文書改ざんで発狂「WiLL」「Hanada」が妄想全開の“朝日叩き”! 阿比留瑠比、小川榮太郎、百田尚樹の陰謀論に絶句

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
will_hanada_180329_top.jpg
左・「WiLL」(ワック)2018年5月号/右・「月刊Hanada」(飛鳥新社)2018年5月号

 財務省が森友文書改ざんを認めて以降、ものすごい形相で慌てふためき、醜態をさらしながら必死で政権擁護を展開している安倍応援団。そのデタラメ過ぎる主張には何度も呆れてきたが、まさかここまで別世界にいってしまっていたとは……。

 今月26日、「WiLL」(ワック)「月刊Hanada」(飛鳥新社)という極右安倍応援団雑誌の5月号がそろって発売されたのだが、なんとこの期に及んで、両誌とも文書改ざんをスクープした朝日の報道を「謀略」とする陰謀論を大展開していたのだ。

 まず「WiLL」。特集タイトルこそ、「『森友文書』の真実」なる神妙なものだったが、その内容はまさにお笑い。たとえば、産経新聞社論説委員・阿比留瑠比氏と元朝日記者・長谷川熙氏の対談では、「朝日が仕掛けた“安倍集団リンチ”」と題して、文書改ざん問題を〈問題の中身があまりに小さすぎる〉(阿比留氏)などと矮小化しながら、こんな香ばしい陰謀論が展開されていた。

〈安倍政権が憲法改正を推し進めようとしていることに、護憲派の連中が一斉に反発して、何とか政権を潰そうとしている動きは確かにあります。
 今回の問題に関して、政府与党の一致した見方は「情報源は大阪地検だ」と。では、なぜ大阪地検が朝日にリークしたのか。
 それは大阪地検の誰かが護憲派であり、反安倍政権的な考え方を持っていて、朝日と結託して情報を提供したとも考えられる。〉(阿比留氏)

 いやはや「大阪地検の護憲派が朝日と結託」とか、こんな妄想論説委員を抱えていて産経新聞は大丈夫なのか。

 他にも、「WiLL」には、トンデモ国会恫喝でネトウヨ根性を満天下に知らしめた自民党・和田政宗議員も寄稿。〈書き換えが判明するまでの過程においては、徹底調査を命ずる官邸・自民党と隠ぺいを図ろうとする財務省官僚との攻防、そして私と朝日新聞との攻防がありました〉などと書いていた。

「私と朝日新聞との攻防」って、和田議員は朝日のスクープを「全く別の決裁文書の調書を比較した可能性がある」などと誤報扱いして大恥をかいただけじゃないか。しかも、この間の改ざん発覚の経緯を「徹底調査を命ずる官邸・自民党と隠ぺいを図ろうとする財務省官僚との攻防」に変換してしまうのだから、歴史修正主義者の脳みその回路にはただただ呆れ返るばかりだ。

小川榮太郎「北朝鮮情勢と朝日は連動」百田尚樹「朝日は絶対に潰さなアカン」

 一方の「月刊Hanada」もスゴい。こちら特集タイトルからして「財務省文書改竄と朝日の罠」だが、中身も「朝日新聞が訴状を『偽造』」(小川榮太郎)、「朝日は『絶対に』潰さなアカン!」(百田尚樹)、「昭恵夫人叩きは現代の魔女狩り」(有本香)、「籠池夫妻を利用しまくる反安倍勢力」(八幡和郎)などと、安倍応援団の面々が怒涛のごとく陰謀論を全開。いちいち相手にしていると面倒なので、以下ダイジェストで紹介しておこう。

〈偶々詐欺事件のために財務省のデータが検察の手元にあったからこそ決裁文書の改竄がバレたわけで、そうでなければ、財務省は政権にも与党にもシラをきりとおしたことになっただろう。
 政権が無理をして改竄の実態を暴いたのである。政権がその改竄を主導したはずがない。〉
〈とりわけ、北朝鮮情勢と森友・加計の確信犯的な(朝日新聞の)虚報の嵐が連動してみえることに、私は大きな疑問と懸念を感じている。〉(小川榮太郎氏)

〈財務省の公文書書き換え疑惑も、朝日の“スクープ記事”(三月二日付)が発端だった。おそらく、朝日は「てにをは」や「句読点」の位置が違っていただけでも「書き換えやーッ!」と大問題にしていたのではないか。〉
〈繰り返し言う。朝日新聞は間違いなく日本の敵である。そして炎上覚悟であえて言おう。
 朝日新聞は「絶対に」潰さなアカン!〉(百田氏)

〈(朝日新聞は)日本人に対する上から目線というレベルを飛び越えている。朝日の社是は「日本解体・日本打倒」ではないのですか。だから共通の目的を持つ中国や韓国を擁護する。それどころか、「日本叩き」の材料を中韓に与える〉(ケント・ギルバート氏。モラロジー研究所研究員・山岡鉄秀氏との対談「慰安婦虚報 朝日は今日も反省の色なし」より)

 つまり、彼ら安倍応援団にとっては、朝日がスクープを出そうが何をしようが、いつでも結論は「反日朝日は潰れろ!」なのである。まったくクラクラしてくるではないか。

 ちなみに、実はこの両誌、前号や前々号でも朝日に対し「フェイク」だの「落ちるところまで落ちた」などと、飽きもせずに攻撃を繰り返してきた。たとえば「WiLL」2月別冊の特集は「安倍叩きならなんでもOK! 朝日新聞と言論犯罪」で、3月号の特集は「検証 フェイク報道」。また「月刊Hanada」4月号の総力大特集は「赤っ恥、朝日新聞!」だった。

 安倍応援団・極右界隈の御仁たちにとっては、いまさら振り上げた拳を下ろせない。そういうことなのかもしれないが、はっきり言って「赤っ恥」はアンタらのほうである。

嫌韓本、日本スゴイ本に続いて朝日叩き本が大量出版されるもとんだ赤っ恥

 いや、「月刊Hanada」と「WiLL」だけの話ではない。アッチの世界では朝日バッシングはおカネになるらしく、今年に入ってからもこんな関連本が濫造されている。

『宣戦布告 朝日新聞との闘い・「モリカケ」裏事情から、在日・風俗・闇利権まで、日本のタブーに斬り込む!』(小川榮太郎、足立康史/徳間書店)
『「立憲民主党」「朝日新聞」という名の偽リベラル』(八幡和郎/ワニブックス)
『偽りの報道 冤罪「モリ・カケ」事件と朝日新聞』(長谷川熙/ワック)
『朝日リスク 暴走する報道権力が民主主義を壊す』(櫻井よしこ、花田紀凱/産経新聞出版)

 いまとなっては、なにかのギャグとしか思えないが、まあ、結局のところ連中は、自分たちに都合いいところだけを切り取ったり、ネトウヨ的妄想をフル稼働した陰謀論をまくし立てることで、「朝日の報道はフェイク」と印象づけ、政権を守りたいだけなのだ。

 今回の朝日のスクープで、その極右界隈のトンデモ世界観は完全にバレてしまったわけだが、言うまでもなく、こうしたやり口は文書改ざん問題だけのことではない。その流れは2014年の朝日による慰安婦報道の一部訂正が端緒で、ここから朝日バッシングとともに「朝日は誤報ばかり」「フェイクを日々撒き散らしている」なる言説がパンデミックしたのは周知の通り。

 ところが、その朝日慰安婦報道問題にしても、右派グループが朝日新聞社に「国民の名誉が傷つけられた」などとして損害賠償を求めた3つの裁判で原告側がすべて敗訴確定するなど、連中のトンデモっぷりは司法からも認定されつつある。また、元朝日記者の植村隆氏が記事を捏造と断定されて名誉を傷つけられたとして“極右の女神”・櫻井よしこ氏を相手取った裁判でも、最近大きな展開があった。

 こうした問題は稿を改めてお伝えすることにしたいが、いずれにしても、極右論壇というのは「特捜部の護憲派と朝日が結託」とか「北朝鮮情勢と連動した虚報」とか「目的は日本解体」なんていう話が真顔で飛び出してくる“夢の国”なのである。

 しかも、驚くのは、安倍首相自身がこの夢の国の常連メンバーであることだ。実は、朝日の文書改ざん報道を陰謀だと総攻撃していた「WiLL」5月号には、「安倍総理 明治150年特別対談 国難突破!輝く日本へ」と題した安倍首相の対談が掲載されていた。

 安倍首相と応援団のみなさんがそうやってトンデモな陰謀論と戦前礼賛を語り合い、お互いを慰撫しあうのは勝手なので、ぜひそのまま、「夢の国」にとどまって外の世界に出てこないでいただきたい。

最終更新:2018.03.29 07:04

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

文書改ざんで発狂「WiLL」「Hanada」が妄想全開の“朝日叩き”! 阿比留瑠比、小川榮太郎、百田尚樹の陰謀論に絶句のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。HanadaWiLL和田政宗安倍晋三森友学園百田尚樹編集部阿比留瑠比の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 細田衆院議長が安倍元首相に全責任なすりつける醜い弁明もマスコミは
2 葵つかさが「松潤とは終わった」と
3 夫の会社が家宅捜索で三浦瑠麗に説明責任「太陽光発電」を後押しする発言
4 「モーニングショー」まで…台湾有事を煽るマスコミの酷さ
5 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
6 首相諮問会議入りした三浦瑠麗のトンデモコロナ言説
7 村木厚子氏が中江首相秘書官の圧力の報告を受けていた
8 安倍元首相と統一教会の関係に田崎史郎、三浦瑠麗、橋下、東国原、古市らが…
9 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
10 いとう、アジカン後藤の”音楽と政治”論
11 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
12 菅政権「成長戦略会議」恐怖の顔ぶれ! 竹中平蔵、三浦瑠麗、アトキンソンも
13 たけしと瀬古が「玉川徹待望論」もテレ朝は玉川を政治にさわらせない方針
14 女子の間で大ブームの“壁ドン”って?
15 吉本芸人「ほんこん」のサムすぎるネトウヨぶり!
16 片山さつきは警察に圧力!自民党が隠したい安倍元首相と統一教会の深い関係
17 コロナ第8波で三浦瑠麗、たむらけんじが医療機関を攻撃、非難殺到!
18 防衛省の情報操作計画はデマじゃない!入札企業に「目的は世論工作」と説明
19 吉村知事「ポビドンヨードうがい薬」研究がトホホな結果でこっそり終了!
20 辻仁成が告白「彼女に新しい人が…」
1 細田衆院議長が安倍元首相に全責任なすりつける醜い弁明もマスコミは
2 「モーニングショー」まで…台湾有事を煽るマスコミの酷さ
3 夫の会社が家宅捜索で三浦瑠麗に説明責任「太陽光発電」を後押しする発言
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄