売れない犬は生きたまま冷蔵庫に…ペット業界の裏にある恐ろしい現実

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 このコはもう売れない──。たった生後6か月でも、ペットショップでは売り時を逃した不要犬となってしまう現実。一方、ペットショップへ子犬を供給するブリーダーは、こんな恐ろしい実態を証言している。

 このブリーダーは、以前、熱帯魚を販売していたが、犬好きだったことと〈犬のほうが利益が上がる〉と考え、犬販売に乗り換えた。さらに〈利幅を厚くするために自らブリーディングも行うように〉なった。当初は犬の母体の健康を気遣い、繁殖は年に1回しか行わなかったというが、「いつのまにか感覚が麻痺して」発情期のたびに交配を行うように。頭数が増えれば、当然ながら管理もずさんになる。そのうち、“犬が商品にしか見えなくなった”のだという。

 犬を「商品」と見なし、無茶な交配を繰り返して劣悪な環境で飼育する。こうした業者は、パピーミル(繁殖業者)と呼ばれている。パピーミルの元で“産む道具”として扱われる母犬は、その一生を糞尿にまみれたゲージのなかだけで終えることもある。また、産まれた子犬は、満足に母犬やきょうだいと触れあうこともなく、ペットショップやブローカーに卸されていく。

 だが、じつは子犬はブリーダーから直接ペットショップやブローカーに卸されるだけでなく、多くの場合は「ペットオークション」を通して売買されている。ペットオークションとは、日本独自の犬や猫の“競り市”。本書によれば、〈推計だが年間約35万匹の子犬が、オークションを介して市場に流通している〉というように、〈ペットショップは、その仕入れ先のほとんどをオークションに依存している〉状態だ。2010年の取材では、全国に17、18の業者がオークションを営業し、もっとも規模が大きい業者は、1日あたり約1000匹もの子犬、子猫が取引されているという。市場規模も、ひとつのオークションにつき年間の売上高が〈数億円から十数億円〉というから、いかに大きな市場であるかがわかる。

 競り市という表現からも想像できるが、オークションでは魚の競りのように、流れ作業で次々と子犬が落札されていく。衆院議員時代にオークションを視察したことがある料理研究家の藤野真紀子氏は、「命をモノのように認識し、モノのように扱う場。生まれてすぐの子犬があのような形で人目にさらされ、親兄弟と切り離されていくペットオークションというシステムは、一般人の感覚では受け入れがたい」とコメントしている。

 このようなペットオークションが悪徳ブリーダーの温床になっていることはもちろんだが、もうひとつ問題がある。それは、〈高値で売れる犬とそうでない犬が「一目瞭然」となる〉ことだ。事実、本書の調査では、流通の過程で「行方不明」になっている犬は約1万4000匹。売れない犬たちがふるいにかけられ、遺棄されている可能性があるのだ。この実態を踏まえ、著者は〈こうした価値観をベースに犬の流通システムが形づくられたことが(中略)ペットショップやブリーダーによる遺棄が後を絶たない原因にもなっている〉と指摘している。

 しかし、現在の子犬の流通システムは、さらに大きな問題をはらんでいる。2012年9月に改正・施行された動物愛護法で“骨抜き”となってしまった、「8週齢(生後56日)規制」がそれだ。「動物愛護後進国」と言わざるを得ない日本の現状の裏に見え隠れする、利益優先の小売業者たちの暗躍とそこに癒着する政治家──その内容については後編で確かめてほしい。
(田岡 尼)

最終更新:2014.11.25 09:04

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

犬を殺すのは誰か ペット流通の闇 (朝日文庫)

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

売れない犬は生きたまま冷蔵庫に…ペット業界の裏にある恐ろしい現実のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。動物田岡 尼虐待の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 日本のネトウヨにも聞かせたいビリー・アイリッシュの反差別メッセージ
2 NHKが持続化給付金疑惑をスルー、『日曜討論』で野党排除
3 吉村知事VS大村知事バトル 本当に正しいのはどっちなのか?
4 持続化給付金にさらなる疑惑もワイドショーは電通タブーで報じず
5 葵つかさが「松潤とは終わった」と
6 自民党がネトサポに他党叩きを指南
7 検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
8 持続化給付金の作業を電通の“トンネル会社”が! 749億円の税金が
9 ジャニーズに弱いワイドショーが手越祐也を批判した理由
10 つるの剛士「安倍首相にお疲れ様を言いませんか?」の的外れ擁護
11 安倍政権がコロナ「専門家会議」の議事録を残さないと明言する理由
12 テラハ木村花さんの死を政権批判封じに利用する政治家と安倍応援団
13 NHKのおおさか維新出演に批判殺到
14 河井克行前法相は東京の“緊急事態宣言解除”の直後に「逮捕許諾請求」
15 検察が河井陣営への“安倍マネー1億5千万円”で自民党本部関係者を聴取
16 安倍応援団が“森友学園”疑惑封じ!
17 木村花さんの死の責任はSNS 以前にフジ『テラスハウス』にある!
18 大村知事に杉田水脈や維新の松井・吉村が「表現の自由制限論」展開
19 吉村知事がリテラへの反論で馬脚「大阪・兵庫間の往来自粛」の真相
20 NHKで国谷裕子を降板に追い込んだ人物が専務理事に復帰
1官邸が黒川検事長の“賭け麻雀”を悪用、稲田検事総長に「辞職」圧力
2 持続化給付金の作業を電通の“トンネル会社”が! 749億円の税金が
3安倍政権がコロナ「専門家会議」の議事録を残さないと明言する理由
4持続化給付金にさらなる疑惑もワイドショーは電通タブーで報じず
5安倍首相が「日本のコロナ対策が世界をリード」と自慢するトンデモ!
6松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
7安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
8 つるの剛士「安倍首相にお疲れ様を言いませんか?」の的外れ擁護
9内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
10吉村知事VS大村知事バトル 本当に正しいのはどっちなのか?
11田崎史郎が“黒川検事長と賭けマージャン”を正当化!
12検察が河井陣営への“安倍マネー1億5千万円”で自民党本部関係者を聴取
13NHKが持続化給付金疑惑をスルー、『日曜討論』で野党排除
14テラハ木村花さんの死を政権批判封じに利用する政治家と安倍応援団
15検察庁法改正でダダ漏れ指原莉乃の政権批判を封じたい本音
16木村花さんの死の責任はSNS 以前にフジ『テラスハウス』にある!
17持続化給付金で中小企業庁長官が電通と接触、「Go To」3000億円も電通か
18日本のネトウヨにも聞かせたいビリー・アイリッシュの反差別メッセージ
19箕輪のセクハラを告発した女性が暴露したエイベックス松浦の疑惑
20ジャニーズに弱いワイドショーが手越祐也を批判した理由

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄