今度は化粧説が! 繰り返す体調不良情報の一方で安倍首相が送る脂っこい美食三昧の日々…真相はどっちだ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 だが、安倍首相の場合、こうした情報をそのまま鵜呑みにするわけにはいかない。というのも、一方で安倍首相は最近も美食を堪能し、その健啖ぶりを見せつけているからだ。

 例えば10月18日には駐日イタリア大使らと銀座イタリア料理「ジャッジョーロ銀座」で会食、翌19日には菅義偉官房長官や荒井広幸新党改革代表らと六本木のアークヒルズのステーキ店「そらしお」で会食を楽しみ、さらに20日には佐藤正久、世耕弘成といった親衛隊議員と四谷の焼肉屋「龍月園」で舌鼓を打っている。またこの11月にもソウルでの日韓首脳会談後、韓国料理店で駐韓日本大使らと昼食を取り、高級霜降りリブロースセットや味付けカルビを頬張ったという。

 こうした“ご馳走三昧”は安倍首相が総理就任以来、マスコミ幹部や、政界、財界関係者などと会食を繰り返したことで話題となったが、その多くはかなり豪勢なもので、決して腸の持病を持つ人物にとって“体に良い”とは思えないものばかりだ。

 たとえば月刊ビジネス誌「リベラルタイム」(リベラルタイム出版社)15年11月号では、これまで安倍首相が行った高級店に記者が赴き、安倍首相が何を注文したかをレポートしているが、それを見てもかなり脂っこいものを食べていることがわかる。

 同誌の記事を参考に、その食事内容を紹介してみよう。

●2015年1月4日 富士フイルムホールディングス・古森重隆会長夫妻、昭恵夫人と神奈川県横浜市の日本料理「九つ井 本店」。
 平均予算は10000円という創業50年の高級店だ。「もともと古森会長は、いつもうちをごひいきにして下さいまして、安倍総理は古森会長とご一緒に来店されました。完全にプライベートでのお食事でしたので、普段と違い、ラフなご様子でした。お召し上がり頂いたお料理は、牛肉やアワビ等をいろりの炭火で焼いて食べる九つ井定番のスタイルで、シメにおそばをお出しするコースです」(当時安倍首相の接客を務めた店員・記事より)。

●3月28日 昭恵夫人、母・洋子、実弟・岸信夫衆議院議員と東京都港区芝浦にある「中国飯店倶楽湾」。
 夜は6000円〜20000円のコースがある。記事によると、この日の家族会食をセッティングしたのは岸信夫で、コース料理の一部として提供されるのは「ロブスターの上湯炒め」だという。

●4月18日 昭恵夫人、親族と共に虎ノ門にあるホテル「アンダーズ東京」51階の「アンダーズ タヴァン」。
 料理のコンセプトは日本の旬の食材を使ったヨーロッパ地方料理。「看板メニューは、メインディッシュの一つでもある『山梨県産ハーブチキンのクレイボット。源泉素材のチキンを丸ごと一羽使用し、新鮮な野菜、ワイン、シェリー酒等と一緒にクレイボット(土鍋)に入れ、オーブンでじっくりと焼き上げた一品』(記事より)。予算は夜15000円ほど。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

週刊現代 2015年11月7日号

  • Yahoo! ショッピングの詳細ページへ
  • セブンネットショッピングの詳細ページへ

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

今度は化粧説が! 繰り返す体調不良情報の一方で安倍首相が送る脂っこい美食三昧の日々…真相はどっちだ?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。伊勢崎馨安倍晋三の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 スポーツ選手に五輪問題を問うのは誹謗中傷でない!有森裕子、平尾剛の発言
2 「救急搬送困難」続出で菅首相が「重症・重症化リスク以外は入院させない」の棄民方針!
3 東京は濃厚接触者も検査できない!それでも西村康稔は「直ちに検査を」
4 安倍晋三が「東京五輪」語るも、1年延期の理由は大嘘 歴史改ざん
5 検察審査会「不起訴不当」は当然!桜前夜祭の損失補填に安倍本人関与の根拠
6 福島で甲状腺がんがさらに増加も黙殺
7 葵つかさが「松潤とは終わった」と
8 五輪関係者が入国当日、築地を散歩! 
9 五輪サッカー・久保建英が南アの陽性者に「僕らに損ではない」と無神経発言
10 感染3000人超でもテレビは五輪一色、加藤浩次が“五輪無罪”を主張
11 病床を削減した病院に消費税でご褒美…病床削減推進の改正医療法が成立か
12 IOC幹部の発言で安倍の責任が明白に…「1年以内延期」「再延期なし」ゴリ押し 
13 五輪海外選手の猛暑への批判に同調の為末大が猛暑懸念の声を「反安倍」と
14 感染3177人で小池百合子が会見トンズラ!「一人暮らしは自宅を病床」暴言も
15 首相官邸のSNSはやはり電通が仕切っていた! 高橋まつりさんも母親に
16 川島なお美が近藤誠の診断を告発
17 菅首相「五輪中止ない」の理由「人流減った」「新たな治療薬確保」は大ボラ
18 五輪で “濃厚接触者との対戦拒否できず”のルールがこっそりできていた
19 椎名林檎が「国民全員が組織委員会」
20 久米宏が終了決定のTBSラジオで田中真紀子と
1検察審査会「不起訴不当」は当然!桜前夜祭の損失補填に安倍本人関与の根拠
2大ウソだらけの東京五輪! 安倍・菅・森はどんな嘘をついてきたか
3 スポーツ選手に五輪問題を問うのは誹謗中傷でない!有森裕子、平尾剛の発言
4「救急搬送困難」続出で菅首相が「重症・重症化リスク以外は入院させない」の棄民方針!
5安倍晋三が「東京五輪」語るも、1年延期の理由は大嘘 歴史改ざん
6五輪サッカー・久保建英が南アの陽性者に「僕らに損ではない」と無神経発言
7菅首相「五輪中止ない」の理由「人流減った」「新たな治療薬確保」は大ボラ
8感染者急増、医療逼迫でもテレビは「五輪金メダル」報道一色、コロナ無視!
9五輪入場行進にすぎやまこういちの曲、杉田水脈のLGBT差別に同調
10五輪海外選手の猛暑への批判に同調の為末大が猛暑懸念の声を「反安倍」と
11五輪で “濃厚接触者との対戦拒否できず”のルールがこっそりできていた
12感染3177人で小池百合子が会見トンズラ!「一人暮らしは自宅を病床」暴言も
13五輪開会式演出の小林賢太郎が“ユダヤ人大量惨殺ごっこ”ギャグで解任!
14組織委は「復興」ないがしろ!被災3県の子どもの深夜動員にも批判 
15感染3000人超でもテレビは五輪一色、加藤浩次が“五輪無罪”を主張
16五輪入場行進曲の作曲者名カットはすぎやまこういち隠し?それとも
17東京は濃厚接触者も検査できない!それでも西村康稔は「直ちに検査を」

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄