被害額300億円!昭恵夫人が怪しい投資商法の広告塔に!「私は総理大臣の一番近くにいる存在」と語り宣伝に協力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
被害額300億円!昭恵夫人が怪しい投資商法の広告塔に!「私は総理大臣の一番近くにいる存在」と語り宣伝に協力の画像1
安倍昭恵オフィシャルサイトより


 やっぱり安倍首相は山口敬之氏の結婚披露宴に出席していた──。本サイトが2月15日に配信した記事でスクープしたとおり、今週号の「FLASH」(光文社)が2002年におこなわれた山口氏の結婚披露宴の写真を掲載。そこには、タキシード姿の山口氏と談笑する、顔をほころばせた安倍首相の姿があった。

 このようにプライベートでも深い仲であったというのに、山口氏のことを「取材対象として知っている」などとシラを切った安倍首相の答弁は、このツーショット写真を見ると嘘だということがよくわかる。

 しかし、「FLASH」はこの安倍首相と山口氏の関係を示す証拠写真を掲載しただけでなく、もうひとつ興味深い記事もセットで展開していた。

 それは、安倍昭恵夫人が300億円にものぼる被害を出した怪しい会社の「広告塔」になっていたというものだ。

 問題となっているのは、2014年の夏に発行された「Brilliant」という会員誌に掲載された、昭恵夫人のインタビューグラビア記事。「今、世界で輝き続けるブリリアントレディ スペシャルインタビュー ~再び、ファーストレディになって想うこと~」と題し、昭恵夫人はこんなことを語っている。

「私は総理大臣の一番近くにいる存在。皆さんの声を直接届けられる、国民の代表だと思っています」
「過去には後悔することもたくさんあるし、未来を考えれば不安もある。だから過去や未来にとらわれず、今を幸せに生きるのが一番ではないでしょうか」

 昭恵夫人の「口利き」が不当な国有地売買につながった疑惑を踏まえると、「皆さんの声を直接届けられる、国民の代表」という発言には虫酸が走るが、問題は、この会員誌を発行していた会社だ。

300億円にものぼる被害!昭恵夫人が広告塔を務めた会社には投資金詐欺の疑いも

 昭恵夫人のインタビューグラビアを大々的に掲載していた「Brilliant」を発行していたのは、ロゼッタホールディングス(以下、ロゼッタ社)の関連会社。だが、このロゼッタ社は今年1月18日に東京地裁から破産開始決定を受けた。このロゼッタ社のグループ会社は〈未公開株の購入や、事業資金の小口出資〉の勧誘をおこなっており、集めた資金は300億円規模にのぼるという。

 しかも、同社をめぐっては投資金詐欺の疑いが以前から囁かれていたのだ。

 同社の問題を以前からレポートしていた「FACTA」によると、600名におよぶ会員がロゼッタ社の代表を務めていたI氏(誌面では実名)が会長を名乗っていた関連会社・Shunkaとフランチャイズ加盟店の契約を結んで水やゲーム機に投資させ、投資の見返りに1〜3割という配当を約束していたという。だが、この配当が2016年5月に突如ストップし、元本も返還されないという事態に陥り、会員が警察に駆け込む問題に発展していた。

 さらに、このShunkaは金融庁から金融商品取引業の認可を受けておらず、金融業務をおこなうことができない業者だった。運用もできないのに3割もの高配当を約束していたのだ。

 このように、同社はいかにも怪しい投資を呼びかけていたのだが、同社にとって昭恵夫人は、とびきりの広告塔だった。前述「FACTA」では、同社の関係者は「中高年を巻き込んで高揚感を演出しつつ、お金を出させようと企んだ」と言い、「セレブで人生を謳歌しているように見える昭恵氏はインタビューを載せるだけで格好の広告塔になった」と語っている。

 実際、同社がターゲットとしていたのは中高年女性たち。昭恵夫人のインタビューグラビアが掲載された「Brilliant」はおもに1万人いたといわれる会員に向けて無料で配られており、その会員も、多くは50〜60代の女性だったという。

昭恵夫人は記者の直撃に「別に証人喚問を受けるようなことはない」「国会には呼ばれてもいない」

 うますぎる投資話だとしても、会員誌に現役総理大臣の妻が登場しているとなれば、「信頼性は高い」と判断してしまうものだろう。事実、投資した被害者女性は、昭恵夫人にこのように憤りを隠さない。

「安倍晋三首相の妻、昭恵さんが運営を後押ししたのは、大阪府の森友学園だけではありません。我々も昭恵さんが認めた会社なのかと思ってお金を出した。でも、全く返してもらえず、結局、騙されたのです」(「FACTA」2017年4月号より)

 だが、こうした怒りの声があがっていても、昭恵夫人はやはりどこ吹く風。籠池夫妻が不当に長期拘留される一方、年末には夫婦で例の“悪巧み”メンバーと会食をたのしむなど、相も変わらず無邪気に毎日を謳歌。最近も、2月18日に開かれた木村拓哉や菅田将暉の母が子育てをテーマに語るという討論会に、なぜかサプライズゲストとして登場し、「“あ、ここは何を言っても大丈夫な会なんだろうな”となんとなく安心しているところです」などと述べたという(「週刊新潮」3月1日号/新潮社)。

 挙げ句、“ここへ来る前にするべきことがあるのでは”という記者の直撃に、昭恵夫人はこう答えている。

「あー、別に証人喚問受けるようなことはないので。国会には呼ばれてもいないから。ここは呼ばれたので来ているだけです」

 籠池氏が証人喚問を受けているというのに、この態度。こうやって昭恵夫人を野放しにしつづければ、今回のような広告塔問題を、反省もなくまた引き起こすのではと懸念を抱かずにはいられない。「国会には呼ばれてもいない」となどと嘯くが、この週末におこなわれた朝日新聞の世論調査でも57%の人が「昭恵夫人は国会で説明する必要がある」と答えるなど、多くの国民は昭恵夫人に国会での説明を求めている。一刻も早く、国会の場に出てきて説明するべきだ。

最終更新:2018.02.22 12:14

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

被害額300億円!昭恵夫人が怪しい投資商法の広告塔に!「私は総理大臣の一番近くにいる存在」と語り宣伝に協力のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ロゼッタホールディングス安倍昭恵編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 持続化給付金で中小企業庁長官が電通と接触、「Go To」3000億円も電通か
2 日本のネトウヨにも聞かせたいビリー・アイリッシュの反差別メッセージ
3 NHKが持続化給付金疑惑をスルー、『日曜討論』で野党排除
4 持続化給付金にさらなる疑惑もワイドショーは電通タブーで報じず
5 吉村知事VS大村知事バトル 本当に正しいのはどっちなのか?
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 新国立競技場はザハ案のパクリだった!
8 検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
9 NHKのおおさか維新出演に批判殺到
10 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
11 持続化給付金の作業を電通の“トンネル会社”が! 749億円の税金が
12 ジャニーズに弱いワイドショーが手越祐也を批判した理由
13 つるの剛士「安倍首相にお疲れ様を言いませんか?」の的外れ擁護
14 検察が河井陣営への“安倍マネー1億5千万円”で自民党本部関係者を聴取
15 NHKで国谷裕子を降板に追い込んだ人物が専務理事に復帰
16 自民党がネトサポに他党叩きを指南
17 安倍応援団が“森友学園”疑惑封じ!
18 テラハ木村花さんの死を政権批判封じに利用する政治家と安倍応援団
19 安倍政権がコロナ「専門家会議」の議事録を残さないと明言する理由
20 橋下徹が都構想で使った詐術を検証!
1 官邸が黒川検事長の“賭け麻雀”を悪用、稲田検事総長に「辞職」圧力
2 持続化給付金の作業を電通の“トンネル会社”が! 749億円の税金が
3 安倍政権がコロナ「専門家会議」の議事録を残さないと明言する理由
4 持続化給付金にさらなる疑惑もワイドショーは電通タブーで報じず
5 安倍首相が「日本のコロナ対策が世界をリード」と自慢するトンデモ!
6 松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
7 安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
8 つるの剛士「安倍首相にお疲れ様を言いませんか?」の的外れ擁護
9 内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
10 吉村知事VS大村知事バトル 本当に正しいのはどっちなのか?
11 田崎史郎が“黒川検事長と賭けマージャン”を正当化!
12 NHKが持続化給付金疑惑をスルー、『日曜討論』で野党排除
13 検察が河井陣営への“安倍マネー1億5千万円”で自民党本部関係者を聴取
14 テラハ木村花さんの死を政権批判封じに利用する政治家と安倍応援団
15 持続化給付金で中小企業庁長官が電通と接触、「Go To」3000億円も電通か
16 検察庁法改正でダダ漏れ指原莉乃の政権批判を封じたい本音
17 木村花さんの死の責任はSNS 以前にフジ『テラスハウス』にある!
18 日本のネトウヨにも聞かせたいビリー・アイリッシュの反差別メッセージ
19 箕輪のセクハラを告発した女性が暴露したエイベックス松浦の疑惑
20 ジャニーズに弱いワイドショーが手越祐也を批判した理由

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄