見城徹と秋元康が問題の「血液クレンジング」PRをこっそり削除していた! 幻冬舎メディアで“2人で一緒にやってる”と宣伝

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
見城徹と秋元康が問題の「血液クレンジング」PRをこっそり削除していた! 幻冬舎メディアで2人で一緒にやってると宣伝 の画像1
幻冬舎「GOETHE」のページから消された見城氏と秋元氏の「血液クレンジング」記事(ウェブ魚拓より)


 科学的根拠が希薄だと指摘されているにもかかわらず、芸能人や文化人らが宣伝し、社会問題となっている「血液クレンジング」。曰く、「ドロドロになった血液」を一度体外に取り出して、オゾン注入により血液を“浄化(クレンジング)”。体内に戻して「健康なサラサラ血液」にすることで疲労回復や免疫機能向上の効果がある、というのだが、そうした“PR”には医師や専門家からも「科学的根拠がない」「疑似科学だ」と警鐘を鳴らす声があがっている。

 すでに、医療関係者らによる批判は、この問題を取り上げてきた「BuzzFeed Japan」をはじめ、「現代ビジネス」など複数媒体で報じられているとおりだ。10月後半には、ブログやInstagramなどで「血液クレンジング」を宣伝してきた市川海老蔵や高橋克典、田中律子、仲里依紗、高橋みなみなどの芸能人が大炎上するという事態となった。

 たとえば、2012年に「血液クレンジング」を受けたことをブログで拡散していた、ブロガーのはあちゅうは、「エセ科学」との指摘を受けて記事を削除、Twitterでも〈もしもニセ医療であるなら、お金を払って施術を受けているので被害者ではあるのですが、SNSに載せると被害者でありながら被害を拡大させているので、責任も感じますし、情報の発信や判断って本当に難しいですね〉などと投稿した。

 だが、こうしてTwitterで見解を示したはあちゅうのようなケースはほんの一部だ。なかには、以前はノリノリで「血液クレンジング」を宣伝し、その“効果”を謳っておきながら、コッソリとその痕跡を削除、一切の釈明をせぬまま遁走しようとしている人たちさえいる。

 そう、幻冬舎の見城徹社長だ。見城氏といえば「安倍首相の大ファン」を公言する“安倍応援団メディア人”の代表。今年5月には、『日本国紀』(百田尚樹)を批判した作家・津原泰水氏の文庫本出版中止問題で、津原氏の実売部数を晒すなどの暴挙に出て、多くの批判を浴びたのも記憶にあたらしい。

 その見城氏だが、一時期、オトモダチの秋元康氏といっしょに「血液クレンジング」に大ハマりしていたらしく、幻冬舎のファッション雑誌「GOETHE」のウェブ版にも、二人で「血液クレンジグ」を猛プッシュする記事を掲載していた。ところが、騒ぎが大きくなった10月、そのウェブ版記事が何の断りもなく、いつのまにか削除されてしまったのである。

 出版社の代表にあるまじき無責任っぷりだが、どれだけ密かに消したと思っていても、ウェブ上には“魚拓”が残っているし「GOETHE」本誌にもバッチリ同じ記事が載っている。どんな内容だったのか、あらためて紹介しておこう。

見城「終わるとエネルギーが蘇ってくる」秋元「見城さんと毎回一緒に来る」

 見城社長と秋元氏が「血液クレンジング」を大絶賛していたのは、「GOETHE」2017年6月号での「死なないカラダを手に入れろ!」なる特集でのこと。見城氏と繋がりがある芸能人や文化人たちが「カラダの最先端メンテナンス術」などといって、様々な健康医療やリラクゼーション等を紹介するという企画だ。

 このなかで、見城氏本人も秋元氏とともに登場。ページは「NK細胞投与 血液クレンジング」なるタイトルで、〈免疫力と抗酸化力を高めることによりがんと病気を防ぐ〉などと謳われている。記事は、いきなりこんな秋元氏のコメントから始まる。

「2週間に1度のカラダのメンテナンスとクールダウン。メンテナンスは続けることが大事。見城さんと毎回一緒に来ることが続ける動機になっています」

 で、その二人が2週間に1回の頻度で訪れるのが、東京・新宿区の「湘南メディアカルクリニック 新宿院」という場所。そこで、〈NK細胞投与療法と血液オゾンクレンジングという二つの治療を受ける〉と続く。記事内では「血液オゾンクレンジング」について〈見た目でわかるほど、血液がサラサラになり、抗酸化力を高め、病気になりにくいカラダをつくる効果がある〉と説明されていた。記事は、見城氏と秋元氏のこんなコメントで締めくくられている。

「秋元が隣にいるのであっという間に時間が過ぎていくし、終わるとエネルギーが蘇ってくるのを感じる」(見城氏)

「男同士で来るのがいいんですよ。’80年代から戦ってきた、戦友のような関係だし、ここでの時間は満身創痍の戦士の休息なんです」(秋元氏)

「血液クレンジング」は医学の専門家からも「効果効能のエビデンスは全くない」の指摘

 妙に自己陶酔的なかけあいだが、このように見城社長と秋元氏が大絶賛した「血液クレンジング」が、医療関係者から「ニセ科学」と指摘されているのは前述のとおり。たとえば、美馬達哉・立命館大学先端総合学術研究科教授は、「血液クレンジングで血液がサラサラになる」というカラクリをこう解説している。

〈採血や献血で見る血液は静脈血なので赤黒い色なのだが、オゾンを注入するとテレビや映画の血糊と同じ鮮やかな赤色に変化する。
 いかにもクレンジング(浄化)されたような気分になるらしい。
 ただし、これはオゾンそのものの作用ではない。オゾンそのものは強い毒性 があるガスのため、オゾンを酸素や空気で20倍以上に薄めたガスが臨床用には使われる。
 つまり、血液に酸素をブクブクと吹き込んだ結果、血液中のヘモグロビンと酸素が結びついて、酸素化された動脈血の色つまり鮮血色になる仕組みだ。
 これがネット界隈でよく見かける、「ふつうに呼吸していれば血液クレンジングと同じ」という批判(ツッコミ)の意味だ。〉(ウェブサイト「現代ビジネス」10月30日)

 美馬教授は、こうしたいわゆる「オゾン療法」と呼ばれるものについて、〈ヨーロッパの一部では補完代替医療として行われている場合もあるが、治療効果について言えばすべて科学的根拠は無い、残念〉と切ってすて、さらに脳神経内科専門医・神経科学者としての見解として、〈オゾンや酸素の過剰は身体のなかに活性酸素を作り出してしまう〉と指摘。〈血液クレンジングは、現在の標準的医学から見れば、何らかの臨床的効果があるというエビデンスはないに等しい〉と論考をまとめている。

 また、『「ニセ医学」に騙されないために』(内外出版社)などの著書を持つ内科医の名取宏氏は、「BuzzFeed Japan」の取材に対してこう話している。

〈健康な人が「血液クレンジング」を受けても、疲労回復やアンチエイジングといった効果は見込めません。
 海外の医学論文を検索すると、自分の血液をいったん体外に出して、オゾンを注入した上で体に戻す「自己血オゾン療法」について、いくつかの疾患に対して効果があったとする研究は存在します。
 しかし、エビデンスは不十分で、歴史が長いわりにはいまだに代替医療の一つという位置づけです。ましてや健康な人にプラスの効果があることは証明されていません。
 日本において自費診療で行われている「血液クレンジング」はニセ医学だと私は考えます。多くのクリニックでうたわれている効果効能は十分なエビデンスがあるとは言い難く、誇大宣伝だと考えます。〉(「BuzzFeed Japan」10月19日)

見城、秋元が通う「血液クレンジング」の病院はオトモダチが経営 院長も幻冬舎から出版

 ようするに、見城社長と秋元氏は、ほんの2年前まで、このように「科学的エビデンスがない」と指摘される「血液クレンジング」を大々的に宣伝していたわけだ。それを今になって、ウェブ版記事を何の釈明もせずにシレっと削除するなんて、メディア人としての了見を疑わざるを得ないだろう。

 しかも、問題の記事をよく呼んでみると、見城氏らが「体にいいから勧めた」と言うような“ピュア”な動機だったとも、思えない。

 というのも、見城氏と秋元氏が「2週間に1回通っている」と勧めていた「湘南メディカルクリニック」は、「湘南美容クリニック」で知られるSBCメディカルグループの傘下にある。SBCといえば、ほかならぬ代表の相川佳之氏が見城社長のオトモダチ。実際、(Twitterは今年5月にやめたが)見城氏はSNSでもたびたびSBCの相川氏との会食を写真付きでアピールしたりしている。そして、問題の記事にも出てくる「湘南メディカルクリニック」の阿部吉伸・新宿院院長は、実は、2016年に幻冬舎から『アクセル+ブレーキで がんを滅ぼす免疫療法』なる本まで出しているのだ。

 そうした状況を踏まえれば、コッソリ削除した「GOETHE」の記事も、「PR」という表記こそないが、何か“お友達優遇”や“ビジネス”の匂いがプンプンしてきてならないのである。

 見城氏と秋元氏が、少し前まで「血液クレンジング」を猛プッシュしていたにもかかわらず、医学的見地からの批判を受けて炎上すると、何の説明もないままウェブ版から記事を削除したという事実は、繰り返すが、出版や音楽などの表現文化の担い手としてありえない行為だろう。しかも、見城氏はテレビ朝日の番組や報道をチェックする番組放送新議会の委員長でもある。そんな人物が疑似科学の治療法のPRに加担していいのか。見城・秋元両氏は、世間に対してはっきりと見解を示す責任がある。

最終更新:2019.11.02 08:39

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

見城徹と秋元康が問題の「血液クレンジング」PRをこっそり削除していた! 幻冬舎メディアで“2人で一緒にやってる”と宣伝 のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。幻冬舎秋元康編集部血液クレンジング見城徹の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 生稲晃子がアンケートで「9条改憲」だけ回答していた理由!
2 N国・立花のジェノサイド扇動発言を生んだ安倍政権の差別体質
3 葵つかさが「松潤とは終わった」と
4 自民・茂木幹事長「消費減税なら年金3割カット」と物価高に苦しむ庶民を恫喝
5 吉村知事が寝屋川市長のオミクロン株迅速対応を「僕の判断」と手柄横取り
6 関東連合元幹部がIT長者の素顔を暴露
7 山本太郎・れいわ新選組の当選した2人をネトウヨが卑劣な差別攻撃
8 維新の不祥事が止まらない! 猪瀬直樹セクハラ、新たに部落差別
9 岸田自民党政権が政府広報を使って事実上の選挙活動!
10 吉永小百合が「9条は変えさせない」
11 HIROレコ大買収隠しで上戸彩を利用
12 関西電力幹部に渡った裏金はもっとある!高浜原発をめぐる闇 
13 糸井重里、山下達郎、太田光…「責めるな」圧力の有名人の罪
14 X JAPAN、TAIJIの死の謎
15 DHC吉田会長がNHKに「社員のほとんどがコリアン系」とヘイトデマ
16 れいわから出馬 水道橋博士が主張する「反スラップ訴訟法」の重要性!
17 自民・吉川議員“パパ活”問題と細田議長のセクハラめぐるワイドショーの忖度
18 坂上忍『バイキング』打ち切りはフジ上層部による政権批判潰し
19 岸田政権の“改憲”の本命「緊急事態条項」はこんなに危ない!
20 中山美穂ラブラブ写真に辻仁成は
1 自民・茂木幹事長「消費減税なら年金3割カット」と物価高に苦しむ庶民を恫喝
2 岸田自民党政権が政府広報を使って事実上の選挙活動!
3 生稲晃子がアンケートで「9条改憲」だけ回答していた理由!
4 自民党候補が街頭演説でLGBT差別、安倍がその動画を拡散
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄