稲垣、草なぎ、香取のパラリンピックサポーター就任ではっきりした日本財団の後ろ盾…フジ元社員の笹川会長四男が仕掛人か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
smap_01_151231.jpg
“退所組3人”がパラリンピックスペシャルサポーターに起用された裏側とは


 2020年に開催される東京パラリンピックのスペシャルサポーターに、稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の3人が就任することが15日に発表された。

 もともとは2015年にSMAPがスペシャルサポーターに就任しており、当時、中居正広は「これからは(SMAPの)のPの部分をパラリンピックのPに」と抱負を語っていたが、解散によって辞退。それが今回、3人を新たに抜擢するというかたちとなった。

 この「新しい地図」の起用の背後にあるのは、パラリンピックサポートセンター(パラサポ)を運営する日本財団の存在だ。

 公益財団法人日本財団は、2015年にパラサポを設立し、パラリンピック競技団体の運営支援や広報などを担っているが、もともとは「右翼のドン」「戦後最大のフィクサー」と呼ばれた故・笹川良一氏が創設した日本船舶振興会が前身。公営ギャンブルである競艇利権を一手に握り、その巨額の利益を政界や社会資本にばらまくことで、大きな影響力を保持してきた。

 その後、不透明な体質がマスコミで追及されたことをきっかけに、日本財団に名称変更。現在は良一氏の三男である笹川陽平氏が会長を務めているが、この陽平氏も父親ほどではないにせよ、相当な実力者だ。8月には、安倍晋三、森喜朗、小泉純一郎、麻生太郎という4人の元総理大臣が陽平氏の別荘に集まり、食事会が催されたことでも話題になった。

 実は、この政財界に強い影響力をもち日本財団とそれを牛耳る笹川一族が元SMAPの3人と、彼らが所属する新事務所・株式会社CULENの代表である飯島三智マネージャーの後ろ盾になっているようなのだ。

笹川会長四男が3人の独立発表直前に退社し新会社立ち上げ

 両者をつなげたのは、笹川陽平会長の四男である笹川正平氏。実はこの正平氏、元フジテレビ社員で、アソシエイトプロデューサーとして『SMAP×SMAP』などを担当してきた人物だ。

「ジャニーズの派閥抗争が起こった際、テレビ局では『J1』と呼ばれるジュリー派と『J2』の飯島派の真っ二つに割れていました。そんななかで正平氏は飯島派のプロデューサーとして有名でした。たとえば、稲垣が半同棲状態にあるとして話題になっていた“ヒロくん”が初お披露目された『中居正広のISORO』も、正平氏のプロデュース。飯島さんが山下智久を担当していたときには、山下が初の司会となった『ジェネレーション天国』や山下メインの『大人のKISS英語』というバラエティ番組でもプロデューサーを務めていました」(フジテレビ関係者)

 2015年11月にSMAPがパラリンピックスペシャルサポーターに就任したのも、正平氏がパイプ役だったと言われている。実際、SMAPサポーター就任の発表会では、正平氏自らかけつけて現場をしきり、自身のFacebookには、主催者側のようなスタンスで発表会の報告を行っていた。

 しかも、正平氏は3人がジャニーズから独立を発表したのとほぼ同時、2017年6月末に退社。同年6月には株式会社SHOWBEEZという会社を立ち上げたのだが、これも独立したメンバーを支えるためだったのではないかといわれている。

「正平氏の新事務所は飯島氏が立ち上げたCULENの目と鼻の先にあります。しかも、正平氏の新会社と同じビルに、飯島氏の後ろ盾である免税店大手のラオックスの関連企業がある。そんなところから、CULENには正平氏もしくは新会社が出資しているのではないかという見方も流れました」(週刊誌記者)

 いずれにしても、独立後の3人に日本財団が強力なバックアップをしていることは間違いない。

 先月、東京・青山のスパイラルギャラリーで開催されていたアート展「ミュージアム・オブ・トゥギャザー」に、香取が作家としてはじめて作品を出展。同月30日には安倍首相が来場し、香取と握手するツーショットが大きく報じられた。このアート展も、日本財団が主催したものだ。

 そして、今回の稲垣、草なぎ、香取のパラリンピックサポーター就任だ。周知のようにSMAPのサポーター就任は、解散発表の際、ジャニーズ事務所から辞退の申し入れがあり、一旦は無くなったと思われていた。

「ジャニーズ事務所はおそらく、SMAPのかわりに嵐やTOKIOなどを押し込もうとしていたんじゃないでしょうか。それを、サポートセンターを仕切る日本財団が頑としてはねつけ、3人の独立を待って、サポーターに就任させたということらしい」(スポーツ紙記者)

 実際、日本財団が運営するパラリンピックサポートセンターは、ジャニーズの辞退申し入れがあった後も、SMAPの後任を決めず、香取慎吾がサポートセンターの壁に描いた絵もそのままにしていた。また、それまでSMAPがサポーターとして参加していた関連イベントのパラ駅伝も、代役をたてなかった。

 ようするに、日本財団はかなり早い段階から3人の独立を見込んで、サポーター就任を決めていたということだろう。

地上波ではあいかわらずタブーのまま。『72時間ホンネテレビ』も無視

 ジャニーズの圧力を跳ね返して、3人が起用されるというのは、日本財団がバックについていなければ、ありえなかった話だろう。いや、パラリンピックだけではない。本サイトでは何度も伝えてきたが、ジャニーズ事務所を退所したタレントが、日も浅い内にこれほどマスコミに露出することは、異例中の異例のことだが、これも、日本財団がバックについているということが大きく影響しているはずだ。

 ただし、その力を持ってしても、地上波のテレビについては、崩せていない。先日、AbemaTVで放送された『72時間ホンネテレビ』はネット上で大きな反響と話題を呼んだが、それでもテレビの在京ワイドショーはそろって沈黙。AbemaTVに出資するテレビ朝日でさえ取り上げることはなかった。全国放送では『情報ライブ ミヤネ屋』が唯一、森且行と3人の再会を紹介したが、これは『ミヤネ屋』の制作が関西の読売テレビだからこそ可能だったはずだ。つまり、キー局はジャニーズの顔色を伺い、3人をアンタッチャブルな存在として扱っているのである。

 こういう状況だからこそ、飯島氏は日本財団とのパイプを使って、ジャニーズの強大な権力に対抗していこうとしているのだろう。そういう意味では、飯島氏の気持ちはわからないでもないが、しかし、日本財団はあまりに政界と近すぎる。飯島氏には、くれぐれもSMAPの元メンバーたちが政治目的に利用されることのないよう、釘を刺しておきたい。

最終更新:2017.11.19 12:31

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

稲垣、草なぎ、香取のパラリンピックサポーター就任ではっきりした日本財団の後ろ盾…フジ元社員の笹川会長四男が仕掛人かのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。SMAPジャニーズフジテレビ五輪日本財団時田章広の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍政権が拉致被害者の生存情報を隠し
2 渡辺謙が東京五輪の東北無視を批判!五輪の人命軽視がひどい
3 自民党・田畑毅議員の離党は女性への暴行が原因か
4 蓮池透氏が著書で安倍の冷血を批判!
5 データ不正、元厚労次官の村木厚子が「何かの圧力」発言
6 安倍がトランプ「ノーベル賞に推薦された」で世界に恥
7 ネトウヨ局アナがテレ朝のお昼の顔に
8 安倍首相にマッチョ批判
9 桜田五輪担当相「がっかり」発言は安倍政権の五輪至上主義のせい
10 厚労省に圧力をかけた首相秘書官は安倍首相の子飼い官僚
11 ブレる松岡修造語録を読み解く
12 美智子皇后が誕生日談話で安倍にカウンター
13 森友学園が麻生財務相側近に口利き依頼
14 沖縄2紙の記者を警察が拘束する暴挙
15 安倍が『委員会』でネトウヨトーク!
16 ヒラリーが尖閣の原因は日本の国粋主義
17 青山繁晴が前川氏に論破されてボロボロ
18 日露首脳会談大失敗を御用メディアが必死のフォロー!田崎は…
19 『スキャンダル専門弁護士』が伊藤詩織さんやはあちゅうを揶揄
20 東山紀之が“反ヘイト本”を出版
1 嫌韓批判で炎上も…石田純一はブレない
2 玉川徹が中国人のマナーをあげつらう自番組を批判!
3 勤労統計不正で厚労省委員が官邸と菅長官の圧力を証言
4 安倍首相「自衛隊募集に6割以上の自治体が協力拒否」は嘘だった
5 小川彩佳アナが『NEWS23』キャスター就任か!
6 青山繁晴議員が「僕と握手したらガンが治った」と吹聴
7 「子ども産まないのが問題」麻生が「金がないなら結婚するな」
9 統計不正は安倍政権ぐるみの偽装だった証拠が!安倍に合わせ…
10 安倍「私は森羅万象を担当」発言の背景
11 厚労省に圧力をかけた首相秘書官は安倍首相の子飼い官僚
12 安倍政権が拉致被害者の生存情報を隠し
13 北方領土の日、「日本固有の領土」の主張が消えた! 
14 首相官邸の望月記者排除に新聞労連が抗議声明
15 国家公務員と利害関係者の「ゴルフ解禁」の背後に安倍
16 小川彩佳アナ退社の要因はテレビ朝日の安倍政権忖度か
17 安倍首相「サンゴは移した」の嘘に琉球新報編集局長が痛烈批判
18 辻元清美の外国人献金に大騒ぎする夕刊フジの愚劣
19 不適切動画バイトを血祭りにあげるマスコミとネットの異常
20 安倍がトランプ「ノーベル賞に推薦された」で世界に恥

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄