今年も落選!村上春樹はそもそもノーベル文学賞候補ではないとの説が!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 当時大江健三郎はペンクラブを一度退会しているのだが、その後またペンクラブが左寄りに戻ると、戻ってきて理事になっている。そして「1984年には反核声明を出すなどしているし、大江は原爆、沖縄などを問題視する平和主義者としてふるまい、ノーベル賞にこぎつけた」。もちろん小谷野は、川端も大江も政治的な立ち位置だけで受賞したと言っているわけではない。優れた文学者として高く評価しているが、それだけではノーベル賞は受賞できない。たとえ文学者として優れていても、「日本人がノーベル文学賞をとるには、ロビー活動が必要」なのだ。対して春樹は、文学賞の選考委員もやらず、文壇の受賞パーティにも姿を見せないなど、文壇づきあいをほとんどしていないと指摘する。

 しかしかつては政治的な問題にコミットしないことを信条としていた村上春樹だが、近年は、イスラエルのエルサレム文学賞授賞式で「いかなる戦争にも賛成しない」「非武装市民の側に立つ」などとスピーチしたり、あるいは東日本大震災直後に受賞したカタルーニャ賞のスピーチでは反原発の立場を表明したりしている。いずれも日本国内でなく、海外向けという点で、ノーベル賞を意識した政治活動、根回しの一種とも感じられる。日本ではほとんどしない作家づきあいも、海外の作家との交流エピソードはときおり明かされるし……。

 それでも、村上春樹のノーベル賞受賞が厳しい理由は、作品そのものにもあると小谷野はいう。たとえば井上靖、遠藤周作、芹沢光治良などペンクラブ会長を務めながらノーベル賞受賞に至っていない作家もいる。これについて、彼らの作品が通俗小説とみなされていたからではないか、と小谷野は推察している。100年以上の歴史をもつノーベル賞なのでその受賞傾向を一概に語ることはできないが、ひとつだけハッキリしていると小谷野がいうのが「通俗小説には与えられない」ということなのだ。そして「春樹の作品は、ノーベル賞委員会が嫌う通俗小説なのではないかという気が私にはしている」。とくに日本でミリオンセラーとなり海外でもヒットした『1Q84』の内容は、通俗恋愛冒険小説である、と。

 純文学と通俗小説(エンタメ作品)との境界に意味があるのかというのは日本の文壇でよく議論されることだが、海外でも純文学と通俗小説の区別はあると小谷野は断言する。世界的に人気のあったフランソワーズ・サガンやグレアム・グリーンが受賞できなかったこと。アメリカの作家で、フィリップ・ロスやドン・デリーロは候補になっても、ジョン・アーヴィングがノーベル賞候補として名が挙がらないこと。それも純文学ではなく通俗小説あるいは中間小説とみなされているから。そういう意味で、日本でも「春樹を飛ばして」多和田葉子や津島佑子、堀江敏幸のほうが可能性があるのではないかとも予測している。

 村上春樹が本当にノーベル文学賞の候補に入っているかどうか。それは50年経つか、あるいは春樹が晴れて受賞するか、しなければ真相はわからない。しかし、

「(文学が売れない)状況の中で、村上春樹は、とりあえず純文学とされている作品を出して、大幅に売れており、世界的にも人気があって、ノーベル賞をとるかもしれないとなれば、文学などもう終わっているという世間の冷たい目にさらされている文壇としては、ぜひ春樹を祭りあげたいというのが本音だろう」

 少なくとも小谷野のこの指摘は、当たっている。きのうの空騒ぎを見ているとそう思えるのだった。
(酒井まど)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

病む女はなぜ村上春樹を読むか (ベスト新書)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

今年も落選!村上春樹はそもそもノーベル文学賞候補ではないとの説が!?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。文壇村上春樹酒井まどの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 大坂なおみの母親が日本で受けた結婚めぐる人種差別
2 BTSと秋元康のコラボ中止で浮き彫りになった日本のガラパゴスぶり
3 加藤浩次が五輪批判に「外野がウダウダ言うな」
4 神社本庁の田中総長が辞意、原因は不動産不正取引疑惑
5 3選安倍首相の秋葉原街宣で参加者に謎の茶封筒が…
6 八代弁護士とせいじが消費税で「たかだか2%」の暴論
7 『女が嫌いな女』アンケートの噓を暴く
8 安倍首相が秋葉原街宣で動員以外の一般市民を排除
9 “がん放置”近藤誠医師が宗教化?
10 あの香川も!サッカー選手のヘア処理
11 安倍首相が圧力問題で自分の嘘をバラし犯人を示唆
12 沖縄県知事選で佐喜真陣営が予算をエサに建設業者を動員
13 炎上!「ViVi」“プロ彼女”特集 
14 モテたいオヤジのドン引き言動集
15 男尊女卑・女性差別事件総まくり
16 高齢処女が抱える「モテない理由」
17 街角に立って客をとる女性たちの貴重な記録
18 有働由美子を勇気づけた山口智子の言葉
19 セクハラ告発者叩きを生む男尊女卑
20 女流官能小説家が業界の偏見を暴露
1安倍首相が秋葉原街宣で動員以外の一般市民を排除
23選安倍首相の秋葉原街宣で参加者に謎の茶封筒が…
3大坂なおみの母親が日本で受けた結婚めぐる人種差別
4「新潮45」でLGBT攻撃!小川榮太郎と安倍の関係
5沖縄県知事選で佐喜真陣営が予算をエサに建設業者を動員
6 「新潮45」杉田水脈擁護に安倍応援団揃い踏み
7 八代弁護士とせいじが消費税で「たかだか2%」の暴論
8安倍チル議員から圧力受けた『ちびまる子ちゃん』映画
9 BTSと秋元康のコラボ中止で浮き彫りになった日本のガラパゴスぶり
10 秋元康のガールズバンド計画が大炎上
11神社本庁の田中総長が辞意、原因は不動産不正取引疑惑
12安倍首相が圧力問題で自分の嘘をバラし犯人を示唆
13加藤浩次が五輪批判に「外野がウダウダ言うな」
14樹木希林が辺野古に現れた日
15安倍首が総裁選討論会で嘘と逆ギレ連発
16安倍首相が総裁選でトンデモ発言継続中
17沖縄知事選で安倍自民党の佐喜真淳候補
18安室奈美恵のラストライブをめぐり自民党が
19沖縄県知事選で創価学会幹部が暗躍
20安倍政権が「賃金データ」を恣意的操作

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄