最強“肉食女子”深田恭子! 何人とつきあっても汚れない強度を見習え

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
fukadakyoko_140928.jpg
『(un)touch』(講談社)

 芸能界最強の肉食女子は誰?と聞かれたら、みなさんはどう答えるだろう。人妻になってもなお佐藤健とお泊りデートをしてしまう広末涼子か、はたまたネット上で“ビッチ”の称号を与えられている長澤まさみか。

 いやいや。この2人なんて足下にも及ばない超肉食女優がいる。それは深キョン、深田恭子だ。1996年、14歳でデビューしてもうすぐ32歳になる深キョンだが、とにかく噂になった相手がスゴい数なのである。

 最初のスキャンダルは99年。彼女が17歳になった誕生日の夜、ジャニーズの重鎮・東山紀之のマンションを訪ねたところを「フライデー」(講談社)に撮られたのが始まりだった。 深キョンは小学校のころから東山に憧れていたというが、東山はガードの固いことで有名だった。それが98年に雑誌の対談で初めて会うと、16歳年上の大物芸能人をメロメロにさせてしまったのである。

 ところが、その騒ぎもつかの間、深キョンは翌年、別の男性とフライデーされてしまう。今度の相手は売れっ子脚本家の野島伸司。野島の超高級マンションを訪れる写真とともに、深キョンが週に3回も野島の部屋に通っていることが報じられた。

 だが、これもあっという間だった。その次の年、野島の脚本で『ストロベリー・オンザ・ショートケーキ』(TBS系)に主演すると、その相手役である滝沢秀明と熱愛が発覚。また、2003年には、ドラマ『リモート』(日本テレビ系)で共演した玉木宏から指輪をプレゼントされたと報道された。東山、野島と続いたことで“中年好き”という見方が定着したところに、一転、同世代の美少年アイドルやイケメン俳優との噂があがったことで、今度は“共演者キラー”と呼ばれるように。

 ところが、04年には意外な相手と「フライデー」される。なんと、くりぃむしちゅー・有田哲平との「お泊まり愛」を撮られたのである。2人がなかよくなったキッカケは『恋するハニカミ!』(TBS系)という芸能人デート番組だったらしいが、これまでのイケメンとはまったくちがうお笑い芸人とのお泊まりに「いったい深キョンの趣味はどうなってるのか」と、仰天の声が上がった。

 まだまだ続く。翌05年には、若手俳優・内田朝陽とマンションでお泊まりした後にペアルックで麻布十番の商店街デートをしている写真を「フライデー」に撮られ、06年には36歳のヘアメイクアップアーティストと高級スポーツジムの通っているところを「女性セブン」(小学館)にスクープされた。 

 その翌年の07年には、俳優の載寧龍二と、都内で焼き肉デートした後、深田の自宅でお泊りするのをスクープされた。そして、09年2月に、当時、まだ大学生だった“ハンカチ王子”斎藤佑樹との焼肉店での個室デートが報道されたと思ったら、同じ年に一転、「女性セブン」が清水アキラの息子・清水良太郎が深田のマンションに足しげく通っていることをスクープ。さらに、同年には、「東京スポーツ」が元XJAPANのYOSHIKIとの交際を一面で記事にした。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

〈un〉 touch 【入荷予約】

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

最強“肉食女子”深田恭子! 何人とつきあっても汚れない強度を見習えのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。肉食女子酒井まどの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍は経済・社会保障でも嘘つきまくり
2 見城AbemaTV安倍ヨイショとテレ朝
3 平野、ケラ…作家たちが安倍政権にNO
4 中村文則「この選挙は決定的な岐路に」
5 救う会元幹部が安倍の拉致利用に怒り
6 中原昌也「安倍応援団はあまりに下世話」
7 博士、町山が安倍と見城の癒着批判
8 美輪明宏が安倍と支持者を一喝!
9 安倍政権忖度でドキュメント番組が改変
10 安倍が神戸製鋼社員時代に不正に関与?
11 安倍が拉致被害者に「北朝鮮に戻れ」と
12 自民党がテレビを恫喝しネトウヨ煽動!
13 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
14 山本太郎、改憲翼賛体制とどう闘う?
15 自民党がネトサポに他党叩きを指南
16 加計関係者を判事に!安倍の司法私物化
17 長谷川豊の自己責任論こそ維新の正体!
18 葵つかさが「松潤とは終わった」と
19 民主解党論の裏にジャパンハンドラー
20 沖縄問題を扱ったマンガ作品が話題に
1山本太郎、改憲翼賛体制とどう闘う?
2安倍、森友加計問題の説明する気なし
3マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
4安倍「妻は籠池さんに騙された」と言い逃れ
5高江ヘリ事故に安倍首相「功績」アピール
6田崎史郎のトンデモ安倍擁護に玉川徹が
7中原昌也「安倍応援団はあまりに下世話」
8 自民党がネトサポに他党叩きを指南
9自民党がテレビを恫喝しネトウヨ煽動!
10加計関係者を判事に!安倍の司法私物化
11山本太郎「リベラルをひとりも減らすな」
12安倍首相が日報問題でも口封じ人事!
13原発事故の主犯は安倍、裁判所の判断も
14小学8年生の安倍伝記漫画が反日と炎上
15長谷川豊の自己責任論こそ維新の正体!
16ノーべル賞ICAN の足を引っ張る安倍
17中村文則「この選挙は決定的な岐路に」
18昭恵氏に新たな口利き疑惑 オカルトの影も
19博士、町山が安倍と見城の癒着批判
20大手メディア衆院選情勢調査の結果は

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

連載一覧へ!

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」