『8時だJ』同窓会で共演も、タッキーと嵐の複雑すぎる関係! タッキー&翼デビューのあと櫻井翔は…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
『8時だJ』同窓会で共演も、タッキーと嵐の複雑すぎる関係! タッキー&翼デビューのあと櫻井翔は…の画像1
『8時だJ』特番で共演のタッキーと嵐だが…


 滝沢秀明がいよいよプロデューサー転身のため年内引退ということで、多くのテレビや雑誌に登場している。

 本日29日夜も、滝沢は『超豪華!! 最初で最後の大同窓会!8時だJ』(テレビ朝日)という特番にメインとして出演した。『8時だJ』は1998年から1999年にかけてテレビ朝日で放送されていた、当時のジャニーズジュニアたちをメインに据えたバラエティ番組。滝沢と同じく、当時ジュニアでこの番組に出演していた嵐や関ジャニ∞のメンバーらが一堂に会するという。

 現在の嵐や関ジャニ∞のメンバーのほか、山下智久、生田斗真、風間俊介など後にブレイクする面々の、半ばのお宝的な十代前半からの映像と、当時の人間関係についてのトークを楽しみにしているファンも多いことだろう。

 なかでも注目されるのが、滝沢秀明をめぐる人間関係だ。周知のとおり、当時の滝沢はジュニアながら単独でドラマやバラエティに数多く出演、ジュニアのリーダー役を務めるなど、のちに多くの人材を輩出することになるジュニアブームのなかでも“顔”“エース”的存在だった。この『8時だJ』でも、当時16、17歳ながらヒロミとともにMCを務めている。

 滝沢がこうした特別扱いともいえるポジションにあったのは、もちろんジャニー喜多川社長からの寵愛によるところが大きい。特別扱いを受ける滝沢に対する嫉妬、あるいは滝沢と仲良くしていたらデビューしやすいんじゃないかという下心。デビューできるかどうかわからないという不安定なポジションとあいまって、当時滝沢の存在をめぐって、ジュニアの間ではそうした利害と感情が入り乱れる複雑な人間模様が展開されていた。

 とりわけ、滝沢と敵対関係にあったのが嵐だった。櫻井翔と滝沢の不仲は有名な話だが、滝沢への複雑な感情は櫻井に限ったことではなかった。

 2015年に出版された嵐の暴露本『嵐、ブレイク前夜』(元「嵐」側近スタッフ一同/主婦と生活社)には、そのことが詳しく描かれている。

 上述したジュニアブームのなかで、まず先にメジャーデビューしたのは人気・知名度ともに他を圧倒していたエースの滝沢ではなく、大野智、櫻井翔、二宮和也、相葉雅紀、松本潤の5人、嵐だった。そのため嵐のメンバーは、滝沢に対して〈優越感と気まずさとが入り交じった微妙な感情を抱くことに〉なったという。

 そして嵐から遅れること3年、滝沢が今井翼とともに「タッキー&翼」としてデビューすることになるのだが、当時の嵐は華々しくデビューしたもののいまひとつブレイクしきれていない状況にあった。そのため、タキツバに一気に抜かされるのではないかと5人はかなりナーバスになっていたという。

「タキツバ、ドーンと来ちゃったらどうしよう」
「俺ら、あっという間に抜かれて置いていかれるんじゃない?」

 メンバーの間ではこんな会話が交わされていたという。

 また、タキツバがデビューを控えた2002年9月、地方でコンサートをしていた嵐の楽屋で、タキツバのデビュー作『Hatachi』がBGMとして流れ出したのに対し、〈5人はあからさまにイヤな顔をし始め、ピリピリとした空気が漂〉ったのだという。

〈「これ、誰がかけてんの?」
「タキツバのデビューアルバムだよね」
 誰が言ったというわけでもないが、
「ちょっとCDかけるのやめようよ」
 という空気が蔓延してCDは止められ、マネジャーがスタッフを呼んで注意した。
「そういう話はやめてほしいし、CDもかけないで。タキツバがデビューするんで、みんなピリピリしてるんだからさ」〉

タキツバが予想ほど売れなかったことに安堵した櫻井翔

 嵐がいかにタキツバの存在にナーバスになっていたかがよくわかるエピソードだ。ところが、タッキー&翼がそこまで売れないと見ると、今度はこんなことを言い出したという。

〈そんなある日、嵐の5人でタキツバが予想していたほどには売れていないという話題になり、櫻井がしみじみとした口調で、
「俺たちって、いい時期にギリギリでデビューできてよかったよね」
 と、言った〉

 嵐の元側近スタッフはこの櫻井の発言をこう解説する。

〈Jr.ブームは嵐がデビューした翌年、ピークに達し、それ以降は失速。ピークから2年後にデビューしたタキツバは、ブームの追い風を受けられなかった、という意味だ。
 Jr.のエースと2番手として本体に残された2人のデビューは、「満を持して」ではなく、「時すでに遅し」だったともいえる〉
 
そして、〈タキツバは嵐にとって脅威ではなくなった〉のだという。

 しかし、その後も嵐と滝沢が共演する機会はほとんどなかった。今年7月、『櫻井・有吉THE夜会』(TBS)で滝沢と櫻井翔が、和解のキスをして話題になったが、嵐と滝沢の共演がほとんどなかったのは、両者の個人的な感情だけが理由ではない。

 最大の要因は、SMAP解散の原因にもなったジャニーズ事務所における派閥抗争の影響だ。

ジュリー副社長の影響で、嵐の番組に出演できなかったタッキー

 周知のとおり、嵐は藤島ジュリー景子副社長の肝いりのグループであるのに対し、滝沢はジャニー社長のお気に入り。そのためジュリー氏がキャスティングに大きな権限をもつ嵐関連の番組に、滝沢が出してもらえず共演の機会もほとんどなかったのだ。

 そして、滝沢の引退・プロデューサー転身の背景にあるのも、ジュリー派vsジャニー派の対立だ。「ジュニアへの愛情が深く、タレントを育てることと良質のエンタテインメントを作ることだけを考えている」(事務所関係者)ジャニー社長は、「クリエイティビティがなく金儲け主義で、タレントを育てようという意識が薄い」(同)ジュリー副社長の路線に不満を抱いており、ジュリー路線への抵抗としてぶち上げたのが滝沢後継指名だった。

 ところが、ジュリー副社長と母親のメリー喜多川副社長の反撃により、引退後の滝沢の位置づけは「ジャニー社長の後継」から「ジャニーさんのお手伝い」にいつの間にか後退させられている。

 来年以降、嵐と滝沢の関係はどうなっていくのか、滝沢の処遇は一体どうなるのか、ジャニーズ事務所はどうなるのか。今後も注視したい。

最終更新:2018.12.29 09:33

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

『8時だJ』同窓会で共演も、タッキーと嵐の複雑すぎる関係! タッキー&翼デビューのあと櫻井翔は…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。8時だJジャニーズタッキー&翼林グンマ櫻井翔滝沢秀明の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 石原伸晃議員が入院した国立大附属病院を「視察」していた
2 菅首相がこんな時期に山田太郎からネット指南、GoTo予算組み替えも拒否
3 信者商法に批判 キンコン西野の映画『プペル』を安倍昭恵が絶賛! 
4 石原伸晃の無症状ですぐ入院に非難殺到! 入院中の国立大学病院は救急お断りも
5 もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
6 バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない
7 葵つかさが「松潤とは終わった」と
8 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
9 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
10 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
11 菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
12 河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
13 ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
14 菅政権が医療逼迫するなか195億円かけて「病床削減」する狂気の沙汰!
15 吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
16 キンコン西野批判こそ「お金の奴隷」だ
17 安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
18 蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
19 安倍首相が会見も新しい対策ゼロ! 質問打ち切りに記者から怒号
20 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
1 石原伸晃の無症状ですぐ入院に非難殺到! 入院中の国立大学病院は救急お断りも
2 ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
3 菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
4 吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
5 特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
6 河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
7 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
8 石原伸晃議員が入院した国立大附属病院を「視察」していた
9 蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
10 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
11 菅首相がこんな時期に山田太郎からネット指南、GoTo予算組み替えも拒否
12 バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない
13 信者商法に批判 キンコン西野の映画『プペル』を安倍昭恵が絶賛! 

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄