貧困に耐えかね「ウリ専」に走るノンケ男性が急増中? 知られざるゲイ向け風俗の世界

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 そこには、ゲイの客がもつ、セクシャルマイノリティだからこその「慎み」「思いやり」のようなものが関係している。

「どこか後ろめたさがあって、その裏返しに思いやりっていうか、そんなのがあるんです。それでいて同じ男っていう気安さもあって。でも女性はそうじゃないんですよね。要するに剥き出しなんです」(前掲書より)

 普段、そんな男性客を相手にしているだけに、珍しく女性客を相手にすると、自分たちは女性客から“種馬”のように見られているんじゃないかと感じる人もいるほどだ。

 しかし、筆者である松倉すみ歩氏は、ボーイたちがそう感じる理由として、「思いやり」以外にも理由があると分析している。

 男性と性行為をすることはノンケの彼らにとって「非日常」であり、そのなかでは、自分が身体を売っているという意識が希薄になるが、女性とセックスすることは日常と地続きであり、それが「自分はいま売春している」という事実をまっすぐに突きつけてくるので戸惑いの感情が生まれてくるのではないか、というのだ。

 さて、冒頭に紹介した「宝島」の記事では、“貧困”がウリ専に走らせていると書かれているが、貧困以外の理由でウリ専の扉を叩く人も、もちろん存在する。そのなかでも多いのが、芸能界に入るきっかけを求めてボーイになるパターンだ。

 クリエイティブな職についている人はゲイの比率が高いと言われている。ウリ専の仕事を続けていれば、芸能関係の職種の客と出会う機会も多い。そういった出会いのなかで、業界関係者に見初めてもらおうと考える音楽家やモデル、俳優の卵は多い。実際、真偽不明の噂レベルの話ではあるが、演歌歌手の氷川きよしや俳優の成宮寛貴は、デビュー前にウリ専の経験があったのではとも言われている。

 以上、紹介してきたウリ専の世界だが、いくらお金を稼いでも、貯金などはまったく増えず、生活状態がより不安定になるケースが多いという。その理由は「金銭感覚の乱れ」だ。ちょっとした移動にもタクシーを使うようになるなど、小さなところから確実におかしくなっていく金銭感覚。一度壊れたその感覚は復活することはなく、何度足抜けしても、またウリ専の世界に復帰してくる人は後を絶たない。
 
 どうしても仕方がない事情があったとしても、夜の世界に足を踏み入れるのであれば、相当の覚悟と自制の気持ちを持ち続けていなければ、結局、“貧困”から抜け出すことはできない。それどころか、昼の仕事に戻ることすらも困難にさせてしまう。厳しい世界なのである。
(田中 教)

最終更新:2016.08.05 06:39

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

宝島 2015年8月号

  • 楽天ブックスの詳細ページへ
  • Yahoo! ショッピングの詳細ページへ
  • セブンネットショッピングの詳細ページへ

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

貧困に耐えかね「ウリ専」に走るノンケ男性が急増中? 知られざるゲイ向け風俗の世界のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。水商売田中 教貧困の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
2 箕輪のセクハラを告発した女性が暴露したエイベックス松浦の疑惑
3 内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
4 官邸が黒川検事長の“賭け麻雀”を悪用、稲田検事総長に「辞職」圧力
5 田崎史郎が“黒川検事長と賭けマージャン”を正当化!
6 テラスハウスの出演者がセクハラ告白
7 自民党がネトサポに他党叩きを指南
8 検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
9 検察庁法改正でダダ漏れ指原莉乃の政権批判を封じたい本音
10 葵つかさが「松潤とは終わった」と
11 黒川検事長と賭け麻雀、産経記者が書いていた黒川定年延長の擁護記事
12 検察OB意見書にあったロックの言葉を訳した安倍の大学時代の教授が
13 河井克行前法相は東京の“緊急事態宣言解除”の直後に「逮捕許諾請求」
14 喜多嶋舞が大沢樹生に大反論!
15 窮地の安倍首相が櫻井よしこの「言論テレビ」に逃げ込み嘘八百!
16 宮台真司が沖縄県知事選を語る!
17 議事録改ざん繰り返す安倍政権の危険性
18 三浦瑠麗の〈#検察庁法改正案に抗議します〉攻撃の間違いを徹底検証
19 農家の安倍内閣支持率が18%に激減
20 岡村隆史問題で松本人志の逃げ方、古市憲寿のスリカエがひどい
1官邸が黒川検事長の“賭け麻雀”を悪用、稲田検事総長に「辞職」圧力
2窮地の安倍首相が櫻井よしこの「言論テレビ」に逃げ込み嘘八百!
3検察は河井克行を逮捕できるのか? 捜査は買収の原資“安倍マネー”に
4検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
5田崎史郎が「#検察庁法改正に抗議します」で“黒川と安倍は近くない”と嘘
6安倍応援団の攻撃に怯まない「#検察庁法改正に抗議します」の有名人たち
7検察庁法改正で松尾元検事総長が安倍首相を「中世の亡霊」と批判!
8検察庁法改正が抗議の声を無視し強行採決へ! 安倍首相は嘘八百会見
9三浦瑠麗の〈#検察庁法改正案に抗議します〉攻撃の間違いを徹底検証
10黒川検事長と賭け麻雀、産経記者が書いていた黒川定年延長の擁護記事
11検察OB意見書にあったロックの言葉を訳した安倍の大学時代の教授が
12内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
13河井克行前法相は東京の“緊急事態宣言解除”の直後に「逮捕許諾請求」
14田崎史郎が“黒川検事長と賭けマージャン”を正当化!
15松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
16国会で井浦新、宮本亜門の批判を突きつけられた安倍首相が…
17加藤清隆、百田尚樹ら「#検察庁法改正案に抗議します」攻撃のトンデモ
18 百田尚樹と対照的! 橋本愛が「文化・芸術は死んだ心を生き返らせる」
19検察庁法改正でダダ漏れ指原莉乃の政権批判を封じたい本音
20岡村隆史問題で松本人志の逃げ方、古市憲寿のスリカエがひどい

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄