引価格で計700億円を超す大量のセコム株)。さらに、それらのセコム株が二人の相続人が関係する別の法人に移転するスキームが作られていた。法人の税制が軽減されているタックスヘイブンでの移転で日本の相続税や贈与税を免れようという意図があったのでしょう」(新聞記者)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

パナマ文書が暴露! タックスヘイブンで“税金逃れ”していた日本の大企業とは…文書に「DENTSU」の名前のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。パナマ文書三菱商事小石川シンイチ税金電通の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 THE MANZAIウーマン村本のもう一つの凄さ
2 池松壮亮、塚本晋也の時代劇『斬、』が深い
3 三浦瑠麗に自民党山口県連から54万円、田崎史郎にも計38万円
4 百田尚樹がウーマン村本とのバトルで
5 入管法改正をケント・ギルバートが批判
6 ウーマンが『THE MANZAI』で怒涛の政治ネタ
7 百田尚樹が村本とのバトルで「安倍が噂真を廃刊に追い込んだ」デマ
8 官製映画会社が22億円の公金をドブに
9 自民党が「護憲派を敵とみなしネガキャンせよ
10 安倍政権の国会蹂躙がヤバすぎ! 議長が言論封殺、自民理事が暴力
11 女性蔑視はとろサーモン久保田、スーマラ武智だけじゃない
12 安倍が『委員会』でネトウヨトーク!
13 『朝生』で百田尚樹が徹底論破され大恥
14 元旦朝生のウーマン村本は間違ってない
15 在日差別に怯え続けた芸能人の苦悩
16 嵐の暴露本出版!メンバーの不仲話も
17 森友学園が麻生財務相側近に口利き依頼
18 2018「芸能人よく言った大賞」発表
19 安保法で中居正広が松本人志に反論!
20 フジ特番が触れなかった津山事件の真相
1水道民営化が参院委員会で可決!安倍政権と水メジャーの癒着
2安倍政権の国会蹂躙がヤバすぎ! 議長が言論封殺、自民理事が暴力
3田崎に続き三浦瑠麗にも自民党から金
4水道民営化法案が強行成立! 池上彰、石原良純も危険性を指摘
5 安倍首相が外国人実習生死亡の事実に「知らない」と無責任答弁
6入管法改正案が法務委で強行採決!
7THE MANZAIウーマン村本のもう一つの凄さ
8麻生財務相が「人の税金」で“愛人のクラブ”に792万円!
9 入管法改正をケント・ギルバートが批判
10三浦瑠麗に自民党山口県連から54万円、田崎史郎にも計38万円
11 沖縄・辺野古への土砂投入強行にアベ友企業が協力
12浦沢直樹が大阪万博誘致を「万博という発想、古くさい」と批判
13 入管法強行採決に『ひるおび』田崎、八代らが「野党が悪い」
14 水道民営化で自然災害が起きても復旧が困難に
15憲法審査会強行でちらつく安倍改憲へのシナリオ
16百田尚樹『殉愛』裁判で晒した嘘と醜態
17香山リカが講演会中止に危機感!「ダブスタ」攻撃にも反論
18自民党が「護憲派を敵とみなしネガキャンせよ
19天皇・皇后が発信し続けた安倍政権の排外主義への危機感
20秋篠宮が「大嘗祭」には秘密の儀式が

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄