岡田准一・宮崎あおい結婚で「不倫が始まり」を隠すためジャニーズと御用マスコミが嘘のストーリーをでっちあげ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
kagehinatanisaku_01_171323.jpg
DVD『陰日向に咲く』

 23日、V6のメンバーで俳優の岡田准一と女優の宮崎あおいの結婚をスポーツ各紙が一斉に報じた。

 結婚はファンクラブ会員向けに送付されたメッセージカードで報告されたというが、実は当初24日の配達指定で報告するはずだったものが、何らかの手違いで2日前の22日に誤配送されたのだという。22日深夜からネットでは大騒ぎになっていたが、ジャニーズ事務所もそれを認めたことで、スポーツ紙なども“確定情報”として報じることになった。

 岡田と宮崎はこれまでも“結婚間近”と囁かれ続けてきたビッグカップル。しかし、そのスポーツ紙が今回も一切報じなかったことがある。それは、2人の交際が不倫から始まったということだ。

 周知のように、この事実は、2011年12月、「週刊文春」(文藝春秋)のスクープによって明らかになっている。

 当時、宮崎は俳優の高岡蒼佑(13年に高岡奏輔に改名)と結婚していたのだが、高岡のフジテレビを攻撃するツイートが原因で、夫婦仲が悪化。宮崎から離婚したいという申し出があり、協議中と報道されていた。ところが、そんななか、「文春」のくだんの記事に高岡の知人が登場し、宮崎が岡田准一と“不倫”関係にあることを証言したのだ。

 それによると、高岡が自身の契約する宮崎の携帯を調べるなどしたところ、宮崎が08年公開の映画『陰日向に咲く』での共演をきっかけに知り合った岡田とかなり前から交際していたことがわかったのだという。2人がやりとりしたメールには「一緒に(温泉に)入ろう」といった不倫温泉旅行をうかがわせる内容もあったと、この知人は証言している。

 しかも、この事実を知った高岡が岡田を呼び出し、問い詰めたところ、岡田は宮崎との不倫関係を認め、土下座して「責任をとって芸能界を辞める」と謝罪したというのだ。

 いずれにしても、宮崎と高岡の離婚が成立したのは同年12月28日だから、岡田との関係は離婚以前からということになり、明らかに不倫だった。

 だが、ベッキーや斉藤由貴をあれだけ糾弾した芸能マスコミはこの事実を一切報道しなかった。もちろんこれは、ジャニーズ事務所の圧力と芸能マスコミの忖度の結果だ。

スポーツ紙と御用週刊誌「女性セブン」が創作した2015年交際開始説

 それは宮崎の離婚後も同様だ。2人の関係が不倫報道後もずっと続いていたことはマスコミや関係者の間でも周知の事実で、一時、岡田主演映画の公開に合わせて結婚を発表するという計画も持ち上がったものの、タイミング悪くベッキー不倫騒動の影響を懸念し、延期されたということもあった。だが、これらの経緯もまったく記事になることはなかった。

 そして、今回、ジャニーズ事務所が正式に結婚を認めても、その交際のはじまりについては、ほとんど報道しようとしなかった。それどころか、わざわざ不倫を隠すために、各紙とも、2015年に交際が始まったかのような記事を出している。

〈2人は08年公開の映画「陰日向に咲く」で夫婦役を演じて以来、長く友人関係が続いていた。宮崎は07年に俳優の高岡奏輔(35)と結婚していたが4年後に離婚。12年に映画「天地明察」で再び夫婦役を演じ、その後に急接近。15年8月に女性週刊誌の報道で交際が明らかになった。〉(スポーツニッポン)
〈2人は08年の映画「陰日向に咲く」(平川雄一朗監督)の共演をきっかけに、互いに尊敬し合う関係になった。11年の映画「天地明察」(滝田洋二郎監督)でも共演するなど、仕事でも縁があった。
 宮崎は、07年6月に高岡奏輔(35)と結婚したが、11年12月に離婚した。2人は一時は疎遠となったが、15年に入って再会し、親交を深め、同年春に真剣交際に発展したようだ。〉(日刊スポーツ)

 実は、この2015年に交際が始まったというストーリーも、ジャニーズ事務所と御用マスコミがつくりだしたものだ。実はこの年、“ジャニーズの広報誌”として知られる「女性セブン」(小学館)8月28日号が「独占!恋仲・撮 岡田准一 宮崎あおい 甘くて切ない蜩の夏」と題して、2人の交際とツーショット写真をスクープしているのだが、これは当時、結婚話が本格化した2人の不倫の過去を打ち消すために仕掛けられた記事だった。

 実際、記事には、「08年公開の映画『陰日向に咲く』での共演以来、長い間友人関係にあった2人が今年に入って再会し春頃から付き合い始めた」というストーリーが強調され、2人の関係が不倫などとは懸け離れた純愛であることが強調されていた。

ベッキーをあれだけ叩いたマスコミがジャニーズのタレント相手に豹変

 結局、この時は前述したようにベッキー騒動で結婚じたいが延期になってしまったが、今回、結婚が正式決定するにあたり、ジャニーズと御用マスコミは改めてこのストーリーをもちだしてきたのだ。

 もちろん、本サイトは何度も指摘しているように、二人の関係が不倫から始まっているからといって、いや、仮に高岡との離婚が成立せずにいまだ不倫を続行中だったとしても、そのことを糾弾しようとは思わない。たかだか紙切れ一枚の契約をたてに、人の恋愛を道徳的に弾劾するというのは明らかにナンセンスだ。

 しかし、ベッキーや斉藤由貴のことをあれだけ袋叩きにした芸能マスコミが、ジャニーズのタレントが絡んだとたんダンマリを決め込むばかりか、不倫否定の宣伝役を買って出ているのをみると、「お前らには、野次馬としての最低限の矜持すらないのか」と言いたくなってしまう。連中はふだん、「やはり、不倫は良くない。責められて当然」などとエラソーに説教しているが、実際は、文句を言ってこない弱小プロのタレントだけを標的に弱いものいじめのリンチをやっているだけなのだ。

 今後、事務所から正式な結婚発表がなされることになるだろうが、ワイドショー、女性週刊誌もスポーツ紙と同様、“不倫”や“略奪”を完全にねぐり、“お祝い一色”でこれを大々的に報じるだろう。芸能マスコミの記者たちは本当に自分のことが恥ずかしくならないのだろうか。

最終更新:2017.12.23 09:06

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

岡田准一・宮崎あおい結婚で「不倫が始まり」を隠すためジャニーズと御用マスコミが嘘のストーリーをでっちあげのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ジャニーズ不倫宮崎あおい岡田准一時田章広の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 検察が河井陣営への“安倍マネー1億5千万円”で自民党本部関係者を聴取
2 テラハ木村花さんの死を政権批判封じに利用する政治家と安倍応援団
3 つるの剛士「安倍首相にお疲れ様を言いませんか?」の的外れ擁護
4 恩知らずはメリー! 飯島マネの功績
5 木村花さんの死の責任はSNS 以前にフジ『テラスハウス』にある!
6 安倍首相が「日本のコロナ対策が世界をリード」と自慢するトンデモ!
7 新国立競技場はザハ案のパクリだった!
8 葵つかさが「松潤とは終わった」と
9 安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
10 橋下が「人格障害」名誉毀損裁判で敗訴
11 検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
12 松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
13 未成年飲酒疑惑の手越が日テレW杯番組に
14 自民党がネトサポに他党叩きを指南
15 官邸が黒川検事長の“賭け麻雀”を悪用、稲田検事総長に「辞職」圧力
16 田崎史郎が“黒川検事長と賭けマージャン”を正当化!
17 内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
18 箕輪のセクハラを告発した女性が暴露したエイベックス松浦の疑惑
19 田崎史郎が河井案里問題で“安倍首相は無関係”を主張も自滅
20 宮台真司「ネトウヨは感情の劣化」
1 官邸が黒川検事長の“賭け麻雀”を悪用、稲田検事総長に「辞職」圧力
2 窮地の安倍首相が櫻井よしこの「言論テレビ」に逃げ込み嘘八百!
3 検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
4 松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
5 安倍首相が「日本のコロナ対策が世界をリード」と自慢するトンデモ!
6 検察庁法改正で松尾元検事総長が安倍首相を「中世の亡霊」と批判!
7 安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
8 黒川検事長と賭け麻雀、産経記者が書いていた黒川定年延長の擁護記事
9 つるの剛士「安倍首相にお疲れ様を言いませんか?」の的外れ擁護
10 検察OB意見書にあったロックの言葉を訳した安倍の大学時代の教授が
11 内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
12 河井克行前法相は東京の“緊急事態宣言解除”の直後に「逮捕許諾請求」
13 田崎史郎が“黒川検事長と賭けマージャン”を正当化!
14 テラハ木村花さんの死を政権批判封じに利用する政治家と安倍応援団
15 百田尚樹と対照的! 橋本愛が「文化・芸術は死んだ心を生き返らせる」
16 検察庁法改正でダダ漏れ指原莉乃の政権批判を封じたい本音
17 検察が河井陣営への“安倍マネー1億5千万円”で自民党本部関係者を聴取
18 木村花さんの死の責任はSNS 以前にフジ『テラスハウス』にある!
19 岡村隆史問題で松本人志の逃げ方、古市憲寿のスリカエがひどい
20 箕輪のセクハラを告発した女性が暴露したエイベックス松浦の疑惑

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄