『モテキ』はサブカルではない! 3人のオヤジミュージシャンが嘆くサブカルの変質

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
nihonjinno_01_150530.jpg
『日本人の99.9%はバカ』(コアマガジン)

「サブカルチャー(サブカル)」という言葉・文化の定義をめぐっては常に論争が張り巡らされてきた。昨年、NHK Eテレでは、劇作家の宮沢章夫氏をコンダクターとした『ニッポン戦後サブカルチャー史』なる番組も放送された。

「クールジャパン」とも呼ばれ、日本のポップカルチャーが我が国の輸出物として注目を集めるいま、「“サブカルチャー”とは何か?」について、NHKですら考える時代となっているのだ。

 そんな「サブカルチャー」という言葉の受け止められ方について、『日本人の99.9%はバカ』(コアマガジン)の中でロマン優光氏も一石を投じた。

 ロマン優光氏といえば、掟ポルシェ氏とともに、ニューウェイブバンド「ロマンポルシェ。」として活動。そのかたわら、アイドル・パンク・特撮など、様々な分野に関して造詣が深いことでも知られ、ライターとしても活躍している人物だ。

 吉田豪氏が言うところの「サブカルには、コアマガジン系のサブカルと、マガジンハウス系のサブカルの2種類ある」の基準に照らしてみれば、キワモノ系ジャンルを得意とした、コアマガジン系サブカルの中心人物と言える存在である。

 前述の著書の中でロマン優光氏は、最近サブカルとして取り上げられるものについてこう語る。

「それは悪い意味でサブカルですらないという人や事柄が増えすぎでわけがわからないよ! それ『サブカル』ですらないんじゃないか?」

 なかでもサブカルを代表する作品としてあげられることの多い、久保ミツロウの漫画『モテキ』(講談社)についてはこうだ。

「まず、主人公は作中でロック・フェスに赴きます。こういう部分を指してサブカルと言う人もいるとは思います。しかし、よく考えてください。そもそも、ロック・フェスというものはサブカルという範疇に属しているものなのでしょうか? あんな大勢の人間があつまってワイワイ楽しそうにしているところに行きたがる行為がサブカル的だとはどうしても思えません」
「例えば、吉田豪さんがロック・フェスに行ってアウトドアを楽しんだり、一体感を味わったりするところが想像できるでしょうか? 私には想像できません。豪さんが好きなバンドが会場限定で発売する音源でもあれば物販スペースに赴くためにフェス会場に現れるかもしれませんが、そうでなければインタビューしに現れるぐらいでしょう」

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

日本人の99.9%はバカ

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

『モテキ』はサブカルではない! 3人のオヤジミュージシャンが嘆くサブカルの変質のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。世代文化系新田 樹の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 海外から批判も政府と組織委は五輪強行、選手に特別な感染対策を実施
2 汚染処理水・海洋放出の蛮行に加え安倍が顧問の「原発新増設」推進議連
3 吉村知事への批判がテレビでも…北村教授、日本城タクシー社長、小木博明も
4 吉村知事は自己正当化モンスター!「重症センター」縮小をつっこまれ
5 DHC吉田会長がNHKに「社員のほとんどがコリアン系」とヘイトデマ
6 貧乏人攻撃の田端信太郎とZOZOTOWN
7 竹田恒泰の「差別主義」を認めた東京地裁の判決文を改めて紹介
8 市川沙耶と熱愛・野島アナに二股の過去
9 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
10 葵つかさが「松潤とは終わった」と
11 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
12 菅首相が緊急事態宣言を出さないのは五輪開催のため ワクチンも五輪選手優先
13 池江璃花子復活劇を五輪強行派が利用! 門田隆将や安倍前首相も便乗ツイート
14 「かまいたち山内」にネトウヨ疑惑…排外主義や嫌韓ツイートにも「いいね」
15 青木理『モーニングショー』降板 政権批判コメンテーターを排除か
16 改ざん問題で自民党議員が恥知らず質問連発!
17 吉村知事のマスク義務化提言に「宣言解除要請したくせに」と非難 玉川徹も…
18 羽田雄一郎参院議員の死が示すコロナ検査の現実
19 田崎史郎が証言! 安倍総理の側近が「悔しいけど玉川徹さんの言うとおり」と…
20 五輪演出問題で松本人志、太田光、カズレーザーが姑息コメントも、渡辺直美は
1吉村知事は自己正当化モンスター!「重症センター」縮小をつっこまれ
2池江璃花子復活劇を五輪強行派が利用! 門田隆将や安倍前首相も便乗ツイート
3吉村知事への批判がテレビでも…北村教授、日本城タクシー社長、小木博明も
4「桜前夜祭」問題で辞職した安倍事務所の配川秘書が密かに復職か!
5NHKが聖火リレー中継から五輪反対の声をカット!北京五輪のような情報統制
6組織委は文春への圧力より電通との癒着説明を! MIKIKO氏排除も電通ナンバー2が張本人
7萩生田文科相「子どもが変異株に感染しやすいという知見ない」とデマまがい
8菅首相が緊急事態宣言を出さないのは五輪開催のため ワクチンも五輪選手優先
9汚染処理水・海洋放出の蛮行に加え安倍が顧問の「原発新増設」推進議連
10厚労省23人会食で更迭処分なら、菅首相と二階幹事長のステーキ宴会は
11DHC吉田会長がNHKに「社員のほとんどがコリアン系」とヘイトデマ
12菅首相が「まん防」で宣言解除の“責任ごまかし”図るも、変異株拡大で手遅れ
13海外から批判も政府と組織委は五輪強行、選手に特別な感染対策を実施

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄