最強“肉食女子”深田恭子! 何人とつきあっても汚れない強度を見習え

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
fukadakyoko_140928.jpg
『(un)touch』(講談社)

 芸能界最強の肉食女子は誰?と聞かれたら、みなさんはどう答えるだろう。人妻になってもなお佐藤健とお泊りデートをしてしまう広末涼子か、はたまたネット上で“ビッチ”の称号を与えられている長澤まさみか。

 いやいや。この2人なんて足下にも及ばない超肉食女優がいる。それは深キョン、深田恭子だ。1996年、14歳でデビューしてもうすぐ32歳になる深キョンだが、とにかく噂になった相手がスゴい数なのである。

 最初のスキャンダルは99年。彼女が17歳になった誕生日の夜、ジャニーズの重鎮・東山紀之のマンションを訪ねたところを「フライデー」(講談社)に撮られたのが始まりだった。 深キョンは小学校のころから東山に憧れていたというが、東山はガードの固いことで有名だった。それが98年に雑誌の対談で初めて会うと、16歳年上の大物芸能人をメロメロにさせてしまったのである。

 ところが、その騒ぎもつかの間、深キョンは翌年、別の男性とフライデーされてしまう。今度の相手は売れっ子脚本家の野島伸司。野島の超高級マンションを訪れる写真とともに、深キョンが週に3回も野島の部屋に通っていることが報じられた。

 だが、これもあっという間だった。その次の年、野島の脚本で『ストロベリー・オンザ・ショートケーキ』(TBS系)に主演すると、その相手役である滝沢秀明と熱愛が発覚。また、2003年には、ドラマ『リモート』(日本テレビ系)で共演した玉木宏から指輪をプレゼントされたと報道された。東山、野島と続いたことで“中年好き”という見方が定着したところに、一転、同世代の美少年アイドルやイケメン俳優との噂があがったことで、今度は“共演者キラー”と呼ばれるように。

 ところが、04年には意外な相手と「フライデー」される。なんと、くりぃむしちゅー・有田哲平との「お泊まり愛」を撮られたのである。2人がなかよくなったキッカケは『恋するハニカミ!』(TBS系)という芸能人デート番組だったらしいが、これまでのイケメンとはまったくちがうお笑い芸人とのお泊まりに「いったい深キョンの趣味はどうなってるのか」と、仰天の声が上がった。

 まだまだ続く。翌05年には、若手俳優・内田朝陽とマンションでお泊まりした後にペアルックで麻布十番の商店街デートをしている写真を「フライデー」に撮られ、06年には36歳のヘアメイクアップアーティストと高級スポーツジムの通っているところを「女性セブン」(小学館)にスクープされた。 

 その翌年の07年には、俳優の載寧龍二と、都内で焼き肉デートした後、深田の自宅でお泊りするのをスクープされた。そして、09年2月に、当時、まだ大学生だった“ハンカチ王子”斎藤佑樹との焼肉店での個室デートが報道されたと思ったら、同じ年に一転、「女性セブン」が清水アキラの息子・清水良太郎が深田のマンションに足しげく通っていることをスクープ。さらに、同年には、「東京スポーツ」が元XJAPANのYOSHIKIとの交際を一面で記事にした。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

〈un〉 touch 【入荷予約】

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

最強“肉食女子”深田恭子! 何人とつきあっても汚れない強度を見習えのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。肉食女子酒井まどの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 Nスペ731部隊検証にネトウヨ錯乱!
2 テレ朝が萩生田に全面謝罪した背景
3 ウーマン村本こそ“最強反戦芸人”だ!
4 幹部から新人までほとんどが商売右翼
5 イノッチが夫婦別姓反対派を一蹴!
6 『朝生』で百田尚樹が徹底論破され大恥
7 寂聴「憲法を汚した安倍は世界の恥」
8 葵つかさが「松潤とは終わった」と
9 『永遠の0』は恐い!元特攻要員が批判
10 ローラが所属プロと奴隷契約トラブルも
11 市原悦子が語る戦争と安倍政権への怒り
12 水木しげるが描いた慰安婦「地獄だ」
13 久米宏、さんま、村本も東京五輪批判
14 高橋洋一ら安倍応援団が特区ビジネス
15 グッディ!土田マジギレ真の原因
16 吉川晃司が安倍の核禁止条約拒否を批判
17 テレ東が番組で統一教会信者隠しと捏造
18 手塚治虫が描いた戦争をいま読み直す
19 グアム北ミサイルは存立危機事態でない
20 岸田『ひるおび!』出演にネトウヨが
1吉川晃司が安倍の核禁止条約拒否を批判
2ウーマン村本こそ“最強反戦芸人”だ!
3有森裕子が東京五輪の現状を批判
4 Nスペ731部隊検証にネトウヨ錯乱!
5菅官房長官が壊れ始めた!トンデモ会見
6加計幹部が官邸訪問、安倍と下村が
7森友新証拠!佐川の虚偽答弁が明らかに
8久米宏、さんま、村本も東京五輪批判
9高橋洋一ら安倍応援団が特区ビジネス
10安倍改造内閣はハレンチ閣僚だらけ!
11灘中校長が語る自民党とネトウヨの圧力
12長崎のメッセージも安倍には届かず!
13市原悦子が語る戦争と安倍政権への怒り
14安倍応援団が発狂状態でメディア攻撃
15安倍は原爆の日も核兵器禁止条約を黙殺
16グアム北ミサイルは存立危機事態でない
17獣医学の重鎮が加計と安倍首相を一刀両断
18テレ朝が萩生田に全面謝罪した背景
19仲代達矢と桂歌丸が語った戦争体験
20手塚治虫が描いた戦争をいま読み直す
PR
PR 飲むだけで女性のカラダの悩みを解消!?

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

室井佑月が斎藤貴男と「共謀罪」を徹底批判!「安倍政権に逆らう人が片っ端から逮捕される」

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」