それでも言う! ASKAの愛人・栩内被告の覚せい剤使用は冤罪だ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 東電OL事件も同様だ。事件当時は劣化が激しく鑑定が不能といわれたが、歳月が経ち鑑定技術が凄まじく向上したにもかかわらず、東京高裁が再検定を決定したのは事件から14年も経ってのこと。これも支援者やマスコミの尽力が大きな後押しになったが、鑑定結果が出たにも関わらず、検察はそれを不服として異議を申し立てたほどだ。一体なぜ捜査当局や裁判所は再鑑定をこれほど忌み嫌うのか。

「メンツです。警察や検察という“国家”が、一度は有罪だと確信し起訴したものがひっくり返されれば組織としても大きな不祥事となる。そのため、普通なら簡単だと思う再鑑定を避けるんです。裁判所も同様で、検察を身内として考え、『検察のすることは正しい』という考えがこびりついている。しかも前例がないことをやりたがらないお役所体質ですからね。司法の独立なんて絵空事です」(司法関係者)

 こうした体質を考えると、今回も鑑定結果を信じることはできない。1回目の検査で陽性反応は出たが、何かのミスが発覚して、慌てて2回目の検査をやった。ところが、それがシロだったため、一転して1回目のミスをネグって、陽性反応を確定させてしまった。そんな可能性は十分あるだろう。

 そもそも一連の捜査、裁判では、栩内被告がASKA被告の覚せい剤使用を執拗に疑い、追及しているメールが公開されている。

「使用している事実があるなら、交際をやめる」。 また、北海道旅行の前にも「(週1回自主的に行っているとしていた検査の)約束が守れないなら、(約束していた旅行先の)札幌はやめる」、ASKA被告から「守れてるよ。検査は毎週やっているし、(薬物使用したとしても消えるのに)普通10日ぐらいかかるから(検査で反応が出るはず)。札幌を楽しみにしているのに、そんなこと言わないでよ」と返信を受けても、栩内被告が「何もない人は日数にこだわらない」と食い下がっている。

 こういうメールを書く人間が自分で覚せい剤に手を染めたりするのだろうか。仮に、鑑定結果が正しかったとしても、ASKAに知らない間に覚せい剤を使われていた可能性もある。

 実際、栩内被告はここにきて、「彼からよくサイレース(睡眠導入剤)を勧められた。『君の寝言は面白いから』と言われ、処方していた。私が寝ている間に(覚醒剤を)吸っていたのかもしれない」とそのことを示唆する証言を行った。

 裁判をずっと傍聴している記者も同情気味にこう語る。
 
「栩内被告はASKAのことをまだ愛しているんでしょう。1回目の公判では、ASKAを傷つけないように無実を主張したため、不自然な主張になった。ただ、それでは通用しないとわかったため、一転して、ASKAに盛られた可能性を語り始めたんだと思います」

 マスコミはそのセックス描写を興味本位で取り上げるだけでなく、このへんの真相をきちんと検証すべきではないか。
(時田章広)

最終更新:2017.12.09 04:50

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

絶望の裁判所 (講談社現代新書)

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

それでも言う! ASKAの愛人・栩内被告の覚せい剤使用は冤罪だ!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ASKAドラッグ冤罪検察編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 大ウソだらけの東京五輪! 安倍・菅・森はどんな嘘をついてきたか
2 百田、上念、有本、WiLL…安倍応援団の小川榮太郎切りが醜悪!
3 五輪サッカー・久保建英が南アの陽性者に「僕らに損ではない」と無神経発言
4 五輪開会式演出の小林賢太郎が“ユダヤ人大量惨殺ごっこ”ギャグで解任!
5 東京五輪開閉会式に小山田圭吾参加で批判殺到!過去に“障害者いじめ自慢”
6 宮台真司「ネトウヨは感情の劣化」
7 佐々木宏問題の本題はMIKIKO先生の排除 でもワイドショーは
8 官邸が前川前次官に直接圧力の事実が
9 検査数少ないのに感染1387人 東京で医療逼迫が起き始めた!
10 葵つかさが「松潤とは終わった」と
11 高市推薦、自民党ヒトラー本が怖すぎ
12 麻生「ヒトラーは正しかった」は本音
13 IOC幹部の発言で安倍の責任が明白に…「1年以内延期」「再延期なし」ゴリ押し 
14 ピエール瀧逮捕でワイドショーが石野卓球に「謝れ」攻撃の異常
15 NHKが開会式前日に放送『いだてん』が突きつける東京五輪への疑問
16 きゃりーぱみゅぱみゅ、ロンブー淳、フット岩尾らがオリンピックに疑問!
17 秋元康の東京五輪に椎名林檎が危機感
18 山口敬之めぐり文春vs新潮がバトル
19 自民党がネトサポに他党叩きを指南
20 ノーベル平和賞ムクウェゲ医師が批判した慰安婦問題
1西村大臣の飲食店圧力に菅首相が同意!撤回後も国税が圧力、一時支援金拒否
2五輪関係者が入国当日、築地を散歩! 
3大ウソだらけの東京五輪! 安倍・菅・森はどんな嘘をついてきたか
4聖火お披露目式で手話通訳が小池百合子らのテントには入れず雨に濡れ
5 平井大臣の株売却益隠しの裏!タニマチIT企業がオリパラアプリを高額受注
6東京五輪開閉会式に小山田圭吾参加で批判殺到!過去に“障害者いじめ自慢”
7 検査数少ないのに感染1387人 東京で医療逼迫が起き始めた!
8五輪サッカー・久保建英が南アの陽性者に「僕らに損ではない」と無神経発言
9それでも謝罪しない…河野太郎がワクチン問題でついた嘘と”知の崩壊“発言
10南ア、チェコ選手の感染、イギリス選手の濃厚接触も隠していた政府と組織委
11五輪でIOCラウンジ以外にVIPルーム、広告代理店は物品購入でも15%上乗せ
12五輪開会式演出の小林賢太郎が“ユダヤ人大量惨殺ごっこ”ギャグで解任!
13きゃりーぱみゅぱみゅ、ロンブー淳、フット岩尾らがオリンピックに疑問!
14五輪入場行進にすぎやまこういちの曲、杉田水脈のLGBT差別に同調
15NHKが開会式前日に放送『いだてん』が突きつける東京五輪への疑問
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄