ワクチンでも後手の菅政権が「接種用特殊注射器8000万本を韓国に購入要請」のニュースに“命より嫌韓が大事”なネトウヨが激怒

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
ワクチンでも後手の菅政権が「接種用特殊注射器8000万本を韓国に購入要請」のニュースに命より嫌韓が大事なネトウヨが激怒の画像1
9日予算員会で答弁する田村大臣(衆議院TVインターネット審


 案の定の展開と言っていいだろう。昨日18日、日本政府が新型コロナワクチン接種用の特殊な注射器約8千万本を韓国に購入要請していると、共同通信が報じたのだ。

 このワクチン接種用注射器をめぐっては、先日、本サイトでも菅政権がまたぞろ後手対応の失態を演じていることをお伝えしたばかり。日本政府は12月末に、ファイザー社から6回分を採取するために特殊な注射器が必要なことを知らされていたにもかかわらず、なにも対策を打たずに放置。1月25日になってあわてて特殊注射器の量産をメーカーに依頼したが、量産体制はいまだ構築されておらず、生産数を数百万本規模に増やすためにはまだ4カ月以上かかる見通しなのだ。

 一方、同じ記事で紹介したが、対照的だったのが韓国。韓国は特殊な注射器が必要との情報を掴むやすぐ、12月24日に特殊注射器の増産体制に入り、生産能力は月400万台から月1000万台にまで上げたという。政府の支援で国外への輸出体制まで構築していた。

 そういう意味では、日本が韓国に頼らざるをえなくなることは予測されていた事態なのだが、これに激怒しているのが、嫌韓が命のネトウヨたちだ。ヤフーニュースに日本政府が特殊な注射器を韓国に購入要請というニュースが転載されるや、記事のコメント欄やまとめサイト、ツイッターなどネットには、共同通信の記事をフェイクニュースと決めつける投稿、さらにこんなヘイト投稿があふれた。

〈自分への接種がまわってこなくても良いので韓国からは購入しないでください。〉
〈韓国から買わなくて良い。韓国から買うぐらいなら俺は待つ。韓国なんぞ頼りたくない。〉
〈接種する時にワクチンメーカーと注射器メーカーを聞いてから接種するかどうかを決めた方がいいと思います〉
〈今の時期に何故韓国に注射器の購入要請をするのか、政府の頭は正常か?韓国に要請しなくても他の国で対応出来るはずである。〉
〈韓国の注射器はいやだ。〉
〈やめとけ何仕込まれるかわかったもんじゃない〉
〈ただでさえワクチン打ちたくないのに、これなら絶対打たんわ〉
〈韓国に頼るなんて日本の大恥〉

 どうやらこの人たちは、命より嫌韓のほうが大事らしい。というか、普通なら、韓国に購入要請をしたことやそれを報じた共同通信に対して怒る前に、特殊注射器の必要性を知っていながら後手対応に終わった菅政権に対して、批判の声を上げるべきだろう。

 ネトウヨの皆さんに問題の本質を理解してもらうためにも、この注射器をめぐる菅政権の失態をレポートした先日の記事を改めて再録するので、ぜひ読んでいただきたい。
(編集部)
***************

菅政権がワクチン接種でも大失態! 対応の注射器用意せず1瓶6回採取が5回に

 今月12日に米ファイザー社製の新型コロナワクチンの第一便が成田空港に到着、厚労省はこのワクチンを14日に正式承認した。本日17日からは医療従事者に先行して接種がスタートする。

 メディアでは明るい話題として取り上げられているワクチン接種。しかし、森喜朗氏の性差別発言によってすっかりかき消されてしまったものの、ワクチンをめぐっては政府による絶句するような怠慢、手落ち対応があきらかになっている。

 それは、ファイザー製ワクチンは1瓶で6回分の採取がおこなえる計算だったのに、突如、菅政権は5回分しか採取できないと言い出したからだ。

 厚労省はファイザー社と「年内に1億4400万回分(7200万人分)の供給を受ける」という契約を結んでいるが、このまま5回分しか採取できないとなると、単純計算でじつに2400万回分(1200万人分)が使えずに廃棄、つまりパーになってしまうということになる。

 この問題は国内メディアでも「ワクチン接種できる人“減少”?」「接種可能数 減る恐れ ファイザーワクチン 1瓶6回が5回に」などと報じられたが、海外メディアの報道はもっと厳しい。実際、英大手紙のガーディアンはこう伝えている。

「日本、注射器を間違えたため、何百万回分ものワクチンを廃棄することに」

 一体なぜこんなことが起こってしまったのか。そもそも、ファイザー社は1瓶から採取可能なのは5回分としていたが、注射針とシリンジの隙間のデッドスペースに液体が残らない特殊な注射器を使えば6回分を採取できることがわかり、昨年12月にファイザー社は日本政府にもそれを伝達。政府は1月15日におこなった自治体向けの説明会でも1瓶で6回分が採取できると説明していた。

 ところが、今月9日の衆院予算委員会で、公明党の大口善徳衆院議員の質問に答えるかたちで、田村憲久厚労相がこう言い出したのだ。

「12月に確認すると、どうもですね、その6回というのは、その6回取れる特殊な筒といいますか、そういうのがあるんですね、シリンジが。それを使うと6回取れるという話でございまして。いま、それをですね、各医療機器メーカーから確保すべく集めております。ただ、もちろん、普通、日本で使われているものですと、5回しか取れないわけですので、すぐに接種、全員分のですね、シリンジは確保できないということで、医療機器メーカーに増産もお願いいたしております」
「(自治体に配布した手引きでは)いままで6回と書いてあったんですけど、5回というかたちでですね、変えさせていただいて、体制を整えていただくということをお願いさせていただきたいと思います」

12月24日に特殊注射器増産体制に入った韓国 日本は1月25日以降に特殊注射器必要を初めて認識

 特殊なシリンジを確保できないことがわかったから、1瓶から採取できる回数を6回から5回に変更する……。この田村厚労相の説明だと“急に6回と聞かされた”“特殊なシリンジだから急には対応できないのは当然”と言わんばかりだが、しかし、日本政府側の対応は実際には杜撰極まりないものだった。

 というのも、ファイザー社は「6回分採取できるかも」「そのためには特殊な注射器が必要」と12月中旬ごろには伝えていたのに、厚労省が確保していた注射器で検証をおこない、5回分しか採取できないことを確認したのは「1月25日以降」だったからだ。

 ようするに、特殊な注射器が必要なことを把握していながら、厚労省は約1カ月半も棚晒しにしていたのである。前述したように、自治体に対しては1月15日に「6回分採取できる」と説明していたのに、実際に確保していた注射器でそれが可能かどうか確認すらしていなかった、というわけだ。

 この後手対応によって、現実にワクチン接種に大きな支障が出てくることは確実だ。田村厚労相は「増産をお願いしている」などと言っているが、特殊な注射器を製造している国内メーカーのニプロが明かしたところによると、政府から増産の依頼を受けたのは「1月末」のこと。しかも、ひと月50万本ほどの生産数を数百万本規模まで増やすためには〈4か月から5か月かかる見通し〉だという(NHKニュース15日付)。現在確保できた分はきょうからの医療従事者向けの先行接種で使用されるというが、同社の増産体制が整い供給されるようになるのは、6〜7月になってしまうというのだ。

 これがいかに酷い対応であるかは、韓国の対応と比較すれば一目瞭然だ。

『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日)が伝えたところによると、昨年末までに韓国はアメリカのワクチン接種状況の調査をおこない、特殊な注射器が不足しワクチンが無駄になっていることを把握。そこで昨年のクリスマスイブには、政府が主導して、医療機器メーカーにサムスンの社員を送り込んで特殊な注射器の増産を開始。生産能力が月400万台しかなかったのを、月1000万台にまで上げたという。さらに、日本テレビの報道によれば、韓国政府はこの特殊な注射器について〈国外への輸出支援の検討を進めて〉いるという。

 日本政府がファイザー社からの情報提供から約1カ月半も放置し、増産要請をかけたのもつい最近だったのに、他国では着々と増産体制を整え国外輸出まで視野に入れている──。この対応の差には愕然とするほかないだろう。

ワクチン確保でも後手対応だった菅政権 17日から接種は大丈夫なのか

 しかも、菅政権のワクチン対応の遅れはこの注射器の問題だけにかぎったものではない。菅義偉首相は総理会見で「他の先進国に比べてワクチン接種が遅れている」と指摘された際、「確保は早かった」と何の抗弁にもなっていない反論をおこなったが、この「早い確保」も意味がなかったことが判明。昨年7月にファイザー社と政府は「2021年6月末までに6000万人分(1億2000万回分)を供給」で基本合意したとしていたが、今年1月20日になって「年内に7200万人分(1億4400万回分)を供給で正式契約」と発表。「6月末」のはずが「年内」と時期が半年もずれ込んでしまったからだ。

 さらに、菅首相は会見で「先日、3社から3億1400万回分の供給を受ける契約の締結に至った」「高齢者については4月から接種を進めます」と明言したが、周知のとおりEU(欧州連合)は輸出規制に動き出すなど「ワクチン囲い込み」が激化。その上、米モデルナ社と英アストラゼネカ社のワクチンにしても、3日付の時事通信記事では政府関係者が「実際に使えるのは7月以降になる」と語り、〈治験データに不備などが見つかれば、さらにずれ込む可能性も否定できない〉と伝えている。医療従事者等には約400万人分(約800万回分)、高齢者には約3600万人分(約7200万回分)のワクチンが必要だが、果たしてこれだけの数が菅首相の言う4月に確保できるのかは不透明な状況だ。

 そのため、この状況に全国の知事からは不安の声が噴出。15日におこなわれた全国知事会の会合では「ワクチンの供給時期などの具体的な情報がなく、接種体制の準備に影響が出ている」と指摘がなされたが、対してワクチン担当の河野太郎大臣は「(供給時期の情報提供は)まだ厳しいのが現実」とし、いまだに見通しさえ明らかにしていない。

 そして、ここにきて発覚した、確認の怠慢によってかなりのワクチンをパーにしてしまう可能性が高いというこの事態……。冒頭に記したように森喜朗氏の性差別発言問題でかき消されてしまったが、本来ならば批判が殺到して当然の大問題であり、菅政権の「国民のために働く。」というキャッチコピーが看板倒れであることを証明するものだ。

 この体たらくでは、きょうからスタートする接種でもさらなる問題が起こることになるのではないだろうか。

最終更新:2021.02.19 11:26

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

ワクチンでも後手の菅政権が「接種用特殊注射器8000万本を韓国に購入要請」のニュースに“命より嫌韓が大事”なネトウヨが激怒のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ネトウヨワクチン嫌韓新型コロナウイルス田村憲久編集部菅義偉の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 菅首相、麻生財相、小泉環境相らが参加する“会費月10万円以上の秘密勉強会”
2 菅首相が追い詰められ本音ダダ漏れ、ジェンダーバイアス発言も
3 『バイキング』がリコール不正で高須院長を露骨擁護!スポンサーに忖度か
4 田崎史郎が山田真貴子辞職でも「入院は山田氏の判断」「食べたの3万円分」
5 原発事故前に安倍が地震対策拒否
6 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
7 大阪維新「ファクトチェッカー」が一般市民の事実に基づく批判を吊るし上げ
8 葵つかさが「松潤とは終わった」と
9 山田真貴子内閣広報官が育鵬社の教科書に“男女平等の象徴”として登場!
10 福島沖地震で東電が福島原発の異変を隠蔽!菅首相も「すべて正常」
11 安倍の原発事故責任逃れの手口とは?
12 五輪選手の親はみんな“毒親”なのか?
13 愛知リコール不正は維新にも責任 事務局長は維新の衆院選公認候補
14 リコール不正確定的でも陰謀論全開の高須院長を批判できないマスコミ
15 甘利明の捜査を潰した法務省幹部の名前
16 菅首相に飛ばされた元総務官僚が語った恐怖支配!「あそこまでひどい人は…」
17 菅首相が山田内閣広報官を処分しない理由に女性問題を悪用!
18 セカオワSaoriの壮絶いじめ体験
19 生長の家が安倍政権と日本会議を徹底批判
20 小田嶋隆・武田砂鉄対談 後編 糸井重里と松本人志をあらためて語る
1 年金データのマイナンバーはやはり中国に流出か…厚労省部会の報告書が指摘
2 福島沖地震で東電が福島原発の異変を隠蔽!菅首相も「すべて正常」
3 愛知リコール不正は維新にも責任 事務局長は維新の衆院選公認候補
4 菅政権のデジタル化のポンコツ暴露も、さらに五輪観客用アプリに73億円
5 丸川珠代は五輪担当相に不適格!「娘として」発言、ヘイトデマ丸乗り
6 菅首相が“コロナ会見中止は山田内閣広報官隠し”と追及され逆ギレ!
7 山田真貴子内閣広報官が育鵬社の教科書に“男女平等の象徴”として登場!
8 菅首相が山田内閣広報官を処分しない理由に女性問題を悪用!
9 大阪維新「ファクトチェッカー」が一般市民の事実に基づく批判を吊るし上げ
10 菅政権がワクチン特殊注射器8000万本を韓国に購入要請でネトウヨが激怒
11 菅首相、麻生財相、小泉環境相らが参加する“会費月10万円以上の秘密勉強会”
12 菅首相が追い詰められ本音ダダ漏れ、ジェンダーバイアス発言も
13 田崎史郎が山田真貴子辞職でも「入院は山田氏の判断」「食べたの3万円分」
14 『バイキング』がリコール不正で高須院長を露骨擁護!スポンサーに忖度か
15 菅首相の長男による総務省幹部接待は贈収賄だ! 接待音声データで菅長男が…
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄