緊急取材◉SMAP解散決定の真相とメンバーのこれから(前編)

SMAP解散は香取慎吾のせいじゃない! ジャニーズがキムタクを守るために仕掛けた狡猾な情報操作

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
kimurakatori_160814.jpg
ジャニーズの徹底的な根回しによって、スケープゴートにされた香取


 本日未明に発表されたSMAP解散決定。今朝のスポーツ紙は、すべて一面でこのニュースを報じている。だが、その内容は解散の責任をもっぱら中居正広、香取慎吾、草なぎ剛、稲垣吾郎の4人におしつけるものばかりだ。

 当然だろう。ジャニーズ事務所が明らかにその方向で御用マスコミを誘導していたからだ。発表の前、ジャニーズ事務所が「14日午前1時解禁」を条件にスポーツ紙やテレビ局に撒いた文書にはこんな文言が書かれていた。

〈事務所一丸となってSMAPをサポートするべく各部署で様々な準備を進め、2月より8月10日まで半年以上の時間をかけて個々のメンバー並びに全員と面談を重ね、例年通りの音楽番組への出演、ファンへの感謝をこめたコンサートの開催、協議を進めてまいりました。しかしながら、議論を続ける中で「今の5人の状況ではグループ活動をすることは難しい」というメンバー数名からの要望を受け、7月の音楽特番を辞退させていただいた経緯がございました〉

 つまり、事務所は一丸となって存続に努力し、音楽特番やコンサート出演を準備していたが、「メンバー数名」のわがままでそれができなくなったと説明していたのである。

 この責任転嫁の姿勢は、本日発表されたメンバーのコメントからもうかがえた。SMAPの他のメンバーは全員、解散にいたってしまったことについて「ファンに申し訳ない」と謝罪していたが、唯一、ジャニーズ側に立っている木村拓哉だけはむしろ自分を正当化し、4人を批判するような内容のコメントを出したのだ。

「この度の『グループ解散』に関して、正直なところ本当に無念です。でも、25周年のライブもグループ活動も5人揃わなければ何も出来ないので、呑み込むしかないのが現状です。沢山の気持ちで支えて下さったファンの方々、スタッフの皆さんを無視して『解散』と言う本当に情け無い結果になってしまいました。今は言葉が上手く見つかりません」

 しかも、ジャニーズ事務所は、オフレコのブリーフィングではもっと露骨に木村以外の4人のせいだと決めつけていたという。

「事務所はジャニー(喜多川社長)さんがメンバー1人につき2回の面談をし、5人全員との面談も2回行って、デビュー25周年のコンサート開催を説得したが、中居、香取、草なぎからは同意を得られなかった、とくに香取が絶対に木村と一緒に仕事をしたくないと強硬だった、などと説明していました。ジャニーさんが『こんな年の僕が頼んでるんだから』と懇願していたのに、聞かなかった、と。解散についても、香取、草なぎ、稲垣の3人、とくに香取の意思が強かったとして、かなり悪し様に批判していました」(スポーツ紙ジャニーズ担当)

 実際、スポーツ紙の紙面を見ると、全紙、この情報に丸乗りしていた。たとえば、「スポーツニッポン」はジャニー社長の説得を拒否した4人をこう批判していた。

〈事務所トップの言葉に耳を貸さないのに、事務所には「残りたい」という態度に、メンバーの間に確執があることを理解していたスタッフも「わがままが過ぎる。さすがにひどい」と漏らすほどだった。〉

 さらに、これらのスポーツ紙が強調していたのが、SMAP存続の最大の障害が香取慎吾だったということだ。

〈特に、以前からI氏を人一倍慕っていた香取は、分裂騒動以降木村との溝が深く、解散希望の意思が固かったという。〉(日刊スポーツ)
〈「休むなら解散したい」と強く希望したのは香取。関係者は「元マネジャーの女性と一緒につくり上げられないSMAPは、もはやSMAPではないという思いに突き動かされたとしか考えられない」と推し量る。〉(スポニチ)
〈香取にとって、小学生のころから母親のように面倒を見てくれたIさんを木村が裏切ったように映ったのかもしれない。香取は、木村との会話を一切しない状況が続いたという。〉(サンケイスポーツ)

 ようするに、木村を拒否する香取のわがままがSMAP解散の決定打になったというストーリーだ。

 だが、こうした情報は本当なのだろうか。たしかに、香取は飯島三智マネージャーともっとも絆が深かったため、メンバーと飯島マネを裏切った木村への怒りが大きく、演出を担当するはずだった25周年コンサートについては、徹底的に拒否していた。

 しかし、内向的な香取は自分ひとりの脱退を言い出すことはあっても、グループの解散を言い出すようなキャラクターではない。実際、話し合いでも解散についてはむしろ「どうでもいい」という態度だったという。それがなぜ、解散という方向に突き進むことになったのか。香取に近いジャニーズ関係者がこう語る。

「そもそもジャニー社長が25周年のコンンサートを必死で説得していたというが、その時期は6〜7月頃。そんな時期に説得して、年内に大きな会場をおさえられるわけがない。とても本気で説得するつもりだったとは思えません。しかも、ジャニーさんはこの説得のとき、4人に『木村を中心にまとまってほしい』と言ったようなんです。これは4人、中でも、香取と草なぎにとって絶対に受け入れられないことだったんです」

 なぜか。スポーツ紙は香取や草なぎの木村拒否の姿勢を「一秒でも一緒に仕事したくない」という子どもっぽい感情のように解説しているが、そうではない。2人は木村そのものではなく、木村がSMAPを仕切る体制について非常に腹を立てていたのだという。

「そもそも、一連の騒動は木村が裏切って頓挫したわけです。その結果、飯島マネージャーは事務所を追われることになった。そして、4人も芸能界追放の危機にさえおちいっていた。普通なら、木村が4人に謝罪をするというのが普通で、彼らも残留を決意したときは木村がそういう行動を取ってくれるだろうと期待したようなんです。ところが、木村は一切謝罪せず、逆に、公開謝罪で不遜な態度を見せ、中居にとってかわってリーダー然と振る舞い始めた。それで、香取、草なぎが激怒し、一気に関係が険悪になっていったんです」(前出・香取に近いジャニーズ関係者)

 実は中居は、内心、腹を立てながらも、SMAP存続のために、4人に謝罪をするよう木村に働きかけていたという。「このままだと、SMAPが空中分解してしまうから、内々でいいから、謝ったほうがいい」と。ところが、木村はそれを拒否し、それどころか、ジャニーズ事務所は再び木村の仕切りをごり押ししてきた。これが解散の決定打になったというのだ。

『27時間テレビ』(フジテレビ)で中居がさんまのツッコミに「木村に聞いてくださいよ」と返したことが話題になったが、この中居の発言はまさに、SMAPは解散しないと言いながら崩壊をうながすような行動しかしない木村の姿勢のことを揶揄したものだったようだ。

「実際、ジャニーズ事務所はこの中居発言に真っ青になって、スポーツ紙に対して、『あの“木村に聞いてくれ”発言だけは活字にするな』と厳命してきたようです。それを書かれたら、木村がSMAP崩壊の根本原因であることがバレてしまうと恐れたんでしょう。ジャニーズはとにかく、今、木村のイメージを守るのに必死ですからね。他のメンバーのことは一切言わないのに、木村のことだけはものすごい調子で圧力をかけてくる」(スポーツ紙ジャニーズ担当)

 そして、解散が決定的になると、ジャニーズは木村のイメージを守るために、ある作戦に出た。それが前述した香取をスケープゴートに仕立てるという作戦だ。

「中居はいろんな番組をもっていて、大物芸能人の人脈があるから、へたに批判記事を書くと反撃を食らう可能性がある。そこで、芸能界にもほとんど友人がおらず、もっとも飯島マネージャーに近かった香取をスケープゴートにしたんです。香取が木村に対して感情的になってコンサートを拒否、解散が決まったというシナリオです」

 実際、香取のコンサート拒否は、解散報道の数週間前に記事なっていた。7月28日発売の「女性セブン」(小学館)が「聞こえてきた『香取の乱』の絶望的な話」なるタイトルで、11月から予定されていたといわれるSMAPの全国ツアーと新曲のレコーディングが、香取の拒否姿勢で一転、中止になったと書いたのだ。

「香取慎吾さん(39才)です。彼が“おれは絶対にやらない”と言って聞かなかったそうです。08年以降、SMAPのライブの演出は香取さんが手がけてきたので、彼なしでは成立してないのです」(音楽関係者のコメント『女性セブン』より)

 周知のように、「女性セブン」は女性週刊誌の中でもっともジャニーズに近い御用メディア。ジャニーズの許可なしにこんな記事をやることはありえない。

「今から思うと、すでにこの時点で活動休止か解散の発表が決まっていたんでしょう。それを想定して、キムタクに責任が向かないよう、香取のせいになるよう地ならしをするため『セブン』に情報をリークしたということでしょうね」(ジャニーズ事務所に詳しい芸能関係者)

 こうしてみると、今、スポーツ紙が書いているような、4人がコンサートを拒否したとか、香取のせいで解散になったという報道がいかに恣意的かがわかるだろう。

 むしろ、この間の経緯を見ていると、4人は事務所と木村によって、「解散」を口にせざるを得ない状況に追い込まれた印象さえ受ける。いや、これはただの印象論ではない。実際、4人は独立騒動から半年の間、ジャニーズ事務所内で再び独立を考えざるをえないくらいの“いじめ”にあっていた。その詳細については、後編でお届けしたい。
(時田章広)

最終更新:2016.08.15 01:00

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

SMAP解散は香取慎吾のせいじゃない! ジャニーズがキムタクを守るために仕掛けた狡猾な情報操作のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。SMAPジャニーズ時田章広の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 安倍政権・厚労政務官が外国人在留申請で口利き「100人で200万円」
2 『モーニングショー』で「暑さに耐えるのが教育」元高校野球監督は右派論客
3 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
4 玉川徹がGSOMIA破棄で加熱するテレビの嫌韓煽動を批判
5 「拝謁記」昭和天皇は「反省」していたか 改憲再軍備、沖縄切り捨ても
6 くりぃむ上田晋也が“政権批判NG”に敢然と反論
7 『なつぞら』が宮崎駿・高畑勲も闘った「東映動画・労使紛争」を矮小化
8 「あおり運転」警察の過剰捜査とワイドショーの異常報道
9 GSOMIA破棄!八代・有本ら安倍応援団は「嫌なら来るな」
10 久米宏が「テレビが反韓国キャンペーンをやってる」と真っ向批判
11 葵つかさが「松潤とは終わった」と
12 嫌韓批判で炎上も…石田純一はブレない
13 自衛隊スパイ事件、官邸が解禁の理由
14 古市憲寿の芥川賞候補作「参考文献問題」に選考委員が猛批判
15 山本太郎が安倍の対韓国強硬姿勢を「小学生並み」と批判した理由
16 ウーマン村本がよしもと社長からの圧力を激白!
17 安倍イラン訪問でNHK岩田明子記者がまた安倍フェイクPR
18 吉川晃司が「俺は現政権がでえっ嫌い」
19 池上彰が朝日叩きとネトウヨを大批判
20 陸上・朝原宣治がスポーツの政治利用に危機感
1 安倍首相と省庁幹部の面談記録が一切作成されなくなった!
2 くりぃむ上田晋也が“政権批判NG”に敢然と反論
3 金融庁報告書で厚労省年金局課長の驚愕無責任発言
4 産経新聞コラムが「引きこもりは自衛隊に入隊させて鍛え直せ」
5 安倍首相が「老後2000万円」追及に逆ギレ!
6 菅官房長官が望月衣塑子記者への“質問妨害”を復活
7 金融庁「年金下がるから資産運用」報告書で麻生太郎が開き直り!
8 F35捜索打ち切りと大量購入続行でNHKが「背景に政治性」と報道
9 金融庁炎上の裏で安倍政権が「年金」の“不都合な事実”を隠蔽!
10 防衛省イージス・アショア失態 、玉川徹が原因を喝破!
11 長谷川豊が部落差別発言「謝罪文は馬場幹事長が作った」
12 講談社「ViVi」の自民党広告は公選法違反か!
13 映画『主戦場』上映中止要求の右派論客に監督が徹底反論!
14 渡辺謙が語った『ゴジラ』出演と震災、原発、戦争
15 マンガ『スシローと不愉快な仲間たち』第1話
16 田崎史郎「65歳から年金もらってます」
17 川崎殺傷事件「不良品」発言こそ松本人志の本質だ!
18 香港市民はデモの力示したが、日本は…
19 松本人志が「不良品」発言問題で謝罪も説明もなし!
20 農水元次官子ども殺害正当化は、橋下徹、竹田恒泰、坂上忍も

カテゴリ別ランキング


人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄