「売れてる本」の取扱説明書①『日本の大和言葉を美しく話す』(高橋こうじ)

「乱れた日本語を取り戻す!」に潜む排他性 「大和言葉」本ブームを考える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 本書を通読してみると、確かに大和言葉は知的で優雅だ。「まったくその通り」と言うよりも「いみじくも言い当てる」のほうが、「もう少し時間がかかります」よりも「しばしお待ちを」のほうが、「とてもおいしいです」よりも「得も言われぬおいしさです」のほうが、日本語の佇まいとして洗練されている。「あれこれすべての面で」という意味を持つ大和言葉「何くれとなく」を母音にすると「AIUEOAU」で、あたかも発声練習かのような響きになる、という指摘などには思わず唸る。

 著者は、日本古来の言葉である大和言葉から「この国の基を築いた古代の人々のことをもっと知り、精神を学びたい」とする。なぜならば、「いわゆるネットいじめや、議会のやじ、ヘイトスピーチなどで使われる粗暴な言葉。見聞きするたびに暗澹たる気分になります。身近なところから、少しずつでも美しい言葉を使う習慣を広げ、ご先祖様に対して誇れる国にしたい」から。この申し出に素直に頷くことはなかなか難しい。

 それらが放つ粗暴な言葉にはこちらも日々暗澹たる気分になっているが、その放言の数々に通底しているのは、多様性の排除。つまり、自分達のアイデンティティ以外を一切認めない態度にある。外からの文化を柔軟に取り込むことを過度に毛嫌いする働きかけに起因していることは明らか。言わずもがな、ヘイトスピーチは「この国の基」という主語を都合良く間借りして、それにそぐわないと決めつけた存在をいたずらに叩き続けている。

 昨年末から刊行が始まった池澤夏樹責任編集『日本文学全集』の第1回配本『古事記』の月報で、内田樹がこのように書いている。この全集の訳者の人選は「古典に対する理解の深さよりも、他者の生身との同期能力の高さ」にあるのではないか、と。他者と同期する態度と、大和言葉を愛でることで「誇れる国にしたい」とする態度は、古式ゆかしいものにアプローチしていく方向性として同質でありながら、スタンスをまったく異にしている。

 こちとら、「箸の持ち方なんて食えりゃどーだってイイじゃん」と、正しくない作法と日本語を繰り返してきてしまった人間だが、どれだけ粗暴な言葉を使おうとも、それを、いたずらにある一定の人たちを排他するためには使ってこなかった自負はある。日本語が乱れているという嘆きは、ずっと続いている。冒頭に挙げたように、日本語を見直す方向のベストセラーが定期的に生まれていることからも分かる。これまでの日本語本は単純に正しい日本語を希求するものばかりだったが、この「大和言葉」本は、しっかりとメンタルを染み込ませる作りになっているのが特徴的だ。この本を「右傾化だ!」と片付けるつもりは毛頭ないが、「日本を取り戻す」中枢の働きかけや、『住んでみたドイツ 8勝2敗で日本の勝ち』を筆頭に数多く刊行されている日本礼讃本やテレビ番組が増えている世相と、この大和言葉ブームの目指すところがリンクしているのは、実に今っぽい。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

「昔はよかった」と言うけれど: 戦前のマナー・モラルから考える

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

「乱れた日本語を取り戻す!」に潜む排他性 「大和言葉」本ブームを考えるのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。「売れてる本」の取扱説明書大和言葉武田砂鉄の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 高市早苗が右翼隠しに躍起! 反ワクチン極右活動家が高市支持デモ計画も
2 安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
3 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
4 総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
5 共謀罪で小林多喜二の悲劇が再び現実に
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
8 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
9 安倍が支援、高市早苗が「さもしい顔して貰えるもの貰う国民ばかり」
10 安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
11 高市推薦、自民党ヒトラー本が怖すぎ
12 高市早苗にネトウヨが総結集、「天照大神の再来」とバカ騒ぎ、膳場貴子を攻撃
13 小池百合子都知事は極右ヘイト、関東大震災朝鮮人犠牲者追悼式典ツブシ
14 統一教会が安倍トランプ会談を仕掛けた
15 新証言!昭恵夫人が籠池夫妻に情報漏洩
16 堀江、竹中だけじゃない 菅首相に「がんばった」と同情論寄せる世論
17 八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
18 安倍首相の祖父・岸信介のアヘン利権
19 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
20 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
1安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
2八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
3八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
4高市早苗にネトウヨが総結集、「天照大神の再来」とバカ騒ぎ、膳場貴子を攻撃
5山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
6総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
7河野太郎がワクチンを総裁選に利用!はじめしゃちょー相手にデマも
8「政治のせいで命失う」正論を口にした野々村真が炎上させた自民党応援団!
9 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
10河野太郎が会見で露骨な安倍忖度!森友再調査の質問に答えずワクチンで大嘘
11安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
12自民党政権が「一般病床削減」を継続、看護師5万人削減の計画も
13高市早苗が右翼隠しに躍起! 反ワクチン極右活動家が高市支持デモ計画も
14DHCテレビが敗訴判決!辛淑玉が語る「犬笛によるヘイト」と判決 

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄