ベストセラー『7つの習慣』は「やりがい搾取」をもたらす危険な書だ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
7tsunosyukan_140902.jpg
『まんがでわかる 7つの習慣』(フランクリン・コヴィー・ジャパン監修/宝島社)

 再び『7つの習慣』(スティーブン・R・コヴィー)が売れているようだ。こんどはマンガ版である。書店やアマゾンのベストセラーランキングを見ると、先日紹介した『嫌われる勇気─自己啓発の源流「アドラー」の教え』(岸見一郎、古賀史健/ダイアモンド社)に続いて、『まんがでわかる 7つの習慣』『まんがでわかる7つの習慣2 パラダイムと原則/第1の習慣/第2の習慣』(ともにフランクリン・コヴィー・ジャパン監修/宝島社)がランクインしている。オリジナル版もこの夏「25周年記念版」などが出され、あらためてこの本に注目が集まっている。

『7つの習慣』とは、人生を成功にみちびくための思想を述べた、いわゆる「自己啓発書」である。凡百の類書とちがう点は、この本が25年ものあいだ売れ続けてきたロングセラーであり、販売部数は全世界で3000万部、日本でも百数十万部にもなるベストセラーであるということだ。この本がどうしてこんなに成功をおさめることができたかというと、それはもちろん、この本がそれだけよくできているから。自己啓発書のお手本といってもいい。でも、それだけにかえって、天邪鬼の私は「こんなの読んでて大丈夫か?」と考え込んでしまう。それはなぜか? これを『7つの習慣』リヴァイヴァルのこの機会に考えてみたい。

 まず、『7つの習慣』をまだ読んだことのない人のために、いったいどういう本なのかを簡単に紹介しよう。

 この本の核となる、いちばん重要な考え方がある。それは「インサイド・アウト」というものだ。これは、「あなたの周囲の問題は、あなたが問題だと思っているから問題なのだ」という考え方である。どういうことか。飲み屋に行けば、部下が使えないやつだとか、上司から何も学べないとか、そんな愚痴にいくらでもお目にかかることができる。でも、こんな風に考えてはどうだろうか。つまり、部下が使えないのは、実は上司である自分が部下を上手に使う術をもっていないからではないか。上司から何も学べないのは、部下である自分に何かを学ぶ姿勢が足りないからではないか、と。多くの人は自分の都合のいいように物事を見て判断する。だから何かがうまくいかないとき、それを周囲のせいにしてしまうのだ。でも、ここで物の見方を変えて、自分が変わらなければ周囲も変わらないのではないか。このように、問題解決に向けたアクションを自分自身の内面から始めるのが「インサイド・アウト」の考え方だ。

 たしかに、ままならない周囲の物事を変えようと躍起になるより、自分の物の見方を変えて環境に適応していくほうが、ずっと効率的に思える。その結果として周囲も変わっていくとしたら、これ以上のことはない。まさしく発想の転換である。とはいえ、これは言うは易く行うは難しである。たとえ考え方を理解できたとしても、一朝一夕にそれを達成するのは難しいだろう。だから、日々の暮らしのなかで粘り強くそれを実践する術を身につけていく必要がある。そこで頼りになるのが習慣の力だ。つまり「7つの習慣」とは、「インサイド・アウト」の考え方を実践するための日常的なマニュアルなのである。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

ブラック企業経営者の本音 (扶桑社新書)

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

ベストセラー『7つの習慣』は「やりがい搾取」をもたらす危険な書だ!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。二葉亭クレヨン洗脳若者の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 五輪海外選手の猛暑への批判に同調の為末大が猛暑懸念の声を「反安倍」と
2 五輪で “濃厚接触者との対戦拒否できず”のルールがこっそりできていた
3 感染者急増、医療逼迫でもテレビは「五輪金メダル」報道一色、コロナ無視!
4 櫻井よしこの朝日攻撃の「捏造」が法廷で
5 組織委は「復興」ないがしろ!被災3県の子どもの深夜動員にも批判 
6 大ウソだらけの東京五輪! 安倍・菅・森はどんな嘘をついてきたか
7 IOC幹部の発言で安倍の責任が明白に…「1年以内延期」「再延期なし」ゴリ押し 
8 葵つかさが「松潤とは終わった」と
9 麻生「ヒトラーは正しかった」は本音
10 五輪サッカー・久保建英が南アの陽性者に「僕らに損ではない」と無神経発言
11 千原、宇治原がネトウヨばりの政権擁護
12 検査数少ないのに感染1387人 東京で医療逼迫が起き始めた!
13 川島なお美が近藤誠の診断を告発
14 東京五輪開閉会式に小山田圭吾参加で批判殺到!過去に“障害者いじめ自慢”
15 森友学園疑惑で古市憲寿と田崎史郎が
16 五輪選手の親はみんな“毒親”なのか?
17 五輪関係者が入国当日、築地を散歩! 
18 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
19 五輪開会式演出の小林賢太郎が“ユダヤ人大量惨殺ごっこ”ギャグで解任!
20 青木理に官邸の仕掛けで不倫情報
1大ウソだらけの東京五輪! 安倍・菅・森はどんな嘘をついてきたか
2五輪関係者が入国当日、築地を散歩! 
3 平井大臣の株売却益隠しの裏!タニマチIT企業がオリパラアプリを高額受注
4東京五輪開閉会式に小山田圭吾参加で批判殺到!過去に“障害者いじめ自慢”
5五輪サッカー・久保建英が南アの陽性者に「僕らに損ではない」と無神経発言
6 検査数少ないのに感染1387人 東京で医療逼迫が起き始めた!
7五輪入場行進にすぎやまこういちの曲、杉田水脈のLGBT差別に同調
8それでも謝罪しない…河野太郎がワクチン問題でついた嘘と”知の崩壊“発言
9南ア、チェコ選手の感染、イギリス選手の濃厚接触も隠していた政府と組織委
10五輪海外選手の猛暑への批判に同調の為末大が猛暑懸念の声を「反安倍」と
11五輪開会式演出の小林賢太郎が“ユダヤ人大量惨殺ごっこ”ギャグで解任!
12五輪で “濃厚接触者との対戦拒否できず”のルールがこっそりできていた
13組織委は「復興」ないがしろ!被災3県の子どもの深夜動員にも批判 
14感染者急増、医療逼迫でもテレビは「五輪金メダル」報道一色、コロナ無視!
15NHKが開会式前日に放送『いだてん』が突きつける東京五輪への疑問
16五輪入場行進曲の作曲者名カットはすぎやまこういち隠し?それとも
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄