東京五輪チケットに「首相枠」、聖火ランナーも「桜を見る会」状態に…吉本芸人、恵俊彰、つるの剛士ら安倍応援団を起用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
東京五輪チケットに「首相枠」、聖火ランナーも「桜を見る会」状態に…吉本芸人、恵俊彰、つるの剛士ら安倍応援団を起用の画像1
tokyo2020公式HPより


 東京五輪も安倍政権によって私物化されているのだろうか。17日、東京五輪の観戦チケットに「首相枠」や「首相官邸枠」、「議員枠」があるかを尋ねる質問主意書に対し「答えることは困難」とする答弁書が閣議決定された。

 立憲民主党の田島麻衣子参院議員の質問主意書に答えたもので、〈観戦チケットの販売枚数および販売プロセスが必ずしも明らかではない〉〈多額の税金で開催する以上、販売プロセスや全体像を国民に示す責任がある〉として、〈一般の国民〉と〈スポンサー及び関係企業・競技団体、大使館、旅行関係者〉とそれ以外のチケットの枚数や割合、そして〈総理枠〉〈官邸枠〉〈議員枠〉はあるのか、などを質問していた。

 そもそも多額の税金がつぎ込まれる公共のイベントである東京五輪の、チケット割り当ての内訳すら公表されていないというのも驚きだが、それ以上に驚いたのは〈総理枠〉〈官邸枠〉〈議員枠〉に関する答弁書だろう。

〈答えることは困難〉と回答したのである。〈「首相枠、官邸枠および議員枠」の意味するところが明らかではない〉などと言い訳しているが、なければ「ない」と答えればいいだけのこと。昨日、本サイトでも報じた昭恵夫人の日当や経費に関する答弁書もそうだったが、「ない」と答えられないということは、何かしらのかたちで首相枠や官邸枠、議員枠に類するものが存在すると考えざるを得ない。さらなる追及が必要だろう。

 もうひとつ五輪をめぐって不可解さが指摘されているものがある。昨日から発表され始めた、聖火ランナーの人選だ。

 聖火ランナーは「一般公募枠」「推薦枠」「スポンサー枠」と合わせて総数1万人ほどで、いずれの枠も“各都道府県にゆかりがある”など組織委員会の定めた基準に沿って、スポンサーと47都道府県の実行委員会が選定したものだというが、その一部の人選をめぐって疑問の声があがっている。

 たとえば、お笑い芸人・みやぞんが岐阜県の聖火ランナーとして選ばれているのだが、理由は「出身地の東京都足立区が、松尾芭蕉の奥の細道の出発地であるとされるため」というもので、無理やりこじつけたようにしか思えないなどと言われているのだ。

 しかし、人選の謎はみやぞんに限ったことではない。五輪出場経験のあるスポーツ選手らが多数選ばれているのはわかるとしても、芸能人が異常に多い。その顔ぶれを見ていると、まるで「桜を見る会」状態だ。

 まず目につくのが、吉本芸人の多さだろう。たとえば、大阪府で選ばれたハイヒール・リンゴ、兵庫県で選ばれた陣内智則、愛知県で選ばれたロンドンブーツ1号2号・田村淳、沖縄県で選ばれたガレッジセール・ゴリ、新潟県で選ばれた横澤夏子、おばたのお兄さん……。

 吉本といえば、近年、安倍政権や日本維新の会との“蜜月”を背景として、政府や地方自治体関係の仕事をどんどん増やしていることは本サイトでも何度も指摘してきたが、東京五輪にまで食い込んでいるのか。

 吉本だけではない。芸能プロダクションでいえば、ナベプロ(ワタナベエンターテインメント)のタレントも目につく。群馬県で選ばれた中山秀征、東京都で選ばれた中川翔子、広島県で選ばれたアンガールズ・田中卓志、鹿児島県で選ばれた恵俊彰……。ナベプロといえば、安倍首相の母・洋子氏と渡辺美佐名誉会長が旧知の仲で、古くから清和会との関係が深いことで知られ、近年も美佐名誉会長が産業遺産国民会議の評議員を務めていたり、渡辺ミキ社長が所属タレントたちを引き連れて「桜を見る会」に参加するなど安倍政権と近いことで知られている。

鹿児島県では恵俊彰、神奈川県ではつるの剛士が聖火ランナーに

 ただし、恵俊彰については、ナベプロであること以外に違う意味合いがあるかもしれない。『ひるおび!』(TBS)のMCを務める恵は、安倍政権御用ジャーナリスト・田崎史郎氏や右派思想の八代英輝弁護士らととともに、政権擁護に誘導する番組進行ぶりで知られている、安倍応援団タレント。とくに、菅義偉官房長官とは近く、定期的に会食している関係といわれている。もしかしたら、安倍応援団であることが買われての抜擢なのではないか。

 安倍応援団タレントといえば、神奈川県ではつるの剛士もランナーに選ばれている。つるのといえば、テレビでは“おバカだけで誠実なパパキャラ”のイメージで売り出しているが、実は安倍政権が批判されるたびに政権を擁護するゴリゴリのネトウヨ思想の持ち主で、典型的な“応援団タレント”だ。

 恵は鹿児島県出身、つるのは神奈川県在住ではあるが、両県にゆかりのある芸能人は他にもいる。いったいなぜ恵とつるのなのか。安倍政権に親和的であることが、各都道府県の選考に影響してはいないのだろうか。あるいは、まさかと思うが、聖火ランナーにも「桜を見る会」と同様、「首相枠」「官邸枠」などというものがあるのか。

 いずれにしても、今回発表された聖火ランナーには、上述した吉本芸人などを含め、なぜその芸能人が選ばれたのかが不明確なケースが結構あるのだ。都道府県によっては未成年の一般人ランナーも含め氏名や自己PR的なプロフィールを公表しているところもあるが、選考基準は不明で芸能人や有名人が優先されているようにも思える。

 東京五輪の費用は、当初7000億円とされていたにもかかわらず、その後3兆円にまで膨れあがっている。また、今月4日に公表された会計検査院の報告によれば、東京五輪に関する国の支出はすでに1兆6000億円を超えており、政府と大会組織委員会が公表している予算額の実に4倍に達しているという。一方で、先日、五輪の有償スタッフの派遣事業をめぐってパソナに支払われる金額について本サイトが問い合わせたのに対し、組織委員会はその金額を明かさないなど、不透明なところも多い。

 観戦チケットや聖火ランナーについても、「首相枠」「官邸枠」「議員枠」のようなかたちで、身内優遇・私物化がないか、追及・検証が必要だろう。

最終更新:2019.12.18 09:59

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

東京五輪チケットに「首相枠」、聖火ランナーも「桜を見る会」状態に…吉本芸人、恵俊彰、つるの剛士ら安倍応援団を起用のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。つるの剛士みやぞん吉本興業安倍晋三恵俊彰東京五輪編集部聖火ランナーの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 れいわから出馬 水道橋博士が主張する「反スラップ訴訟法」の重要性!
2 町山、ロマン、水道橋、春日、豪の論戦
3 葵つかさが「松潤とは終わった」と
4 維新に反省なし!女性蔑視の石井議員は開き直り、松井代表は経歴詐称を擁護
5 「報道の自由度ランキング」下落報道でNHKが政権忖度し削除した文言
6 自公維の「国民投票法改正案」に批判の声!小泉今日子も反対表明
7 X JAPAN、TAIJIの死の謎
8 川島なお美が近藤誠の診断を告発
9 古市憲寿が政府のコロナ対策を検証する「有識者会議」入りで疑問の声
10 水道橋博士を訴訟恫喝、松井市長が感染者入力を外注、委託料は言い値の1億円
11 ペジー社社長の財団が山口敬之の実家に
12 岸田政権の“改憲”の本命「緊急事態条項」はこんなに危ない!
13 吉村知事肝いりの大規模入院施設の利用率が最大7%で閉鎖
14 アムウェイにキラキラ女子が急増中!
15 古舘伊知郎“最後の一刺し”がテレビ大賞
16 朴槿恵と同じ!安倍も操られていた
17 国会審議で「総理は嘘つき」が“侮辱罪”にあたる可能性を政府は否定せず
18 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
19 オリラジの吉本興業退所でマスコミが触れない松本人志をめぐる圧力
20 『女が嫌いな女』アンケートの噓を暴く
1 「報道の自由度ランキング」下落報道でNHKが政権忖度し削除した文言
2 自公維の「国民投票法改正案」に批判の声!小泉今日子も反対表明
3 維新に反省なし!女性蔑視の石井議員は開き直り、松井代表は経歴詐称を擁護
4 れいわから出馬 水道橋博士が主張する「反スラップ訴訟法」の重要性!
5 古市憲寿が政府のコロナ対策を検証する「有識者会議」入りで疑問の声
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄