松本人志のアマゾンプライム『ドキュメンタル』のセクハラが酷すぎる! 能町みね子も批判

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
documental_01_20180221.png
アマゾンプライムより


浜田雅功がエディ・マーフィーのコスプレという設定で顔を黒塗りにしたことが、日本のみならず、イギリスBBCやアメリカのニューヨークタイムズでも報じられるなど、国際的な問題となった『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!大晦日年越しスペシャル!絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時!』(日本テレビ)。

 この問題に比べるとあまり大きくクローズアップはされていないが、ダウンタウン松本人志がかかわっている番組のなかでもうひとつ物議をかもしているものがある。

 それは、アマゾンプライム・ビデオで配信されている『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』。このネット配信コンテンツは現在、シーズン4まで配信されており、有料ストリーミングサービスのコンテンツながら高い人気と注目を集めているが、ネットには、次のような指摘、苦情が多数投稿されている。

〈ドキュメンタル次回は流石にもう下ネタ自粛して欲しい。シーズン4はライン超えすぎ。笑いよりもただただ下品さが勝ってきてるから〉

 地上派放送でなく有料ストリーミングサービスだけの番組のことをいちいち、ポリコレ的にチェックするつもりはないが、たしかに『ドキュメンタル』の下ネタは常軌を逸している。

 たとえば、シーズン2では、裸になった小峠英二(バイきんぐ)が掃除機に男根を吸わせて悶絶。シーズン3ではさらに過激化し、春日俊彰(オードリー)が局部の皮を伸ばしてそのなかに人形を入れたり、性感マッサージ嬢に扮した秋山竜次(ロバート)がケンドーコバヤシのパンツのなかに手を入れて局部をしごいたりというようなネタまで放送された。

 しかも、この番組にはもうひとつの問題がある。それはシーズン2では大島美幸(森三中)が、シーズン4では黒沢かずこ(森三中)がそれぞれ参加しているのだが、常軌を逸した下ネタに彼女たちを巻き込み、完全なセクハラになってしまっているのだ。

泣き出す森三中の黒沢かずこに下ネタを強要し続けるセクハラぶり

 たとえば、シーズン4では、序盤から他の芸人たちのノリについていけない黒沢が「男社会だなぁって…」と泣き出すのだが、それを藤本敏史(FUJIWARA)が慰めると、すかさず他の芸人が「やった?」というセクハラ丸出しのストレートなツッコミをし、そこから、黒沢と藤本がシックスナインの格好をする即興コントが始まってしまうのだ。

 この後も、宮迫博之(雨上がり決死隊)が局部を出したり、井戸田潤(スピードワゴン)が陰茎を出したうえその場で放尿したり、千鳥は大悟とノブの二人が全裸になって漫才を披露する下ネタが連続。

 そして、ゲーム終了寸前には黒沢も空気入れを肛門に入れようとする流れになってしまうのだが、幸い途中で時間切れになり終了した。

 黒沢に聞けば「セクハラではない」と言うかもしれないが、どう見ても女性に下ネタを強要するセクハラとしか思えないものだった。

 実際、この『ドキュメンタル』シーズン4について、コラムニストの能町みね子氏が「週刊文春」(文藝春秋)2018年2月8日号で、このように指摘していた。

〈基本的に松本人志の笑いは男尊女卑観がものすごく強いと思うのですが、上に立つ使命感なのか、女芸人も使いたいという気持ちは強いのだと思う(シーズン2でも森三中・大島を起用している)。でも、結局女芸人が来てしまうと、松本人志門下にあたる芸人たちは女芸人に対し性的な方面でアプローチしてしまう。一般論としてのセクハラについてもあまりに無頓着です〉

 能町氏は、黒沢の行動についても能動的なものではなく〈このときはもう笑わせようというよりも「自分もひどい下ネタを披露しなきゃいけない」と追い詰められた気持ちだったと思われます〉と分析しているが、そのとおりだろう。

 有料ストリーミング放送でのひどい下ネタがありかなしかは議論が分かれるところだと思うが、少なくとも、セクハラについては、それがどういう規模のメディアであれ、許されるべきではない。

 しかも、このシーズン4については、ゲームに参加している芸人たちからも途中から「下ネタの次元が……」「確かになんでもありかもしらんけど……」といった指摘が飛び出していた。

 しかし、当の松本はまったく反省している様子はない。シーズン4エピソード1では「よく下ネタがこの番組はひどいって言いますけど、僕はいっさい下ネタなんてないと思ってますからね、この番組に関しては。あれは下ネタではないですよ。アートですよ。芸術をもうちょっと理解してもらわないと」と半ば開き直った発言をしていた。

松本人志は「アート」「女子供にはわからない」「優越感をもてる笑い」と

 実際に番組を見たら「アート」どころか、後輩たちに体を使った下ネタを強要するホモソーシャル丸出しの体育会の宴会芸でしかなく、「お笑いの芸」でさえない気がするのだが、松本の「アート」宣言は、別にギャグで言っているわけではないようだ。

 松本は『ドキュメンタル』について、シーズン1エピソード1にはこんな上から目線の宣言をしていた。

「相当客は選ぶというか、お年寄りとか女子供が見てそこまでどうなんだろうっていうのはありますね。本当に好きな人はのめりこむように見てくれるんじゃないかなっていう、そういう意味ではこれぐらいのターゲットを絞り込む感じで」

 さらに、シーズン3エピソード1では、こううそぶいている。

「『ドキュメンタル』を見てない人に対する優越感の笑いっていうものもあると思うんですよ。やっぱり地上波ではない、なんですかね、『我々だけが知っている』みたいな」

「女子供にはわからない笑い」「我々だけが知っている笑い」それが、カメラの前で放尿したり、女性の見ている横で陰茎を放り出すことなのか。

 松本は『笑ってはいけない』問題の時も「はっきりルールブックを設けてほしい」(18年1月14日放送『ワイドナショー』/フジテレビ)と思考停止発言するなど、問題の所在がどこにあるのかをまったく理解できていなかった。

 松本は、「地上波のやりにくさ」を言う前に、こんな下ネタでしか笑いを取れなくなっている自分の才能の限界を自覚すべきではないのか。

最終更新:2018.02.21 10:29

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

松本人志のアマゾンプライム『ドキュメンタル』のセクハラが酷すぎる! 能町みね子も批判のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。アマゾンプライムセクハラダウンタウンドキュメンタル松本人志編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 ウーマン村本と宇賀なつみのテレビ批判に羽鳥慎一が
2 安倍が統計不正答弁中の根本厚労相に「戻れ」指示
3 加計学園獣医学部の「四国枠」合格者がたった1名! 
4 安倍が拉致被害者に「北朝鮮に戻れ」と
5 「憲法9条を守れ」と主張する芸能人
6 データ不正、元厚労次官の村木厚子が「何かの圧力」発言
7 美智子皇后が誕生日談話で安倍にカウンター
8 “安倍チル魔の3回生”田畑毅議員を被害女性が刑事告訴!
9 「安倍がトランプをノーベル賞に推薦」を海外メディアが
10 どの口で?田母神らが「左翼は金で動員」
11 橋本聖子が池江選手の病を利用しスポーツ界の不祥事放置を宣言
12 安倍首相にマッチョ批判
13 安倍首相が統計不正に「選挙5回勝ってる」とヤジ
14 安倍の成蹊時代の恩師が涙ながらに批判
15 ネトウヨ局アナがテレ朝のお昼の顔に
16 沖縄2紙の記者を警察が拘束する暴挙
17 グッディ!土田マジギレ真の原因
18 片山さつきが坂上忍に批判された
19 ウーマン村本が朝鮮学校差別を煽る政治とメディアを痛烈批判
20 KAT-TUNの恋愛を側近が暴露
1 安倍首相が統計不正に「選挙5回勝ってる」とヤジ
2 嫌韓批判で炎上も…石田純一はブレない
3 渡辺謙が東京五輪の東北無視を批判!五輪の人命軽視がひどい
4 安倍政権が拉致被害者の生存情報を隠し
5 安倍が統計不正答弁中の根本厚労相に「戻れ」指示
6 勤労統計不正で厚労省委員が官邸と菅長官の圧力を証言
7 安倍首相「自衛隊募集に6割以上の自治体が協力拒否」は嘘だった
8 小川彩佳アナが『NEWS23』キャスター就任か!
10 青山繁晴議員が「僕と握手したらガンが治った」と吹聴
11 厚労省に圧力をかけた首相秘書官は安倍首相の子飼い官僚
12 安倍「私は森羅万象を担当」発言の背景
13 加計学園獣医学部の「四国枠」合格者がたった1名! 
14 ウーマン村本が朝鮮学校差別を煽る政治とメディアを痛烈批判
15 フィフィの蓮舫デマに新聞が丸乗り! 背景に安倍忖度と女性蔑視
16 小川彩佳アナ退社の要因はテレビ朝日の安倍政権忖度か
17 「安倍がトランプをノーベル賞に推薦」を海外メディアが
18 安倍がトランプ「ノーベル賞に推薦された」で世界に恥
19 辻元清美の外国人献金に大騒ぎする夕刊フジの愚劣
20 橋本聖子が池江選手の病を利用しスポーツ界の不祥事放置を宣言

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄