これで「特定秘密保護法」って…公文書を破棄しまくってきた日本政府

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
koubunsyo_141026.jpg
『国家と秘密 隠される公文書』(久保亨、瀬畑源/集英社新書)

 12月に施行される特定秘密保護法について、「国民の知る権利が犯される」と危機感が強まっているが、もしかしたら、問題はそれ以前のところにあるのかもしれない。

「『知る権利が犯される』という声には、(中略)しばしある種の違和感を覚えざるを得ません」「犯されるというに足りるほどの知る権利を、戦後日本の国民は、持っていたのでしょうか?」

 こんな皮肉を放つのは、『国家と秘密 隠される公文書』(久保亨、瀬畑源/集英社新書)。同書は、いかにして国家が公文書を意図的に隠蔽してきたかを明らかにした一冊だが、それ以前に、ろくに文書管理なんて出来やしなかった、いい加減な管理の歴史をも暴き出している。

 70年代、大蔵省(現・財務省)には文書目録さえなく、「主計局では机の上が予算査定を受ける他省庁の資料でみるみる山になる。いつも捨てることばかり考えていた」(柿澤弘治衆議院議員/当時は大蔵省勤務)そうで、「現役の官僚の時、文書が多すぎて『秘印』もいちいち気にとめなかった」と言う。教科書からテスト用紙から通信簿から賞状まで入り乱れている少年の汚部屋と変わらないレベルだったのである。

 そのずさんな管理は、時として人すら殺めてきた。1956年に発見された水俣病では、発見から遡ること4年前の52年に、熊本県水産課の担当者がチッソの廃水を調査した報告書に水質汚染の危険性を指摘しており、「公文書管理の原則に基づき公開されていたならば、水俣病の甚大な被害はくいとめられていた可能性が高かった」とする。

 80年代に血友病患者の治療に非加熱製剤が使用され、HIV感染者・エイズ患者を生み出した事件では、民事裁判の過程になって、ようやく厚生省の倉庫から関連文書ファイルが大量に出てきた。文章が整理されてさえいれば、裁判は長期化することはなかった。

 ようやく情報公開法が施行されたのが2001年、特定非営利法人情報公開クリアリングハウスが情報公開請求で得た数値を基に、施行前後の文書廃棄量を図表化しているのだが、衝撃の数値が出ている。法律が施行される直前の00年度に、突如、文書廃棄量が増えるのだ。

 農林水産省は1999年度・11トンから2000年度・233トンへ、警察庁は111トンから200トンへ、財務省は269トンから619トンへ、法務省は88トンから156トンへとそれぞれ数倍に膨れ上がっている。施行後の01年度はおおよそ99年度の水準に戻っているから、情報公開請求されては困るものを一斉に破棄したと考えるのが自然だ。部屋のお片づけが出来ない少年は、大掃除の時期に、どさくさに紛れて都合の悪いテスト用紙を丸ごと捨ててしまった、というわけ。こんな状態なのに「これからはオレの部屋に勝手に入ってくんな」というのである。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

国家と秘密 隠される公文書 (集英社新書)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

これで「特定秘密保護法」って…公文書を破棄しまくってきた日本政府のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。安倍晋三武田砂鉄の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 「トランプに皮肉」村上春樹の本格的トランプ・安倍批判
2 本田圭佑の朝鮮学校訪問と発言の勇気
3 菅に日歯連から3000万円迂回献金
4 民放連が改憲CMを無制限垂れ流しの方針
5 貴乃花出馬を阻む森喜朗との不仲
6 茅ヶ崎市での慰安婦映画上映に慰安婦像を蹴った極右団体が
7 安倍首相がカジノ法で虚偽答弁!トランプ圧力やっぱりあった
8 『ワイド!スクランブル』コメンテーター就任の柳澤秀夫に期待
9 美智子皇后が誕生日談話で安倍にカウンター
10 櫻井よしこは嘘つきだ!小林節が告発
11 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
12 靖国神社宮司が天皇批判!右派勢力が陥る倒錯
13 テイラー・スウィフトのトランプ批判に拍手
14 フジ、テレ東、NHKの入管PR番組と安倍政権の排外政策
15 旭日旗問題で國村隼の発言は正論だ! 
16 安倍首が総裁選討論会で嘘と逆ギレ連発
17 スクープ! 神社本庁・田中総長が辞意を撤回
18 ノーベル平和賞ムクウェゲ医師が批判した慰安婦問題
19 グッディ!土田マジギレ真の原因
20 サザン桑田が“政治風刺辞めない”宣言!紅白での炎上にもめげず
1加計理事長会見で新聞・テレビ記者が徹底糾弾!
2サザン桑田が“政治風刺辞めない”宣言!紅白での炎上にもめげず
3 柴山文科相「教育勅語」発言は政権の総意
4安倍改造内閣は杉田水脈レベルの“ほぼ全員ネトウヨ内閣”
5安倍改造内閣に田崎スシローも「これまでで一番出来が悪い」
6加計理事長のデタラメ会見に加計学園の職員が
7ノーベル平和賞ムクウェゲ医師が批判した慰安婦問題
8旭日旗問題で國村隼の発言は正論だ! 
9翁長前知事県民葬で菅官房長官に「嘘つき」の怒号
10百田、上念、有本、WiLL…安倍応援団の小川榮太郎切りが醜悪!
11本田圭佑の朝鮮学校訪問と発言の勇気
12安倍首相がカジノ法で虚偽答弁!トランプ圧力やっぱりあった
13靖国神社宮司が天皇批判!右派勢力が陥る倒錯
14 『zero』有働由美子がニュース感覚“ゼロ”を露呈
15 ネトウヨ落語家・桂春蝶が不倫相手にDV
16茅ヶ崎市での慰安婦映画上映に慰安婦像を蹴った極右団体が
17テイラー・スウィフトのトランプ批判に拍手
18フジ、テレ東、NHKの入管PR番組と安倍政権の排外政策
19『ワイド!スクランブル』コメンテーター就任の柳澤秀夫に期待
20 スクープ! 神社本庁・田中総長が辞意を撤回

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄