安保法制めぐりジブリ高畑勲監督が静かに警告「日本人の体質は戦前から何も変わっていない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 この戦争に対する論理的な思考、冷静な視線は、自身の作品に対しても同様だ。本サイトでも以前お伝えしたが、高畑監督はこれまで「『火垂るの墓』では戦争を止められない」といくども主張してきた。曰く「昨今の良心的な反戦映画」もそうだ。現在の「反戦映画」は「自分は家族を守るために戦地へいく」としきりに強調する。だが高畑監督は、それは「お国のため、天皇陛下万歳では、今の人が共感できないから、そのかわりに客の同情をえるためです」と分析し、こうした言葉は「詭弁だ」と断言するのだ。

 これは、高畑監督自身が、小学校4年生のときに空襲を受けた体験があるからこそ言えることだろう。空襲の夜、焼夷弾が降り注ぐなか、高畑監督は姉と2人、裸足で逃げた。爆弾の破片が身体に突き刺さり失神した姉を必死で揺り起こしたという。一夜明け、自宅のほうに戻ると、遺体だらけだった。「生きているかのような姿で亡くなっていた。ガタガタと震えが止まらなかった」。そう、先月の岡山市での講演会でも語っている。

 戦禍の悲惨さは、彼自身が身をもって知っている。それでもなお、こうした体験を語ったとしても、戦争を止める力にはなりえないのだと言う。なぜならば、どれだけ戦争被害の苦しみを表現しようが、安倍晋三のような政治家は必ず「二度と悲劇を繰り返さないために、自衛力を強化する」と主張するからだ。戦争体験を描き、語ることは人々の情緒に訴えかけるが、しかし同時に、為政者によって「そんなひどい目にはあいたくない」という切実な思いを利用され、「自衛のための戦争」に向かわされてしまう。

 しかも、日本は戦前からの“ズルズル体質”を受け継いでいる。ゆえに、ひとたび「戦争のできる国」になると、政府が命令するまでもなく、人々自らが打って一丸となる。だからこそ、高畑監督は“歯止め”としての憲法9条の必要性を強く訴えかけるのだ。

「ようするに、政府が戦争のできる国にしようというときに“ズルズル体質”があったら、ズルズルといっちゃう。戦争のできる国になったとたんに、戦争をしないでいいのに、つい、しちゃったりするんです」
「賢そうな顔していますよね、安倍っていう人は。でも、いくら賢そうでも、小賢しいといいますかね。あの人もある時点で引退するんでしょうが、そのあとも日本には臨機応変に対処する能力はないと思う。そうした場合にどうするか。日本がずっとやってきた“ズルズル体質”や、責任を取らせない、責任が明確にならないままやっていくような体質が、そのまま続いていくに決まっている。そうしたら、歯止めがかからないのです。だから絶対的な歯止めが必要。それが、9条です」
「『普通の国』にならないで『9条によって縛られる』と言っていいのです。9条によって縛られているからこそ、われわれは知恵を出さないわけにはいかない。原発だってそう。原発をやめると決めたら、もう、知恵を出さざるをえないじゃないですか」

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

ジブリの教科書4 火垂るの墓 (文春ジブリ文庫)

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

安保法制めぐりジブリ高畑勲監督が静かに警告「日本人の体質は戦前から何も変わっていない」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。憲法梶田陽介の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 「桜を見る会」安倍前首相の大嘘答弁・醜態総まくり
2 菅首相が8000万円パーティ、安倍前首相と同じ政治資金報告書不記載、補填疑惑
3 吉村洋文知事「命の選別」発言は事実! “治療を高齢者から若者に”
4 『スシローと不愉快な仲間たち』12 安倍首相の寒すぎるポエム
5 安倍が宇野教授を任命拒否したのは宇野教授の父から批判された逆恨みか
6 中居がすべらない話でJのタブーに!
7 葵つかさが「松潤とは終わった」と
8 小田嶋隆・武田砂鉄対談 後編 糸井重里と松本人志をあらためて語る
9 検察がつかんだ「桜」前夜祭の公選法違反証拠!費用補填800万円の明細
10 ぼうごなつこ『100日で崩壊する政権』は安倍政権のインチキの記録
11 小田嶋隆・武田砂鉄対談 前編 ツイッターで安倍政権とどう向き合うか?
12 菅首相に飛ばされた元総務官僚が語った恐怖支配!「あそこまでひどい人は…」
13 菅首相の遅すぎる「GoTo見直し」はキャンセル料補填しないためか!
14 『あさが来た』は籾井の機嫌取り企画
15 学術会議任命拒否 宇野重規教授が書評「暴君」論で菅首相批判か
16 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
17 大阪のコロナおざなり対策が酷すぎる!重症病床使用率もごまかし
18 菅首相が生出演『ニュースウオッチ9』めぐり内閣広報官がNHKに圧力
19 植村隆裁判の不当判決で調子に乗る櫻井よしことネトウヨ
20 ネトウヨ局アナ・小松靖がテレ朝看板ニュース番組のメインキャスターに!
1 安倍晋三が調子に乗っている! 極右集団「創生日本」再始動
2菅首相の遅すぎる「GoTo見直し」はキャンセル料補填しないためか!
3大阪のコロナおざなり対策が酷すぎる!重症病床使用率もごまかし
4吉村洋文知事「命の選別」発言は事実! “治療を高齢者から若者に”
5菅、安倍、森がバッハ来日で…コロナ隠しにGoTo続行、NHKに圧力
6コロナ再拡大の最大の戦犯は菅首相!専門家の指摘無視「静かなマスク会食」
7検察がつかんだ「桜」前夜祭の公選法違反証拠!費用補填800万円の明細
8 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
9安倍が宇野教授を任命拒否したのは宇野教授の父から批判された逆恨みか
10 学術会議任命拒否 宇野重規教授が書評「暴君」論で菅首相批判か
11菅首相が8000万円パーティ、安倍前首相と同じ政治資金報告書不記載、補填疑惑
12「桜を見る会」安倍前首相の大嘘答弁・醜態総まくり
13『スシローと不愉快な仲間たち』12 安倍首相の寒すぎるポエム
14小田嶋隆・武田砂鉄対談 後編 糸井重里と松本人志をあらためて語る
15小田嶋隆・武田砂鉄対談 前編 ツイッターで安倍政権とどう向き合うか?

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄