SMAP「和解」報道の裏でキムタクだけが「嵐」のレーベルに移籍! 一方、4人は放置されフェードアウトの恐れ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
mugen_161114.jpg
映画『無限の住人』公式サイトより


 12月31日の解散がいよいよ近づいてきた、SMAP。1月の分裂騒動そして8月の解散発表以降メンバーの不仲報道が絶えず報じられてきたが、ここにきて一転、「和解」の報道が相次いでいる。

 たとえば、“ジャニーズの広報誌”ともいわれる「女性セブン」(小学館)は11月10日号で、収録中以外は楽屋でもメンバー間の会話がないと報じられてきたSMAP不仲説を否定するようなこんなコメントを掲載していた。

「ある歌のリハーサル中、メンバーが歌詞を間違えて、いったん演奏中止となったんです。
 中居さんは“またかよ~”と苦笑い。そこに、木村さんが“前にも同じミスあったよなぁ”と乗ってきたら、中居さん“そうだよなぁ!”と2人で笑い合って。
 長く“犬猿”といわれたSMAPの長兄同士の談笑シーンに、スタッフも目が点、驚きを隠せませんでした。
 現場の空気がパッと明るくなっただけでなく、ふたりの雑談をきっかけに昔の歌唱ミスの思い出に触れ、久しぶりにメンバー間の会話が弾んだ。収録はこれまでになく和やかなムードで進みました」(テレビ関係者)

 一方、「FRIDAY」(講談社)も11月18日号で、芸能プロ幹部のこんな見解を載せている。

「楽屋で木村拓哉(43)のダメ出しをする香取を草彅がなだめているのです。草彅は『解散に流されたけど、木村くんを悪者にするつもりはなかった』と周囲に漏らしている。いま、解散回避&紅白出場派のキムタクと香取をつなげられる草彅の存在感が増しているのです」

 ようするに、木村と中居や草なぎ、稲垣の関係はすでに修復しているというのだ。こうしたことから、一部では、香取慎吾以外のメンバーはジャニーズ事務所に説得されて、これからもジャニーズで前向きにやっていくという意思を固めたとも報道されている。実際、4人については、来年の新しい仕事も次々決まり、発表されている。

 しかし、先日の記事でもふれたように、これはキムタク以外の4人をバッシングすればするほど、逆にキムタクの評判が悪くなっていくことに頭を抱えたジャニーズ事務所が方向転換し、当面のSMAP解散ビジネスを成功させるためにとりあえず「和解した」「前向きになった」という情報をリークしているにすぎない。

 実際には、SMAPをキムタクとキムタク以外の4人に分断するジャニーズの姿勢はこれまでとまったく変わっていないのだ。

 最近も、それを物語るような事実が明らかになった。来年の4月29日に公開される木村主演の映画『無限の住人』の宣伝告知が、なんと嵐のためにつくられたレーベル「J Storm」の公式サイトで掲載されているのだ。告知が掲載されたのは8月23日。しかし、10月末に行われたJ Storm公式サイトの大幅リニューアルによってファンの目にとまり、ネットニュースでもこの事実が広まった。

 そもそも、これまでSMAPの映像作品はJ Stormでなく「J dream」が管轄してきた。J dreamはジャニー喜多川氏が代表取締役を務めており、今年の1月まではSMAPのマネージャーだった飯島三智氏も取締役に名を連ねていた会社で、設立以降、『武士の一分』『HERO』『SPACE BATTLESHIP ヤマト』など、ほとんどの木村主演映画やほかのSMAPメンバーの出演映画・映像作品の製作と権利関係を管轄してきた。それなのに、木村の映画が「J Storm」管轄へと移行したのである。

 これは何を意味するのか。念のために説明しておくと、J Stormは2002年に設立されたジャニーズ事務所傘下のレコード会社で、代表取締役を務めるのは藤島ジュリー景子氏。名前のstorm=嵐からもわかるように、もともとは嵐のためにつくられたプライベートレーベルだった。現在では嵐をはじめ、KAT-TUN、TOKIO、Hey!Say!JUMP、関ジャニ∞など、メリー&ジュリー派のタレントが所属している。音楽だけでなく、映画の製作や配給も行っており、先に挙げたタレントやV6、生田斗真が出演する作品もここで扱われている。

 そこで、木村が主演する『無限の住人』の宣伝がなされているというのは、今後、木村の作品も嵐などと同様、ジュリー副社長の直接の管轄下に入るということ。つまり、木村についてはこれから、ジュリー副社長が積極的にプロデュースしていくという方針の表れなのだ。

「昨年初めのSMAP独立騒動以降、キムタクとジュリー副社長は急接近していますからね。ジュリーさんはキムタクのマネジメントにかなり力をいれていて、来年1月のTBSドラマにもそうとう口出しをして、豪華共演者をかき集めた。一時はキムタクの人気回復のために、TBSにねじこんで、ワンクール前倒ししようとしていたくらいです」(テレビ局関係者)

 一方、中居や草なぎ、稲垣については、ジュリー社長はいまもノータッチ。それどころか、ジャニーズ事務所はスケジュール管理をしているだけで、企画の売り込みなどは一切行っていないという。

「来年の新しい仕事が決まったとはいっても、すべて、以前の仕事のスペシャル版だったり、以前から計画があったものばかり。テレビ局のオファーをこなしているだけで、新しい仕事は積極的に取りにいっていないんですよ。SMAP解散後も商売になるなら、4人が仕事を続けることを妨害しないでしょうが、この調子では、ちょっとでも人気に翳りが出てきたら、どんどん仕事が減っていくでしょう。SMAPの4人はそのうちフェードアウトしてしまうんじゃないか、という気がしますね」(前出・テレビ局関係者)

 いや、4人だけではなく、キムタクも未来は危うい。というのは、ジュリー副社長に飯島マネージャーのようなアイデアやプロデュース力がないからだ。さりとて木村自身にも中居のようにセルフプロデュース力があるわけでもない。このまま、少しずつ老いがすすんで、人気が低下していっても、それをくつがえすような新機軸が見つかるとは到底思えないのだ。下手をすると、少年隊の植草克秀や光GENJI残留組のようになってしまうかもしれない。

 そう考えると、やはりSMAPのメンバーはジャニーズから独立し、飯島氏と合流すべきだったのだ。圧力によって今までのような大きな仕事はできなくなったとしても、飯島氏のプロデュース能力をもってすれば、これまでにない新しいアイドル像を見せることができたはずだ。

 まあ、今となってはそんなことを言ってもしようがないのかもしれないが……。
(島原らん)

最終更新:2016.11.14 09:00

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

SMAP「和解」報道の裏でキムタクだけが「嵐」のレーベルに移籍! 一方、4人は放置されフェードアウトの恐れのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。SMAPジャニーズ島原らんの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
2 安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
3 八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
4 総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
5 葵つかさが「松潤とは終わった」と
6 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
7 安倍が支援、高市早苗が「さもしい顔して貰えるもの貰う国民ばかり」
8 高市推薦、自民党ヒトラー本が怖すぎ
9 統一教会が安倍トランプ会談を仕掛けた
10 高市早苗にネトウヨが総結集、「天照大神の再来」とバカ騒ぎ、膳場貴子を攻撃
11 八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
12 岡田斗司夫“ゲス”の秘密が著書に!
13 安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
14 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
15 DHCテレビが敗訴判決!辛淑玉が語る「犬笛によるヘイト」と判決 
16 山口敬之逮捕を握り潰した“官邸の忠犬”中村格が警察庁ナンバー2に!
17 自民党政権が「一般病床削減」を継続、看護師5万人削減の計画も
18 稲田朋美「子ども手当を軍事費に回せ」
19 総裁選で自民党のテレビジャックが始まった!『ひるおび!』は総裁選候補PR
20 堀江、竹中だけじゃない 菅首相に「がんばった」と同情論寄せる世論
1 安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
2 八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
3 八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
4 高市早苗にネトウヨが総結集、「天照大神の再来」とバカ騒ぎ、膳場貴子を攻撃
5 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
6 総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
7 河野太郎がワクチンを総裁選に利用!はじめしゃちょー相手にデマも
8 堀江、竹中だけじゃない 菅首相に「がんばった」と同情論寄せる世論
9 「政治のせいで命失う」正論を口にした野々村真が炎上させた自民党応援団!
10 河野太郎が会見で露骨な安倍忖度!森友再調査の質問に答えずワクチンで大嘘
11 安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
12 自民党政権が「一般病床削減」を継続、看護師5万人削減の計画も
13 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
14 DHCテレビが敗訴判決!辛淑玉が語る「犬笛によるヘイト」と判決 

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄