「売れてる本」の取扱説明書①『日本の大和言葉を美しく話す』(高橋こうじ)

「乱れた日本語を取り戻す!」に潜む排他性 「大和言葉」本ブームを考える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
yamatokotoba_01_150409.jpg
『日本の大和言葉を美しく話す こころが通じる和の表現』(東邦出版)

「最近の売れている本にはろくなものがない」と読みもせずに片付けるのではなく、ひとまずじっくり熟読してから物を言おうと心がけるこの新連載。第1回目は、関連書籍も多く刊行されている「大和言葉」本について考察していく。

 制作費を安く抑えたいクイズ番組では「正しい日本語はどれ?」という類いの問いが長年重宝されているが、書籍についても同様。「出版指標年報」の売り上げベスト10を見渡すだけでも、齋藤孝『声に出して読みたい日本語』(2002年)、北原保雄『問題な日本語』(2005年)、出口宗和『読めそうで読めない間違いやすい漢字』(2009年)と、定期的に日本語ネタが並んでいる。

 意地悪な言い方をすれば、正しい日本語というのはこうして常に問われている以上、常に改善していかないものである、とも言える。三浦しをん『舟を編む』やNHKドキュメンタリー『ケンボー先生と山田先生 辞書に人生を捧げた二人の男』等で話題になった辞書編集者の地道な世界が教えてくれたのは、彼らが、言葉をいかに伝承するかと同時に、新たな用例をいかにして採集し、どこまで辞書に取り込むか、日々葛藤を繰り返していたこと。彼らの言葉への執着は、決して「最近の日本語」を問題視することを起点にしているわけではなかった。むしろ、未来志向で言葉に接しているように見えた。

「『的を得る』は誤用で、『的を射る』が正しい日本語である」は、「正しい日本語」雑学のテッパンネタだが、2013年に出た『三省堂国語辞典 第七版』では「的を得る」が採録されているという(ブログ「BIFFの亜空間要塞」参照)。「的を得る」は以前の同辞典には採録されていたが、版を改める段階で編纂者が「誤用である」と掲載を取り下げたことで、「間違いやすい日本語」としてしばしば取り上げられるようになった。しかし、最新の版ではこの用法が戻った、というわけ。決して世間のはやり廃りに流されたわけではないだろうが、少なくとも日本語とは、こうして時代に即した流動性を持つものなのだ。

 中国から取り入れた漢語でも外来語でもなく、「太古の昔に私たちの先祖が創り出した日本固有の言葉」である大和言葉。この言葉の美しさを生活に取り込み直そうと教え諭す高橋こうじ『日本の大和言葉を美しく話す』が評判を呼んでいる。著者は「造形能力に富む漢語や一見おしゃれな外来語に押されて、長く愛され、用いられてきた美しい大和言葉があまり使われない」と嘆きつつ、大和言葉を「日本人自身が育んできた知的で優雅な余韻を残す言葉づかい」であり「『心に染みる』特性があります」と規定する。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

「昔はよかった」と言うけれど: 戦前のマナー・モラルから考える

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

「乱れた日本語を取り戻す!」に潜む排他性 「大和言葉」本ブームを考えるのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。「売れてる本」の取扱説明書大和言葉武田砂鉄の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 安倍前首相はやはり仮病だった!読売のインタビューでケロッと「もう大丈夫」
2 菅首相が山口敬之氏への資金援助を親密企業「ぐるなび」会長に依頼か
3 悪評「マイナポイント」事業の広報費は54億円、電通が再び140億円
4 自民党がネトサポに他党叩きを指南
5 菅首相の叫ぶ「規制緩和」は30年前の流行語
6 東京五輪招致をめぐるICC買収に新証拠! 菅首相も賄賂に関与か
7 河野太郎のパフォーマンスがひどい! 行政改革目安箱を私物化
8 菅義偉首相が使った官房機密費の“ヤミ金”は合計78億円!
9 山口達也の事件をNHKが隠蔽していた
10 大坂なおみを賞賛し黒人差別に抗議した自民党議員がツイートを削除し謝罪
11 デジタル担当相・平井卓也は電通と組んでネット情報操作を始めた張本人
12 ジャパンライフの広告塔に田崎とNHK島田も
13 ジャパンライフ山口会長逮捕 焦点は消費者庁の立入検査中止問題だ
14 葵つかさが「松潤とは終わった」と
15 山口敬之氏が詩織さんに卑劣すぎる反論
16 安倍首相が昨晩、フルコースを完食しワイン、ゴルフの約束まで! 
17 安倍政権が消費者庁のジャパンライフ立入検査ツブシ、内部文書が
18 詩織さんに寄せられた山口敬之氏と安倍官邸の特別な関係の新情報!
19 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
20 区立中学の性教育に自民党が圧力!
1 安倍前首相はやはり仮病だった!読売のインタビューでケロッと「もう大丈夫」
2菅政権で「公費不倫」の和泉洋人首相補佐官が“再任、官邸官僚のトップに
3菅義偉首相が使った官房機密費の“ヤミ金”は合計78億円!
4安倍首相は本当に病気だったのか? 辞任表明以降一度も病院に行かず
5デジタル担当相・平井卓也は電通と組んでネット情報操作を始めた張本人
6ジャパンライフ山口会長逮捕 焦点は消費者庁の立入検査中止問題だ
7安倍首相が昨晩、フルコースを完食しワイン、ゴルフの約束まで! 
8菅首相が山口敬之氏への資金援助を親密企業「ぐるなび」会長に依頼か
9東京五輪招致をめぐるICC買収に新証拠! 菅首相も賄賂に関与か
10菅首相の叫ぶ「規制緩和」は30年前の流行語
11菅政権の官房長官に決定 加藤勝信厚労相がコロナ対応で見せた無能
12菅義偉“総理”誕生で権力のために不正を働く「忖度官僚」だらけに
13総裁選で自民党がまた新聞社に圧力文書!
14大坂なおみを賞賛し黒人差別に抗議した自民党議員がツイートを削除し謝罪
15大坂なおみの黒人差別抗議マスクに冷ややかなマスコミとスポンサー
16悪評「マイナポイント」事業の広報費は54億円、電通が再び140億円
17河野太郎のパフォーマンスがひどい! 行政改革目安箱を私物化
18菅内閣が「第三次安倍政権」化! 6月の時点で密約説
19三浦瑠麗が特別講師「N高政治部」で麻生太郎が民主主義否定の暴言
20『バイキング』坂上忍パワハラ報道は政権批判潰しだった!

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄