伊坂幸太郎もキレた! 直木賞選考委員の「言いたい放題」がヒドい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
naokishou_01_140717.jpg
『ゴールデンスランバー』(新潮社)

 いよいよ今夜発表となる第151回芥川龍之介賞と直木三十五賞。芥川賞ではマンガ家でもある小林エリカが、直木賞ではアニメ『氷菓』の原作ともなった〈古典部〉シリーズで知られるラノベ出身の米澤穂信が初ノミネートされ、注目を集めている。

 だが一方で、何度もノミネートされている“常連組”も数多い。たとえば今回も、芥川賞で戌井昭人がノミネートされるのはすでに5度目。直木賞の黒川博行は6度目の超常連だ。ここまで落選を繰り返していると相当に精神が削られてしまいそうな気がするが、5度のノミネートと落選を経て異例の“直木賞に選考されるのを辞退”したのが、人気作家・伊坂幸太郎である。

 その“事件”が起こったのは2008年。候補作が絞られる選考が始まる前の4月に、伊坂は「執筆活動に専念したい」という理由で自作の『ゴールデンスランバー』(新潮社)が直木賞候補になることを拒否。山本周五郎をはじめ、受賞後に辞退した作家は過去にも存在するが、選考自体を拒むというのは余程の話である。

 しかし、直木賞というエンタメ作家にとっての“最高の栄誉”を足蹴にした伊坂の気持ちもよくわかる資料がある。それは受賞後に「オール讀物」(文藝春秋)に発表される「選評」だ。

 たとえば、伊坂がはじめて『重力ピエロ』(新潮社)で直木賞にノミネートされた第129回(03年上期)の選評では、井上ひさしが「若き作家の健気な実験」、北方謙三が「才気に溢れた作品」と評価する声を寄せているが、平岩弓枝は「作者の意気込みは悪くないが、遺伝子に作品がふり廻されているような読後感を持った」と述べ、先日亡くなった渡辺淳一は「一見、当世風の洒落た作品のようだが、読みすすむうちに底の浅さが見えてくる」とバッサリ。「インターネットで集めたような知識を面白おかしく並べている安易さが目立つ」「心に迫る小説にはほど遠い」と、とりつくしまもない。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

芥川賞・直木賞150回全記録

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

関連キーワード

伊坂幸太郎もキレた! 直木賞選考委員の「言いたい放題」がヒドい!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。出版業界直木賞の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 柳広司、中原昌也らが東京五輪に疑問の声
2 安倍がネトウヨ『報道特注』に出演熱望
3 内田樹が喝破!安倍独裁を容認させるもの
4 鶴保前沖縄担当相に辺野古利権疑惑
5 日馬富士暴行で貴乃花批判のおかしさ
6 稲垣、草なぎ、香取と日本財団の関係
7 美輪明宏が安倍と支持者を一喝!
8 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
9 国連が安倍政権のメディア圧力に勧告へ
10 今年も紅白はジャニーズが私物化
11 安倍政権が乱発するトンデモ閣議決定
12 “菅官房長官語”の非人間性を証明!
13 オリラジ中田が日馬富士事件で松本批判?
14 マツコがいじめ、弱者叩きの構造を喝破
15 宮崎駿がラジオで安倍と百田を批判!
16 仲間由紀恵を公安がマーク!?
17 『シン・ゴジラ』の3・11暗喩に園子温が
18 加計学園で設置審委員が内情暴露!
19 義家前文科副大臣が加計疑惑に茶番質問
20 葵つかさが「松潤とは終わった」と
1佐野元春がトランプ批判の楽曲を発表!
2加計が留学生募集!四国の獣医不足は?
3加計学園で設置審委員が内情暴露!
4国連が安倍政権のメディア圧力に勧告へ
5トランプ来日の目的は武器売りつけ
6直撃!前川前次官が加計認可の動きを批判
7日本大使館が「民進党は米国が分裂させた」
8テレビが封印した安倍とトランプの映像
9義家前文科副大臣が加計疑惑に茶番質問
10萩生田が前川前次官にシンゴジラを観ろ
11欧米で安倍と訪日トランプに嘲笑の嵐
12安倍政権が乱発するトンデモ閣議決定
13鶴保前沖縄担当相に辺野古利権疑惑
14マツコがいじめ、弱者叩きの構造を喝破
15沖縄タイムス記者が官邸と百田に反撃
16内田樹が喝破!安倍独裁を容認させるもの
17山口敬之めぐり文春vs新潮がバトル
18「朝日、死ね」足立議員のトンデモぶり
19安倍がネトウヨ『報道特注』に出演熱望
20JASRACが坂本龍一を騙しうち!

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

連載一覧へ!

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」