宮崎駿版『長くつ下のピッピ』がお蔵入り!?  途中まで作ったのに!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
pippi_01_141112.jpg
『幻の「長くつ下のピッピ」』(岩波書店)

「鉛筆と紙とフィルムの最後の時代に立ち会えたことは幸せだった」

 アニメーション監督の宮崎駿が、アメリカ・アカデミー賞名誉賞を受賞した。この賞に輝いた1990年の黒澤明以来、2人目の快挙。「映画界への長年の貢献」が認められた格好だが、当の宮崎は会見で、「賞では何も変わらない。終わった仕事について結果をいちばんよく知っているのは自分だ」と、権威におもねらない宮崎らしい感想を述べている。

 そんな宮崎に、じつはアニメ化に向けて動きながらも、泣く泣く断念してしまった作品があるという。それは、世界に知られる児童文学の定番『長くつ下のピッピ』だ。

 先日、発売された『幻の「長くつ下のピッピ」』(岩波書店)によれば、『長くつ下のピッピ』(以下、『ピッピ』)のアニメ化にかかわっていたのは、宮崎のほか、宮崎の先輩であり長年のライバルでもある高畑勲、そして戦後の日本アニメ文化を支えてきたキャラクターデザイナーである小田部羊一の3人。当時、彼らは『ピッピ』を、所属していた東映動画を辞めて事務所を移ってでもつくりたい、と切望したのだという。

『長くつ下のピッピ』は、1945年にスウェーデンで刊行された、アストリッド・リンドグレーンによる童話。日本でも、岩波書店から『長くつ下のピッピ』『ピッピ船に乗る』『ピッピ南の島へ』という3部作で刊行されており、子どもたちを魅了してきた。主人公のピッピといえば、赤毛のツインテールにそばかすだらけの顔、そして、そのタイトル通り、長い靴下を穿いているのが特徴の女の子。彼女は、サルのニルソン氏を連れて1人暮らしをしており、隣の家に住むアンニカやトミーといった友人たちと一緒に冒険物語を繰り広げる。トランクいっぱいの金貨を持っていて、馬を持ち上げるほどの力もあるピッピは、子どもたちの願いや憧れが詰まった存在だった。

 そんな『ピッピ』をアニメ化しようという話は、1971年に持ち上がる。東京ムービーの当時の社長・藤岡豊の企画で、スタッフとして白羽の矢が立った高畑が、宮崎と小田部を説得し、3人で東京ムービーのメインスタッフ会社・Aプロダクションに移って制作に取り掛かった。制作時間も限られていたため、3人でとことん議論し合うということはなかったが、それでも3人が作品をつくる上で共通認識として決めていたことがあったという。それは、靴を脱いだりはいたりといった日常の些末な動作や立ち居振る舞い、家事の表現といったことにこだわる、ということだ。

「行動自体が楽しさや面白さをよびおこすように表現」したい。──そのため、ピッピの歩き方ひとつをとっても、「だぶだぶの大きな靴を履いているから、片っぽは脱げそうに歩いたらどうか」「ピッピのことだから、まともに歩かないで、わざと歩道と車道の境目を歩くんじゃないか」と3人は思いを巡らせた。実際、本書にはアニメオリジナルとして構想が練られていた「ジュース屋をひらく」という話の、樽にぶどうを入れ、デッキブラシの柄でぶどうの汁が飛ぶのもかまわずに潰すピッピと、笑いながらその汁をよけつつ手伝うトミーとアンニカのイメージボードを収録。ほかにも、湖へ行ってザリガニ密漁者を見つけたり、郵便機が木の上に不時着して大騒ぎをしたり、ピッピの住むゴタゴタ荘で地下室を見つけたりといった、何気ない日常の中で起こる事件や出来事にスポットを当てたものが描き溜められていた。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

幻の「長くつ下のピッピ」

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

宮崎駿版『長くつ下のピッピ』がお蔵入り!?  途中まで作ったのに!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。スタジオジブリ宮崎駿島原らんの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 安倍首相の秋葉原演説で自民党が「安倍やめろ」封じ込めに支持者動員
2 「警戒レベル5」なのに…大雨災害より選挙応援優先の安倍と菅
3 参院選の極右候補者をチェック「ウヨミシュラン」選挙区編
4 参院選の極右候補者をチェック「ウヨミシュラン」比例代表編
5 吉本が芸人に強要する共同確認書にSNS制限
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 宮迫引退報道の一方、NEWS手越の“金塊写真”はなぜスルー?
8 くりぃむ上田晋也が“政権批判NG”に敢然と反論
9 「安倍やめろ」のヤジを警察が「選挙妨害」拡大解釈で取締り!
10 松尾貴史「日本を壊しているのは安倍さん」
11 山本太郎と久米宏が安倍政権、原発タブー、杉田水脈を斬る!
12 秋篠宮家の料理番がブラック告発
13 『モーニングショー』「緊急事態」を特集で羽鳥が田崎をツッコミ
14 太田光が右翼の抗議で転向していた?
15 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
16 安倍首相が「忖度発言」候補を大応援!
17 宮迫らのウソと吉本興業の関係 加藤浩次や近藤春菜も会社批判
18 グッディ!土田マジギレ真の原因
19 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
20 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
1安倍首相と省庁幹部の面談記録が一切作成されなくなった!
2くりぃむ上田晋也が“政権批判NG”に敢然と反論
3金融庁報告書で厚労省年金局課長の驚愕無責任発言
4産経新聞コラムが「引きこもりは自衛隊に入隊させて鍛え直せ」
5安倍首相が「老後2000万円」追及に逆ギレ!
6菅官房長官が望月衣塑子記者への“質問妨害”を復活
7金融庁「年金下がるから資産運用」報告書で麻生太郎が開き直り!
8F35捜索打ち切りと大量購入続行でNHKが「背景に政治性」と報道
9金融庁炎上の裏で安倍政権が「年金」の“不都合な事実”を隠蔽!
10防衛省イージス・アショア失態 、玉川徹が原因を喝破!
11長谷川豊が部落差別発言「謝罪文は馬場幹事長が作った」
12講談社「ViVi」の自民党広告は公選法違反か!
13映画『主戦場』上映中止要求の右派論客に監督が徹底反論!
14渡辺謙が語った『ゴジラ』出演と震災、原発、戦争
15マンガ『スシローと不愉快な仲間たち』第1話
16田崎史郎「65歳から年金もらってます」
17川崎殺傷事件「不良品」発言こそ松本人志の本質だ!
18 香港市民はデモの力示したが、日本は…
19松本人志が「不良品」発言問題で謝罪も説明もなし!
20農水元次官子ども殺害正当化は、橋下徹、竹田恒泰、坂上忍も

カテゴリ別ランキング


人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄